ピクシブ百科事典

目次[非表示]

テレビスペシャルのタイトル。
テレビスペシャルについては、ルパンVSコナンを参照。
続編の映画については、ルパン三世VS名探偵コナンTHEMOVIEを参照。
ここではシリーズ全体について記述する。

世界観

名探偵コナン』はシャーロック・ホームズが創作物として存在する世界なのに対し、
ルパン三世』は主人公がアルセーヌ・ルパンの孫で、作品によってはシャーロック・ホームズの子孫などが登場していたりするため一見共演が難しそうな世界観となっている。
ただし、『ルパン三世』は1作ごとに世界観の設定が微妙に変化しているため、『コナン』に近い世界観の物語ととることもできる。

テレビスペシャルまでの共演

最初の公式的な共演となるテレビスペシャル(2009年)以前に、ルパンとコナンは、何度か競演している。
ルパン三世 炎の記憶』(1998年)と『ルパン三世 GREEN vs RED』(2008年)には、コナンと蘭がモブとして登場(『炎の記憶』では小五郎らしき人物も登場)。
名探偵コナン 紺碧の棺』(2007年)には、ルパン一味の覆面をかぶった強盗が登場。その際、佐藤刑事の初恋の相手がルパンということが明かされ、この設定は『ルパン三世VS名探偵コナンTHEMOVIE』で活かされることとなる。

共通する人物の扱い

「推理もの」という共通点を持ち、『コナン』に関連する『まじっく快斗』や『YAIBA』などを含めると「怪盗」「剣術」などの共通点もあるため、同一人物(歴史上の人物など)を何人か出している。
ただし、同じ人物が『ルパン三世』作品内で扱いが異なるケースもあるため、これは決して『コナン』側の矛盾を指摘するものではない(あくまで、『ルパン』と『コナン』を合わせた二次創作を作るときなどに参考になればとリスト化しておく)。

共通する人物『ルパン』での扱い『コナン』での扱い
シャーロック・ホームズルパン三世の敵として三代目が何人か登場。また『ルパン8世』では主人公の師匠として八代目が登場。アニメ『part6』でも重要人物として登場。江戸川コナンこと工藤新一が一番好きな探偵小説の主人公という扱い。そのため、創作上の人物
沖田総司ルパンや五ェ門の敵として三代目が登場。平次のライバルとして六代目が登場。元々は『YAIBA』のキャラクター。
石川五右衛門十三代目石川五ェ門の祖先子孫。アニメで初代石川五右衛門が十三代目石川五ェ門に憑依して登場。『YAIBA』で初代石川五右衛門が熊に憑依して登場。
ラスプーチンロシアより愛をこめて』に孫としてラスプートンが登場。世紀末の魔術師』に子孫として浦思青蘭が登場。
酒の名前の敵白乾児(パイカル)やラオチュウが登場。黒の組織としてジンウォッカが登場。

さらなる続編の可能性

テレビスペシャル『ルパン三世VS名探偵コナン』、続編の映画『ルパン三世VS名探偵コナンTHEMOVIE』と制作されたが、映画のラストに「2020年『ルパン三世VS怪盗キッド』」との予告がされた。

単なる嘘予告の可能性も高いが、嘘のような予告を実現してきた2大怪盗の予告のため、嘘ではなく実現すると信じている(信じたい)ファンも多い。

実際、上記のラスプーチンの共通点は、『コナン』というよりも『まじっく快斗』関連の共通点といえ、五右衛門などと関連する『YAIBA』も、『コナン』よりは『まじっく快斗』との関わりの方が深い作品ではある。

もし実現すれば、「ルパンVSキッドVSコナン」「次元VS赤井VS安室」「五右衛門VS鉄刃VS平次」なんていう夢の三つ巴も実現するのかもしれない。

が、実際は…
2020年は新型コロナの影響で、『コナン』は毎年恒例だった映画すら公開を延期、『ルパン』も定期的にスピンオフ作品やテレビアニメが作られていたがその年は制作されていない…といった具合に、アニメを作るのが難しい状況下にあったこともあり、『ルパンVSキッド』は(2020年には)実現しなかった。2022年現在もこれといった続報はない

とはいえ、ルパン側、コナン側共に、シリーズを経て新たに多数の魅力的なキャラクターが追加されていることもあり、いつの日か、その予告が果たされる日が来てほしいと願ってやまない人は少なくない。

関連タグ

次元パパ
USJ・・・2019年のユニバーサルクールジャパンにて、二つの作品のアトラクションが登場

関連記事

親記事

公式コラボ こうしきこらぼ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ルパン三世VS名探偵コナン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ルパン三世VS名探偵コナン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 355219

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました