ピクシブ百科事典

腕時計型麻酔銃

うでどけいがたますいじゅう

腕時計型麻酔銃は『名探偵コナン』に登場する発明家・阿笠博士の発明品である。

概要

腕時計型麻酔銃は、江戸川コナンが推理するときに毎回使用される最も重要なアイテム。
主な役目は、毛利小五郎に対して麻酔針を発射して眠らせることであるが、鈴木園子山村ミサオなど小五郎以外のキャラクターにも使用されることがある。

また、犯人を眠らせたりなど様々な場面で重宝されるとても便利なアイテム。
しかし、麻酔針は一本しか挿入出来ないためもし犯人に外した場合はピンチになる事もある。
蘭に使用する場面を見られた際は、「銀玉を発射する玩具」と誤魔化した。

麻酔性はかなり高く、コナン曰くゾウでも30分は眠るくらい。ただ、勿論眠ってる時間にも個人差があり、服の上からなど刺さりが甘いと効果が出るのに時間がかかる事もある。基本的に首筋を狙うが、手足や尻でも同等の作用が生じている。
ちなみにルパン三世VS名探偵コナンTHEMOVIEで共演した銭形警部に誤射したときは放送時間にして30秒しか効かなかった。勿論コナンは大驚愕である。

作中で言及されていないが、照準の性能に小型ながら針の推進力や発射の静音機能など、相当な技術力の結集である。
麻酔銃以外にも懐中電灯並のライト機能や防水加工、ブラックライトの切り替え機能が追加されているほか、劇場版第17作『絶海の探偵』限定だがUSB端子と衛星電話機能まで追加されている。
ちなみにライト機能のみ備えた同じ腕時計を探偵団メンバーも持っている。ライト機能はバッテリーの消費が激しく連続30分ほどしか使えない。

関連項目

名探偵コナン 江戸川コナン 毛利小五郎 眠りの小五郎
阿笠博士の発明品 少年探偵団

遊戯王DM…乃亜編で大門小五郎という人物が同名のアニメオリジナルカードを使用した。

pixivに投稿された作品 pixivで「腕時計型麻酔銃」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37183

コメント