ピクシブ百科事典

眠りの小五郎

ねむりのこごろう

眠りの小五郎は『名探偵コナン』に登場する私立探偵・毛利小五郎に対する呼び名である。

概要

眠気とともに鋭い推理力を発揮し、瞬く間に事件を解決してしまう。
そんな小五郎の推理スタイルから、いつしか定着した彼の探偵としての称号である。

……本当のところは、通り名の由来は同作の主人公、江戸川コナンが推理した事件の謎を周囲に説明する際――

  1. コナンが腕時計型麻酔銃で小五郎を眠らせる
  2. そのまま蝶ネクタイ型変声機を使い小五郎の声で推理した謎を周囲に説明する
  3. それによって事件解決
  4. 事件解決後、小五郎起床。そして本人は何も覚えていないにも関わらず小五郎が事件を解決したことになり、こうして彼の名前が全国レベルに知れ渡ることとなっている。
…という、一種の腹話術のような手法のため。

この一連の流れが、何も知らない周囲の人物達にはあたかも小五郎が眠ったように座り込み、彼が名推理で事件を解決しているように見えたことから(この時の寝顔もなかなかに渋い)。なおこの状況はよくこの光景を見かける目暮警部高木刑事からは、『例のアレがきたか』などと表現されている。
小五郎は現在、この(突然の眠気&目を覚ますと事件が解決)現象についてはモノローグ内で「真のオレ」によるものだと解釈している。

眠りの小五郎のデビューは、腕時計型麻酔銃を使わずに灰皿を蹴って小五郎を気絶させていた。
その時は、コナンも毛利探偵事務所に転がり込んですぐの頃で、探偵アイテムも蝶ネクタイ型変声機しかなかったため、小五郎に探偵役をさせるための非常手段としてやむを得なかった背景がある。

この手法、必ず小五郎でおこなっているわけではなく、偶発的にだが別人でも敢行されているのは良く知られている話。
代表的なのはの親友である鈴木園子で、大体はコナンが麻酔銃で小五郎を狙ったはずが、針の発射直後に園子が射線上に闖入(もしく発射時に誰かに邪魔されて誤射して園子に命中)してしまい、やむを得ず園子で推理を開始するパターンだろう。
同様のパターンだと、地方に旅行に行った際に山村警部でこの現象が起きる。
また、銀翼の奇術師で、蘭の母親の妃英理もこの現象を起こした。(本当は小五郎に狙うつもりだったのだが、飛行機が揺れて標的がずれて、この現象が起きた。)
服部平次もこのトラブルに見舞われ、コナンは仕方なく拙い関西弁で平次役を演じるも、途中から目を覚ましていた平次によって自分が工藤新一だと見抜かれてしまった。

デビュー後、コナンも毎回物理的に気絶させるのは忍びないと阿笠博士から麻酔銃を開発してもらったわけだが、よくよく考えると一発で大の大人を眠らせるほどに強力な麻酔を700回前後打たれたにもかかわらず、元気に生きている。
この手の検証に詳しい『空想科学読本』シリーズでも、麻酔の濃度と量は明らかにヤバい処方量だと指摘しており、現実なら薬物中毒になっておかしくないとのこと。

そんなことされてよく生きてたな小五郎のおっちゃん……。

だが最近の原作エピソードでは世良真純安室透の登場や麻酔銃を使わなくても、新一=コナンである事が分かっている阿笠博士に口パクを頼む機会が増えた事で麻酔銃を使う機会が減ってきたため、眠りの小五郎を披露する機会が連載初期に比べて減りつつある。アニメ版においては度々挿入されるアニメオリジナルエピソードで現在もそこそこの頻度で披露されている。劇場版では『14番目の標的』、『絶海の探偵』、『から紅の恋歌』の3作でのみ披露されている。

関連項目

名探偵コナン 毛利小五郎 江戸川コナン 蝶ネクタイ型変声機 腕時計型麻酔銃

pixivに投稿された作品 pixivで「眠りの小五郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27657

コメント