ピクシブ百科事典

江戸川コナン

えどがわこなん

江戸川コナンは『名探偵コナン』の主人公である
目次[非表示]

「江戸川コナン…探偵さ…」
真実はいつもひとつ

プロフィール

<
本名工藤新一
在籍帝丹小学校1年B組
居住地毛利探偵事務所(居候)
体重18kg(『図書館殺人事件』時点)
家族(設定)母(文代)
CV高山みなみ


概要

本作の主人公。少年探偵団のリーダー格。
天才的な頭脳の持ち主である名探偵で、幾多の難事件を持前の頭脳で解決してきた。

正体は高校生探偵・工藤新一黒の組織の取引現場を目撃してしまったために、組織が開発した謎の薬の作用で身体が縮んでしまった。
隣人の阿笠博士の助言で、周囲の人物に危害が及ばないよう正体を隠し、「江戸川コナン」と名乗って小学1年生としての生活を送っている。

「江戸川」は推理作家の江戸川乱歩から、「コナン」はシャーロック・ホームズの生みの親であるコナン・ドイルから引用。
小さくなってしまった直後の新一が自宅に戻った際、心配してやってきたに見つかり名前を聞かれ、背後にあった本棚の本の著者名を見て咄嗟に答えた名前である。

人物

容姿

服装は赤い蝶ネクタイと青いジャケット半ズボンが中心(小さくなってから自宅に帰って最初に見つけた子供の頃の服だった)だが、現在は普通な服装も増えてきている。
原作者・青山剛昌氏曰く「だっていつもあの格好じゃ寒そうだし」。

眼鏡は、コナンが咄嗟に子供の頃に見た『スーパーマン』を思い出し、正体を隠すためにかけたのが始まり(後にに貸した際「クラーク・ケントもびっくりの優れ物」と言っている)。
最初にかけたのは父・優作の眼鏡のレンズを外したもので、現在かけているのは阿笠発明の犯人追跡メガネ。度は入っていない。
バレないように寝る時も着用したままだが、周囲からは「新一に似ている」と思われている。

性格

基本的に猫を被って無邪気な少年を演じているが、事件が発生すると新一としてのクールな素顔を見せるようになる。
状況によっては悪童エロガキを演じる事も多い。
一人称は、自身の正体を知らない者の前では「ボク」、知る者や探偵団の面々の前では「オレ」。口癖はバーローあれれ~?おっかしいぞォ~?」「ボクちょっとトイレ!」。

探偵として

見た目は小学生であるため、発言力がなく不自然でもあることから、腕時計型麻酔銃で周囲の人物(小五郎など)を眠らせて陰に潜み、蝶ネクタイ型変声機でその人物の声を出しながら推理を披露している。新一の声を使い電話を通して解決することもしばしば。
事件序盤や麻酔銃が使えない状況などでは、色々苦労しながら周囲にヒントを出している。

極めて強い精神力を持ち、殺傷能力が高い武器(拳銃など)を持った敵を前にしても怖気づかずに対抗できる。同時に後先考えずに無謀な行動に出てしまうこともあり、それが原因で犯人の逆襲を受けて窮地に陥ることも少なくない。

信条

  • 「犯人を絶対に自殺させない」

元々持っていた信条ではなく、浅井成実の影響によるもの。

  • 「真実は一つしかないのだから、推理に勝敗・優劣・上下関係は存在しない」
こちらは平次が相手となると、意図的に自分から破ることがある(何だかんだで平次のことはライバルと思っている模様)。

能力

推理力

父・優作譲りの才能を持ち、世界中の推理小説に囲まれて育っただけに、その洞察力は凄まじい。ほぼ直感で犯人の目星を付けることもあり、演技力に長けた怪盗キッドベルモットの変装でさえ、わずかな違和感だけで見抜いてしまう。

また、その知識は雑学王と呼ぶに値するほど豊富。推理小説にも登場する警察の専門用語や医学知識はもちろんのこと、見ただけでカラスの種類と特徴を言い当てられる他、マツタケやアサリの採り方や釣りの仕方、情報技術、自然現象、歴史、心理学など、分野を問わず様々なことに詳しい。その豊富な知識が推理の助けにもなっている。

