ピクシブ百科事典

アルセーヌ・ルパン

あるせーぬるぱん

モーリス・ルブランの小説。またはその主人公の名称。
目次[非表示]

作品

フランスの作家、モーリス・ルブランの推理・冒険小説。
また、それに登場する主役の怪盗紳士。犯罪者ではあるが、その才能とユーモアのセンス、また「強きをくじき弱きを助く」紳士的な態度から、多くの国で支持されている。
ルブランは彼を生み出した功績によりレジョン・ド・ヌール勲章を与えられている。

人物

父は平民の体育教師、母は貴族の娘。父はアメリカ合衆国で獄死し、母とも若い頃に死別している。大勢の部下と秘密の拠点複数を持つほか、新聞まで密かに所有している。作内では作者(ルブラン)とも面識があるという設定。

変装の達人であり、「自分自身でも本当の顔がわからない」とジョークで言うほど。とはいっても、魔法のように姿を変えるわけでなく、大半は卓越した演技力によるリアリティーの追求の賜物である。

スペイン貴族ルイス・ぺレンナ、ロシア貴族ポール・セルニーヌ(ちなみにこの2つの名前はアルセーヌ・ルパンのアナグラム)、ラウール・ド・リメジー、ジャン・デンヌリ、イギリス探偵ジム・バーネット、オラース・ベルスモンなど、多くの偽名を持っている。
身体能力にかけては超人的といっても過言ではなく、父親から伝授されたサバット(当時最新の護身術)の他柔道空手などの(当時は)マイナーな格闘技をはじめ、種々のスポーツに精通しており、当時は最新・最速の乗り物である自動車も乗りこなす。しかし、最大の強さは、卓越した判断力と不屈の精神力。

犯罪をする側ではなく解明する側の探偵役を務めることも多く(探偵事務所を開いていた事もある)、特に短編集『八点鐘』ではきわめて独創的なトリックを解き明かしている。

愛国者(今ではやや引くレベルのナショナリストで、ドイツは嫌いだし、イギリスもあまり好いていない。19世紀生まれの人物であるためそれは当たり前なのだが、第一次世界大戦後はさすがに弱まる)かつ、フェミニスト。過去に本気で愛した女性に対しては、アルセーヌ・ルパンの名を捨て、堅気として生きる道を選んでいる(少なくとも3人に対しては先立たれており、悲嘆にくれたあと、ルパンとして復活する)。

(ヨーロッパ人に対する)殺人を嫌い、部下にもその点は徹底させている(自分のせいで3人の人命を奪ってしまった『8・1・3』では自殺未遂を企てた)。従軍中はさすがに別だったがモーリタニアでムーア人を大勢殺している)。

この苦い経験は彼にとって一つのターニングポイントとなり、その後は怪盗としての彼よりも、窮地にいる人に手を差し伸べる「白馬の騎士」のような性格が強くなる。特に、陰謀に巻き込まれた恋人同士や女性を救う話が多くなる(『黄金三角』『三十棺桶島』『特捜班ビクトール』など。もちろん、悪党からいただくものはいただくのだが)。

ライバルはガニマール/ゲルシャール警部、エベール刑事、エルロック・ショルメス(ハーロック・ショームズ)、イジドール少年など。長年の仇敵はカリオストロ夫人。
※ショルメスは、最初はシャーロック・ホームズの名前をそのまま用いていたが、コナン・ドイルに怒られたのでこの名前にした(なお、ホームズも初期から先輩刑事達にダメ出ししている)。日本版だと「ホームズ」のままのことが多く、相棒の「ウィルソン」も「ワトソン」のままである。

代表作は『8・1・3』『黄金三角』『奇巖城』『虎の牙』『ルパンの告白』『カリオストロ伯爵夫人』など多数。

なお、ポプラ社版は子供向けに翻訳されている(訳者が敬虔なカトリック信者だった事もあり、義賊色が過剰)ので、原典に忠実な作品を楽しみたい人は偕成社版を読んだ方がいい。

外部リンク

怪盗ルパンの館
ルパンシリーズ、それ以外のルブランの作品、その他関連作品を紹介。

関連イラスト

怪盗紳士
【アバンチュリエ】4巻の表紙模写【森田崇】



関連タグ

海外小説 モーリス・ルブラン フランス
盗賊 怪盗 変装
推理小説 ミステリー 探偵
自動車 アール・ヌーヴォー 第一次世界大戦
サバット

アルセーヌ・ルパンをモデルとしたキャラクター

ルパン三世 ルパン一世(ルパン三世の祖父で、アルセーヌ・ルパン本人)
アンリエット・ミステール(ルパンが探偵業もしていた逸話も組み込まれている)
ドラパン
仮面ライダールパン
カブト虫ルパン
ルパンカメラー
アルセーヌ(ペルソナ)
ルーペロイド
Code:Realize(CV:前野智昭)攻略キャラの1人。
快盗戦隊ルパンレンジャー

pixivに投稿された作品 pixivで「アルセーヌ・ルパン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 237890

コメント