ピクシブ百科事典

戦慄の楽譜

せんりつのふるすこあ

『名探偵コナン 戦慄の楽譜』は劇場版名探偵コナンの第12作目。2008年4月19日公開。
目次[非表示]

「この歌声を、消させはしない。」「この指が奏でるのは、真実を導く旋律(しらべ)…」

概要

『名探偵コナン 戦慄の楽譜』は2008年4月19日に公開された劇場版名探偵コナンシリーズ12作目の作品である。読売テレビ開局50周年・小学館週刊少年サンデー創刊通算50年記念作品。
上映時間は現在までのところ、劇場版シリーズ最長の115分。
監督:山本泰一郎
脚本:古内一成
主題歌:ZARD「翼を広げて」

「音楽」をテーマにした作品で、「アメージング・グレイス」等、世界的な名曲の数々に奏でられながら、クラシック界を舞台にストーリーが進行していく。それに合わせ「絶対音感」という能力が作品に深く関わっている。

また本作ではコナンと共にゲストキャラクターである秋庭怜子がメインで活躍するため、コナン以外のレギュラーキャラクターの活躍は抑えられている。新一と蘭の過去のエピソードも織り込まれており、中学生時代に起きた2人の喧嘩が描かれている。

本作から著名人がゲスト声優として出演するようになり、本作では山里亮太坂下千里子西尾由佳理が出演。ただし出番は少なく、容疑者役など重要キャラクターで登場するのは次回作『漆黒の追跡者』からである。

ストーリー

高名な元ピアニストの堂本一揮が創設した堂本音楽アカデミー。ここで、堂本一揮の門下生3名が死傷する爆破事件が起こった。被害者の一人のバイオリニストの河辺奏子は、近日行われる堂本音楽ホールの完成記念公演に出演する予定だったが、爆破事件で重傷を負ってしまい出演不可能となる。完成記念公演は山根紫音を代役として開くことになった。

事件の翌日、パソコンで爆破事件の記事を読みながら不敵な笑みを浮かべる犯人。「すべては、静かなる夜のために」。

園子のコネで、堂本音楽ホールの完成記念公演に招待されたコナンたち。しかし、そのリハーサルで出会った天才ソプラノ歌手・秋庭怜子が何者かに狙われてしまう。飲み物への薬物混入・ダンプカーでの襲撃・エアライフルでの狙撃と、手段を選ばず秋庭を狙う凶悪な犯人。一方で、堂本一揮の門下生がさらに2人殺害されてしまう。

公演当日、コナンと怜子はホールの外を歩いている途中、何者かに襲われてしまう。さらに、公演開始後に堂本音楽ホールで次々と爆発が起こり、ホールの周囲は火の海に。ホール内では、完全防音のため爆発に気づく者はおらず、公演が続けられていた。意識を取り戻し、大急ぎでホールに向かうコナンと怜子。果たしてコナンは、犯人の正体を暴き、蘭たちを助けることができるのか。

ゲストキャラクター

名前声優職業
秋庭怜子桑島法子ソプラノ歌手
堂本一輝田中信夫オルガ二スト
堂本弦也目黒光祐ピアニスト
譜和匠依田英助堂本ホール館長
千草らら水谷優子ソプラノ歌手
山根紫音金月真美バイオリニスト
ハンス・ミュラーフランシス・ポルパイプオルガン調律師


関連項目

名探偵コナン 江戸川コナン 秋庭怜子 絶対音感 劇場版名探偵コナン

関連記事

親記事

劇場版名探偵コナン げきじょうばんめいたんていこなん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「戦慄の楽譜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30066

コメント