推理力や知識量で言えば、小学生はおろか17歳の高校生とも思えないほどの天才であり、もはや「頭脳は大人」のレベルを超えていると言えよう。だが、その能力をもってしても父・優作には到底敵わない模様。
また、心理的な推理の面には年相応に限界があり、犯人の心情を察しきれない場合がある。故に、まがりなりにも倍以上の人生経験を積んでいる小五郎に敵わなかったこともある。

身体能力

新一時代と同じくサッカーが得意で、ボールのコントロールは自由自在。阿笠の発明品の一つ・キック力増強シューズで体力不足を補い、犯人の撃退や脱出口の確保などを行っている。

また身体が小さくなった分、身軽さも相当なもので、犯人を追ったり攻撃をかわしたりする際に大いに発揮されている。平次曰く「牛若丸みたいな奴」。

劇場版では身体能力に更なる補正がかかり、色々と超人じみた活躍を見せている。特にターボエンジン付きスケートボードに乗ってのバランス感覚溢れる動きは、現実では到底再現し切れないほど。

その他特技

  • 演技

小学生としての無邪気な演技もさることながら、何より注目すべきは変声機を使った他人の演技。小五郎の他、阿笠の老人口調、生粋なお嬢様にもかかわらず、女性語をあまり使わない園子に対してもそれを躊躇いなく自然に演じている。また『名家連続変死事件』や『黒の組織との接触』においては、初対面あるいは映像でしか見たことがない相手を演じるという離れ業も披露した。哀曰くこの演技力は「母親からの遺伝」。
ちなみにコナンを演じる高山氏によれば、ぶりっ子モードのコナンを象徴するあれれ~?の台詞のコツは「小さな『っ』を入れないこと」(「あっれれ~?」ではない)らしい。

  • 絶対音感
周囲から散々イジられるほどの音痴だが、携帯のプッシュ音からメールアドレスを導き出したり、ピアノの調律のわずかなズレに気づいたりできるほど正確な音感を持つ。
また劇場版『戦慄の楽譜』の描写によれば、聴いた音を正確に発音することは可能であるらしい。
  • 父・優作直伝の技術
劇場版で度々披露する「ハワイで親父に教わった」技術の数々。拳銃はともかくヘリコプターやモーターボート、飛行機など、単に「教わった」という説明だけでは納得できないほどのものを自由自在に使いこなしている。

弱点

  • 毛利蘭

彼女が危機に晒されたり、彼女と距離が近い男性(新出智明など)が現れたりすると冷静さを欠いてしまいがちで、推理に支障が出ることもある。

  • 音痴
前述の通り。音楽自体に苦手意識があるのか、#や♭、イ長調といった基本的な用語を知らない面もある。
  • 隠し事が下手
犯人を罠に嵌めるのは得意だが、仲間への嘘はどうにも苦手らしい。また、自己顕示欲と詮索癖が相まって、デリカシーに時折欠いて暴露してしまう。
  • 自身が犯した罪への対処能力
上記の隠し事の下手さや行動力の高さで他人の恥部を晒しものにしたり、非が全くない善人を凶悪犯と早合点して怪我を負わせてしまった際には、「じゃ、そういう事で」と誤魔化して逃げようとしたり、パニックを起こして硬直したりしている。
  • レーズン
干し葡萄。いわゆる苦手な食べ物。唯一苦手意識が高く、冷や汗をダラダラと垂らすレベルである。原作者と同じく苦手なものだが(小学舘連載されていた『特別編』書き下ろし番外編より)本編ではこの描写は見られない。
  • 好奇心旺盛の異常な強さ
良くも悪くも、他人の揉め事・トラブルなどに首を何でも突っ込みたがる性格で、そのことでとんでもない事故事件にすぐ巻き込まれた回数は枚挙に暇がない。「黒の組織」の薬で幼児化されたのも偏にその性格ゆえでもある。
その一件で少しは懲りたのか……と思いきや、喉元過ぎれば熱さを忘れるが如く、彼の好奇心の強さは日増しにエスカレイトしていく始末。
あの伝説なガンマン次元大介「好奇心旺盛もほどほどにしなきゃ火傷どころじゃ済まなくなるぜ!と警告したが、彼は意に全く介さない。
馬鹿は死ななきゃ治らない……と一般的によく言われているが、彼のその性格はどうやら死んでも全く治りそうにもない……といったところだろう。

人気投票

10周年記念人気投票で1位を獲得し、怪盗キッドや哀らを大きく引き離した。15周年の800回記念人気投票でも見事に1位に輝いた。
多くの番組やネット・雑誌企画などの人気投票でも1位~3位以内に輝いており、主人公として抜群な人気と知名度を誇るキャラクターである。

コナンの正体を知っている人物

<
名前正体を知った理由
阿笠博士幼児化直後に途方に暮れていたコナンから直接知らされた。事が重大でコナンに正体を極力隠す進言をする
工藤優作親であるため、阿笠が事情を説明した
工藤有希子優作と同様で阿笠から聞いた
服部平次事件の捜査を通して同一人物と確信し、コナンに問い質した(正体を自力で見抜いたのは彼が初めて)。コナンも隠し通すのは不可能と判断し事情を明かした
灰原哀(宮野志保/シェリー)工藤宅を調べた際に子供時代の服がなくなっていたことと、自身が同じ状況に陥ったことにより半ば見抜き、組織脱走後保護してくれた阿笠から詳細を聞いた
赤井秀一沖矢昴新一として電話する際に声を変えたのを聞かれた。コナンにはその旨伝えていないが、コナンは薄々感ずいている
世良真純メアリー世良領域外の妹詳しくは不明だが、コナンの正体をほぼ見抜いているらしい。コナンにはそれを確認していないが、コナンは知られているのではないのかと疑っている
怪盗キッド(黒羽快斗)劇場版ではコナンと阿笠の電話を盗聴したため。原作では新一時代の対決後、個人的に調べたためとされている
ベルモット(シャロン/クリス・ヴィンヤード)自身の調査で判明。現時点での存命中の敵キャラでコナンの正体を知るのは彼女のみで、色々な思惑から組織に報告していない
本堂瑛祐蘭に告白されるのを阻止しようと、コナンが自ら明かした。ただし正体には薄々感づいていた(コナンが幼児化したいきさつや黒の組織の存在は聞かされていない)。正体を聞いた直後に渡米してコナンの前から去っていった
宮野明美本人が明かした後に死去
アイリッシュ独自の調査で知るが、組織に始末される
ルパンファミリー(番外)最初は初対面のコナンの能力を見て何者なのか注目していたが、いつの間にか独自の情報収集で概ねの事情を知った(同じ裏社会で暗躍する謎の秘密結社・「黒の組織」の存在も知っていたようである)


正体を自力で見破ったのは、服部平次・灰原哀・怪盗キッド・ベルモット・沖矢昴・アイリッシュの6人と、ルパン一味(直接調査して知ったのはルパン三世峰不二子で、次元大介と石川五ェ門はルパンと不二子から聞いて知った)。
上記の者たち以外にも、コナンの推理力や小学生離れした振る舞いから少なくとも「タダな子供ではない」と思っている人物は複数いる。

阿笠博士の発明品


クロスオーバー

上記のとおり、「ルパン三世vs名探偵コナン」で怪盗vs名探偵のクロスオーバーを果たしている。

また、あまたの他作品とコラボ・クロスオーバーを果たしているcygamesのソーシャルゲーム「グランブルーファンタジー」においても、2018年4月初頭に「名探偵コナン〜謀略の歯車〜」というイベントでクロスオーバーが行われた。
阿笠博士と灰原が開発中のVRゲームのテストプレイ中、落雷により、一緒にプレイしていた蘭、小五郎、安室ともどもグラブルの空の世界に迷い込み、主人公の騎空&グラブル世界の探偵(で、主人公の団のメンバーでもある)バロワとその助手サーヤとともに、当初研究所でプレイ中だった探偵ゲームに酷似した謎の洋館で、事件に巻き込まれるのだが…。
このイベントで、コナンや安室もプレイアブルキャラとして仲間に入れることができる。
レアリティはコナンはSSR、安室はSR。

関連項目

名探偵コナン 工藤新一 少年探偵団 黒の組織 帝丹小学校

pixivに投稿された作品 pixivで「江戸川コナン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86405991

コメント