ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

怪盗キッド

かいとうきっど

青山剛昌作『まじっく快斗』(メイン)と『名探偵コナン』(サブ)の登場人物。
目次 [非表示]

よぉボウズ、知ってるか?怪盗はあざやかに獲物を盗み出す創造的な芸術家だが…探偵はその跡を見つけて難癖つける……ただの批評家にすぎねぇんだぜ?


CV:山口勝平


※当記事では2代目を中心に取り上げる。初代についてはこちらを参照


概要

変幻自在・神出鬼没の大怪盗であり、白いタキシードにシルクハットとマントといった紳士のような出で立ちで現われ、いかなる厳重な警備も堅牢な金庫も魔法のように突破し、悠然と夜空に翼を広げて消え失せる白き罪人

宝を盗む際には予告状を出し、警察や探偵の妨害を躱し華麗に宝を盗む様を「マジックショー」と称している。


盗んだ宝石類は152点。被害総額は387億2500万円。

初代怪盗キッドを父に、怪盗淑女(ファントム・レディ)を母に持つ、怪盗の血筋におけるサラブレッドである。


元々の呼び名は怪盗1412号(ICPOだかCIAだかがつけたシークレットナンバー)だが、とある若手小説家が新聞記者の殴り書いた1412『KID.』と読んだことで、その名が世間に定着したことに由来する。


人物

能力

白馬探曰く「僕の思考を狂わせた唯一の存在」。

いかなる事態にも臨機応変に対応する優れた洞察力とIQ400の頭脳を持つ(原作やビジュアルブックのプロフィールで公式設定として記載されている)。

変装時に相手の免許証ナンバーまで暗記し、重力と落下速度(落下時間)を瞬時に計算するなど、記憶力や計算力もかなり高い。外国人に変装した際は流暢な英語を喋っており、一瞬でパスワードを暗記してセキュリティを突破した。

謎をつくりだすことを得意としているからか、謎解きは探偵に丸投げしてサポート側に回る傾向にあるが、『ゴールデン・アイ』、『ダーク・ナイト』、『真夜中の烏』などでもわかるように優れた推理力の持ち主でもある。

ピッキング能力も自称ライバルの鈴木次郎吉に見込まれるほどの腕である。


変装

マジック、変声術(変声機無しで、無数の声色を操る)を使える。

外見だけでなく、相手の癖や動作、性格までも完全にコピーすることができる。たまに瀬戸瑞紀や土井塔克樹など新たな人格のオリジナルキャラクターの変装をすることもある。

男性に変装する場合は元の人物の衣服を奪うこともあるが、女性に対しては手荒な真似はせず、事前に服を用意している(男性と勘違いされた世良、ある思惑から自らの服の借用を承諾した園子は例外)


戦闘力

身体能力は非常に優れている(母親の黒羽千影譲りだと思われる)が、純粋な戦闘においては不利になり易く、「キッドの戦闘力はゼロです」と作者からも明言されている(探偵コナン怪盗キッドシークレットアーカイブス with『まじっく快斗』より)。

実際、名探偵コナン登場回では超人的な戦闘力の持ち主である毛利蘭世良真純京極真には苦戦している。同作劇場版では凶悪犯に狙撃された事もあり、さらにルパン一味黒の組織を相手にした事もある為、戦闘力の高い犯罪者相手だと一歩劣ってしまう。

過去に鉄刃とは良い勝負になるほど格闘していたこともあった(恐らくギャグ補正)が、肉弾戦で相手を圧倒するという描写は皆無である。

所持するアイテムにトランプ銃ハンググライダーがあるが主に牽制や逃亡手段であり、攻撃力を主としていない。


目的

父親を殺害した組織への仇討ちとその組織が狙う不老不死になれるというビックジュエル「パンドラ」の破壊である。当初は「怪盗キッドの復活」を喧伝し、父の仇との接触を目論んでの活動であり、実際に組織と接触した事でその目的も知る事となった。

金銭的な目的や美術品のコレクションと言ったものに興味はなく、パンドラであるかを確認後に盗品を返す事がほとんど。たまに義賊として活動し、正当な所有者の元へ届くように手配する。

なお、パンドラに関しては不老不死を目的としている為、作品を越えた存在と推測する読者も少なくはなかったが、作者曰く黒の組織とは別の組織らしい。


作中の社会的評価

警察からは敵視されながらも、そのクールなビジュアルかつ手品を得意とするキザな立ち振る舞いから、世間やマスコミからアイドルやヒーローの様に持てはやされており、人気・知名度ともに非常に高く、怪盗ながらもファンが多い。


正体

江古田高校に通う高校生、黒羽快斗

当初は報道の一面に飾られるのを自画自賛で有頂天になることもしばしばであったが、キッド専任の中森警部の娘の青子から非難されたことで内心反省し、危うく愉快犯に陥っていた事と改めて父の死の真相解明の目的を自覚する場面もあった。

また、僅かな期間ではあるが、盗一が死亡してから快斗が継ぐまでは寺井黄之助がキッドを務めていた事もある。


正体を知る人物は以下の7人。

  • 寺井黄之助
  • 黒羽千影
  • 白馬探
  • 小泉紅子
  • フィリップ王子
  • ルビィ・ジョーンズ/怪盗シャノワール
  • (故人)ジャック・コネリー/怪盗ナイトメア

同じ正体を明かせない主人公である江戸川コナンが暗黙の内に把握する協力者を増やしつつあるのに比べ、キッドの正体を知る人物は依然として少ない。

これは正式な協力者が寺井のみであること、キッドが犯罪者である為に正体の隠匿を徹底しなければならないこと、世間的に有名な工藤新一に対し黒羽快斗はあくまで無名の一般人であることなどが要因として考えられる。本人も寺井と千影以外からはキッドの正体を疑われても否定している(特に白馬と紅子)。

