ピクシブ百科事典

エドガー・アラン・ポー

えどがーあらんぽー

アメリカの詩人・小説家・評論家。推理小説の父。
目次[非表示]

人物

Edgar Allan Poe (1809-1849)
 音楽性の高い幻想的・耽美的な、詩の目標を美的効果においた独自の詩論、詩と論理を美事に融合させた短編小説などにより、ボードレールらフランス象徴主義をはじめとする後代の文学界に多大な影響を与えたアメリカ詩人小説家・批評家。また、推理小説の開拓者でもあり、『推理小説の父』とも云われている。

主な作品

 物語詩『大鴉』は最も有名な英詩の一つ。その豊かな音楽性、催眠的なまでの韻律、暗示に満ちた物語はまたとない。また、その製作過程は、詩は意識的論理的に創るべしとする自らの詩論の実践例として、『構成の哲学』の中で解説されている。他に、『アル・アラーフ』『ヘレンへ』『海中の都市』『ユーラリー』『アナベル・リー』『』、宇宙論・散文詩『ユリイカ』など。
 小説ではゴシック・ロマンに属する作品が多く、ゴシック・ロマンの集大成と言える『アッシャー家の崩壊』、ドッペルゲンガーものの名作『ウィリアム・ウィルソン』、色彩と象徴の乱舞する『赤き死の仮面』など。
 また、『モルグ街の殺人』は世界初の推理小説であり、安楽椅子探偵の『マリー・ロジェの謎』、「盲点原理」を提示した『盗まれた手紙』の三作によって、不可解な謎を理性によって解明する文学ジャンル「推理小説」が確立された。この三作に登場するオーギュスト・デュパンは、その後の天才的な名探偵たちの原型となっている。広義の推理小説には、暗号小説『黄金虫』や『「お前が犯人だ」』も挙げることができ、この五作には推理小説の要素がほぼ全て揃っているとも言われる。
 更に、唯一の長編である海洋冒険もの『アーサー・ゴードン・ピムの物語』、「探偵小説のレントゲン写真」『群集の人』、SFの先駆とも言われる『メエルシュトレエムに呑まれて』、「天邪鬼」心理を突き詰めた『告げ口心臓』、恐怖の極致を描いた『早すぎた埋葬』、美的ユートピアもの『アルンハイムの地所』などの他、パロディ・ファース作品も多い。

余談

pixivに投稿された作品 pixivで「エドガー・アラン・ポー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20154

コメント