ピクシブ百科事典

妃英理

きさきえり

妃英理は『名探偵コナン』の登場人物である。
目次[非表示]

CV:高島雅羅

「蘭?あなたも幼馴染みと探偵には気をつけることね……ロクな目に遭わなくってよ!」

概要

弁護士。『名探偵コナン』のヒロイン・毛利蘭の母親で、毛利小五郎の別居中の妻。
初登場時は37歳だったが、本編で誕生日(10月10日)を迎えているので現在は38歳と思われる。なお、主人公の江戸川コナン工藤新一)以外で誕生日が設定されている唯一の人物。

名前の由来はエラリー・クィーンから。

人物

夫・小五郎と同じ帝丹高校出身で、工藤有希子とも同級生。愛車はミニクーパー。
猫好きで、現在は「ゴロ」という名のロシアンブルーを飼っている。

誰もが見惚れるほどの美女であるうえに極めて頭脳明晰で、民法や刑法を暗唱できるほど記憶力にも優れる。その頭脳は高校1年の時点東都大学(現実の東京大学に相当)の入学試験を満点通過し、ハーバード大学への留学を薦められるという超人レベル。考えをまとめる時は音楽を聴く癖がある。

特技は小五郎から教わったという一本背負い。また、編み物も得意。蘭の真面目でしっかり者な性格は彼女譲りである。

一方で、料理は極めて下手。原作では小五郎が「特徴的な味」「一風変わった味」などの曖昧な表現をしている。
劇場版『14番目の標的』においては、心をこめて作った料理を小五郎に「こんなもん作るくらいならさっさと寝てろ!」と酷評された(英理の体を気遣って言ったとも思われる)ことが怒りに火をつけ、その時の大喧嘩が別居の決定打になったと語られている。
ただし、結婚してから別居するまで8年間家事はそれなりにこなしていたようで、料理も全て完全に食べられない程最悪というわけでもなかったようだ(一人暮らしの現在も、仕事柄外食も多いだろうが、特に自炊に困っているような描写などはない)。それでも劇場版『瞳の中の暗殺者』では、コナンが幼少期の新一時代に食してトラウマとなったらしく、英理の作る料理の中でもシチューなど特定のメニューには小五郎と一緒に逃げ出そうとしたぐらいである。
なお、両親が料理下手な環境下で別居された後の幼かった蘭が、どうしてあそこまで料理上手になれたのか詳細は不明だが、一説には、英理の友人である有希子が料理上手だったので、英理に頼まれて毎日のように息子・新一と遊んでいた蘭に料理の仕方を色々教えたのではないかとも言われている。

弁護士として

個人事務所(妃法律事務所)を経営。10年前の法廷デビュー以来連勝記録を更新し続けている凄腕で、「法曹界の女王(クイーン)」の異名を取る。

凛とした態度と圧倒的な弁論術で関係者を恐れさせているが、その一方で「他人を信じ過ぎる」面があると指摘されている。実際、自身をライバル視する女弁護士に陥れられかけたり、親しい美容師にアリバイの証言者として利用されそうになったりしたことも。

アニメオリジナルストーリーでは、「検察のマドンナ」と評される敏腕検察官・九条玲子法廷対決を繰り広げている。現在までに3回戦い、いずれも勝利し無敗の記録を更新した。

ただし、被疑者に対していささか高圧的な感は否めず(高圧的に出るのは被疑者が悪辣だった場合が殆どなのだが)、敗訴した側から逆恨みを買う事もしばしば。最近ではそれが祟り、恨んだ被疑者同士が三人組になって復讐として彼らに拉致されるストーリーも描かれた。未遂に終わったものの、その復讐内容が、服を全部脱がして素っ裸にして彼らに謝罪させ、それを撮影してネットに拡散しようとするという少年誌としては危うい、というかド直球過ぎるものであった。犯人たちのリーダー格は追い詰められた際も、英理の全裸には執着し、謝罪させれないまでも裸の動画をネットに流そうとスタンガンを構えて英理の服を脱がそうとしたが、間一髪のところで小五郎が駆けつけ犯人は柔道で倒された(その際に「英理の裸を見てもいいのは、この世で唯一・・・俺だけだ」とカッコ良く決めつつも聞いてて恥ずかしくなるような台詞を小五郎が言っている)。