メタな観点からは、不定期連載となり物語のペースが遅くなっている事情も大きい。


『名探偵コナン』

コナンvs怪盗キッド』にて本編初登場。

当初は一度のみの出演予定だったが、人気を博したことでその後も度々登場しており、今となっては準レギュラー枠である。


マスコミからは「月下の奇術師」、「平成のアルセーヌ・ルパン」と呼ばれ、当人も怪盗は「創造的な芸術家」であるのに対しそれを追う探偵の事は「難癖をつけるただの批評家」にすぎないという挑発的な発言があった(元ネタはG・K・チェスタトンの「ブラウン神父の童心」に出てくるヴァランタン警部の台詞)。

黄昏の館に集まった名探偵たちからは

「狙った獲物は逃さない。その華麗な手口はまるでマジック……」

「星の数ほどの顔と声で警察を翻弄する天才的犯罪者……」

と評される。


ただしここ数年の登場回では調子に乗り易い性格が災いしてか、

  • 手厳しい反撃を喰らったり(『怪盗キッドの驚異空中歩行』/『怪盗キッドと四名画』/『キッドvs.四神探偵団』)
  • 変装した人物から最後に顔面に飛び蹴りを喰らったり(『怪盗キッドと赤面の人魚』)
  • 黒の組織に爆死寸前まで追い込まれ命からがら逃走(『漆黒の特急』)
  • ある人物秘密に気付いてしまい証拠隠滅に追い込まれる(『怪盗キッドの絡繰箱』)

など、本家でのコメディチックな部分が頻出してきたことで、初期の頃のクールでミステリアスなイメージは薄くなっている


劇場版

「主人公・コナンの正体を知っている」「素顔も声も瓜二つのため、服と髪型だけ変えて工藤新一のふりをして堂々と現場に現れる」という2点を前提(第10作のみ後者は例外)として、以下の作品に登場。


『紺青』では京極真と、『五稜星』では服部平次と対決(予定)。

同じく時を重ねるに連れコメディチックな面が増えているが、『業火』ではダークな印象で描かれており、ニューヨーク市警の厳格な正義漢のチャーリー警部に「目的のためなら手段を選ばないテロリスト」と断じられてしまっていたりと批判的な意見を持たれた(これは後に真実を知ったことで評価が変わった模様)。


毛利蘭への対応は、恩返しとして塩を送った当初(第3作)以降はコナンをからかう悪ノリがほとんどだったが、彼らが恋人になった後(第23作)ではさすがに控えている。同作のラストシーンで「オレはもっと良いブルーサファイアを持ってるから」と言わせる案もあったとのこと。

ちなみに蘭もキッドの変装に騙されることも多かったが、「新一が絶対にやらないようなこと」をされた(第14作)ことから別人であることを確信し、昨今ではほぼ序盤で偽物であることを見破るに至っている(第23作)。

ちなみにコナン側の登場人物で正体を知る者はいない


例外的にはクロスオーバー作品『ルパン三世VS名探偵コナンTHEMOVIE』にて、ルパンがキッドの正体を知っているような言動をしており、2020年公開予定だった『ルパン三世VS怪盗キッド』でルパン一味との対決があった場合、怪盗キッドの正体を知る者がさらに増えたと思われる。ついでに峰不二子がキッドのファンであることも示唆された。


余談

  • 『コナン』が始まるより以前、「<番外編>刃VS.快斗!」にて『YAIBA』の鉄刃と対決をしている。つまり怪盗キッドを通じて『コナン』と『YAIBA』の世界が同一ということになってしまうのだが、後に服部平次の剣道におけるライバルとして複数の『YAIBA』キャラが『コナン』の世界観に合わせて登場を果たしている。
  • 『コナン』のOVAでは3作品の主人公が一堂に会したが夢落ちということになっている。類似の対処として、互いに顔も名前も知らない工藤新一との実質的初対決である『ブラック・スター』でも紅子が魔法を使いかけるシーンがカットされている。同様の理由で基本的に『コナン』への回に彼女は登場しない。
  • 彼の特徴的な衣装は基本的には初期から変わっていない。が、最初期にはシルクハットのリボンにトーンが貼っていなかったり(新装版『まじっく快斗』一巻巻末コメントによるとお金が無かった為らしい)、袖口にボタンが付いていたりと(『クリスタル・マザーの巻』以降無くなった)若干の変遷が見られる。

関連イラスト

パンドラBrightness

K♣︎see you next illusion

業火の向日葵月下の奇術師


関連タグ

まじっく快斗 黒羽快斗 中森青子 中森銀三 白馬探 怪盗キッドの変装 トランプ銃

名探偵コナン 江戸川コナン 工藤新一 黒羽盗一 黒羽千影 ファントム・レディ 怪盗1412号


タキシード仮面:『美少女戦士セーラームーン』の登場人物。キッドをモチーフとするキャラクター。キッドを演じる山口勝平氏は、『セーラームーン』の実写ドラマでアルテミスを演じた。タキシード仮面の初代声優安室透と同じで、最近原作で共演した。


羽丘芽美/怪盗セイント・テール:『怪盗セイント・テール』の主人公。怪盗キッド(黒羽快斗)とは、「父親(羽丘源一郎/黒羽盗一)がマジシャン」「母親(羽丘映美/黒羽千影)が元怪盗」「恋人(飛鳥大貴/中森青子)が警察関係者の子供」などの共通点が多い。


表記揺れ

キッド 怪盗KID


他の記事言語

Phantom Thief Kid

関連記事

親記事

まじっく快斗 まじっくかいと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 80964970

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました