ピクシブ百科事典

カップやきそば現象

かっぷやきそばげんしょう

カップやきそば現象とは、ネットスラングの一つである。
目次[非表示]

概要

漫画みなみけ』から発生したネットスラング


オリジナルの模倣品・代替品が、オリジナルとは別の魅力・需要を持ち、個性として確立してしまう現象。
コンセプトが同じなのに、作品の世界観や立ち位置によって別キャラ化する現象である。

作中での「焼きそば」を食べたいときと「カップ焼きそば」を食べたいときは違う。これらは既に別の食べものという話から。
ラーメンカップラーメンを例えに使わないのは、語感をより強める為だろう。

オリジナルと模造品が別物になるケース

「カップ焼きそば」は「焼きそば」の模造品だが、「焼きそば」と「カップ焼きそば」は年を重ねるごとに別の進化を遂げてゆき、それぞれが別の加工食品になっている。

似たような例は、特に食べ物関係(「カニ」と「カニカマ」、鳥肉と「がんもどき」、「バター」と「マーガリン」が今は別の食べ物)でよくあり、創作作品では、元々パクリ(もしくはオマージュ)だったのが、そのうち別の個性を獲得して全く別人と化す場合がそれに当たる。変身前と変身後が別のキャラとして人気を確立したケース、一時的に登場させたオマージュキャラがファンによって作られた二次設定で掘り下げられ、オリジナルをほったらかして有名になったケースを言う。

キャラクターの例

アルセーヌ・ルパンのライバルとしてモーリス・ルブランが創作したシャーロック・ホームズのパロディキャラハーロック・ショームズ(エルロック・ショルメと表記されることも)が、性格や設定、外見もホームズと差別化され別人に(しかし、日本語訳のルパンものではショームズはホームズと訳されてしまうことが多く、原作のホームズを知る人には違和感を感じさせる結果となっている)。
KOFのボスキャラ「ゲーニッツ」が一瞬女体化しただけの存在だった「ゲニ子」が、二次元でキャラ付けされてそれぞれ別のキャラに。
・ポケモン初代の主人公「レッド」のアニメ版キャラだった「サトシ」が別人に
・スパロボOGの「アクセル・アルマー」と「アホセル(記憶喪失時)」が別キャラとして広まる
・「ロックマン」の海外版だった「Megaman」が全くの別キャラとしてゲームに登場


ゲーム、スポーツの例

・「テイルズオブシリーズ」と同じスタッフが基礎を作った「スターオーシャン」がそれぞれ別方向に進化
・「モンスターハンター(携帯機)」のオンライン版だった「モンスターハンターフロンティア」が別物に
・「ゴルフ」の簡略版として作った「ゲートボール」「パークゴルフ」が全く違う層向けのゲームに
・「マージャン」の簡略版として作った「ドンジャラ」が違う種類のゲームになる
・「サッカー」と「フットサル」が全く別の進化を遂げる。

pixivにおいて

pixivでは、外見のよく似た別のキャラクターを並べて描いているイラストに付けられる。似たような外見・性格・設定を持つキャラを並べた場合や、元ネタとパクリ(オマージュ)キャラを並べることが多い。

・同じような見た目のキャラは世の中に数多くいるが、「それぞれの作品・世界観ごとに違った魅力がある」ため、「似て非なるもののたとえ」 他人の空似という意味合いでも用いられる。
・「似ている」と感じるかどうかは個人の判断によるが、意図的に外見を似せた場合はモドキキャラに当たる。稀に作者自身が意識していたと言う場合や元ネタであると公言する場合もなくはない(例・葛城ミサトのデザインの元ネタは月野うさぎ)。
・同じ作者・キャラクターデザイナーが関わっているもの(例:則巻アラレルッカ)は含まれない。

厳密には、ただ外見や性格が似ていたり、中の人が同じというだけではカップやきそば現象に当てはまらない点に注意を要する。

具体例

各リンク先を参照。

※元々は「現実」の延長線上の表現だったり、一つの作品の特徴(その作品にも影響元があるが)だったのに、一つのジャンルと化してしまったものが多い。

関連タグ

現象
中の人繋がり 外の人繋がり 中の人ネタ
そっくりさん 他人のそら似 似たもの同士 共通点 完全に一致
ドッペルゲンガー 時空を超えた三姉妹 テイルズ界の魂の双子
人違い パチモン レプリカ もどき プロジェクトの姿
だいたいあってる 概ねこんな感じ
クロスオーバー 夢の共演 コラボ コラボレーション
ジャンル 独立 細分化
混ぜるな危険
モドキキャラ

ペヤングだばぁ

関連リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「カップやきそば現象」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4776423

コメント