来歴・人間関係

米花町出身で、小五郎とは幼なじみであった。

美人かつ頭脳派ということもあってライバルも多く、小五郎に好意を寄せていた幼馴染みの雨城瑠璃(本名・土井垣瑠璃)から対抗意識を抱かれ、高校時代には有希子とミスコン対決を繰り広げた。
瑠璃とは現在でも同窓会で会っており、有希子とも本編で仲の良い様子を見せている。

大学生の時に小五郎と結婚し家庭を築くが、7年後に別居する。別居以前は、小五郎が出かける時にネクタイを直してあげるほど夫婦仲は円満だったようである。
現在は旧姓の「妃」を名乗っているが、小五郎とはあくまでも別居中の関係であり離婚したわけではないので、戸籍名は「毛利 英理」である(入院時の病室のネームプレートなどもこの表記)。

小五郎とはたまに会っても悪口を言い合い、意地を張って蘭を困らせている。結婚指輪を付けていることについては、「うっとうしい男を近づけないための虫よけ」と言っている。
しかし内心では想い合っており、小五郎から助けを求められることがあれば、仕事中であっても何とか助けようとする。OVAでは彼の身体を気遣う行動も見られたり、結婚記念日にはネクタイを贈ろうとしたり(未遂に終わったが)、最近では初デートの衣装を着て小五郎に会いにいこうとしたりしている。
小五郎が殺人容疑者にされ犯人だという結論が出た際は、普段の姿からは考えられないほど取り乱したこともあった。
つまりは、(いい歳こいて)超ド級ツンデレ。実にめんどくせえ夫婦である。

例)
小五郎から限界だと言われ、復縁を求められていたがイヤホンで音楽を聴いていたと勘違いされてしまう。
さらに素直じゃない性格が災いして、二人の仲は振り出しに戻る・・・・・・が、事実は音楽を聞いていたのではなく、夫の台詞を録音していたというオチ。
後日、弁護事務所でコーヒー片手に小五郎からの音声を聞き「こんなんじゃ許してあげないんだから」とにこやかに心の中で述べていた。


劇場版『瞳の中の暗殺者』において一人娘の蘭が記憶喪失になった際には、小五郎と共に彼女のケアを懸命に行うなど、家族を大事にしている部分も多く見られる。

コナン(新一)にとっては、幼少時に蘭共々厳しく叱られたこともあって苦手な存在であり、そのためか英理の顔を完全に忘れていた(その際の第一印象は「すげー美人」)。
一方で英理は、コナンの正体が新一であることこそ知らないものの、初対面時から普通の子供でないことは見抜いており、彼の推理力と知識量を高く評価している。事件に遭遇した際も、コナンと一緒に事件を推理したり情報を提供したりもする。
また、同じ顔のコナンと新一への対応も当然違っており、コナンは蘭にとって可愛い弟であるが、新一は蘭を泣かせる相手だと認識しているため、娘に相応しくないと常々思っている。
コナンと英理の間ではまだ良好な間柄であるが、新一とは長年会っていないことで関係性は薄いとされる模様。

服部平次遠山和葉とはOVA二作「16人の容疑者」以降会っている描写はないが回想シーンで蘭が平次の解決した事件の話をしているシーンはあり、お互いの存在認識はある。

劇場版『銀翼の奇術師』ではコナンがいつも通り小五郎に時計型麻酔銃を打とうとした所、誤って英理に命中してしまい、コナンに探偵役にさせられたことがある。

関連項目

名探偵コナン 毛利小五郎 毛利蘭 毛利家(名探偵コナン)
工藤有希子 栗山緑 九条玲子 ゴロ 青山カイト
コゴエリ
法廷の対決シリーズ

pixivに投稿された作品 pixivで「妃英理」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1155547

コメント