ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
伊藤計劃(いとうけいかく)は、日本のSF作家(1974~2009)。

非モテの星から来た男が愛と勇気を教えてくれる - 伊藤計劃公式ブログ『第弐位相』プロフィール欄より


経歴

1974年10月14日生まれ、東京都出身。

武蔵野美術大学美術学部映像科卒。

本名:伊藤聡。


2007年、ハヤカワSFシリーズJコレクションより処女長編『虐殺器官』でデビュー。

2008年、『METAL GEAR SOLID GUNS OF THE PATRIOTS』と『ハーモニー』を発表。

第4長編『屍者の帝国』の執筆に取りかかるも、持病の肺が悪化し、未完のまま2009年3月20日に34歳の若さで死去。

『屍者の帝国』はその後、同じく2007年にデビューし親交があった作家・円城塔氏に引き継がれ、2012年8月に出版された。


僅か2年の活動ながら、その圧倒的な世界観は世界中のSFファンを虜にし、没後久しい今なおファンが多い。


人物

PCゲーム時代からの古参のファンで、その熱狂ぶりは自身をして『MGSフリークス』『小島原理主義者』と呼ばしめるほどであった。小島本人もファンとしての伊藤を初期から認識し、後に伊藤が作家デビューしてから、MGS4のノベライズを直接依頼するほどの仲であった。

2001年病床の彼を励ますべく小島は社外秘であった開発途中の『メタルギアソリッド2』のカットシーンを持参した。伊藤は映像を見終わった後「ゲームが完成するまで死にません」と言った。

2009年の再入院の際に見舞いに行った小島はベッドに伏せる彼と映画や小説の話をしたが、虚ろな表情のままほとんど返事もない状態であったが、構想中だったMGSPWの話をすると伊藤は笑顔を取り戻し、「完成するまで頑張ります」と答えたが果たされることはなかった。

翌年4月に発売された『メタルギアソリッド ピースウォーカー』には、エンディングで「この『PEACE WALKER』を伊藤計劃氏に捧ぐ」とのメッセージが収録されている。

  • 映画マニア

その熱心さはつとに有名であり、個人サイト『スプークテール』やブログ『第弐位相』で多くの映画評論を発表していた。リドリー・スコットやデヴィッド・フィンチャー、押井守黒沢清など、優れた映像表現を得意とする「映像派」の監督の作品を好んでいたようである。後に手がけた小説の中でも、映画に関する該博な知識が遺憾なく発揮されている。

  • SFファン

特にサイバーパンク作品を好んでおり、お気に入りの作家はサイバーパンク・ムーブメントの火付け役になったブルース・スターリングだった。氏自身は、SFのことを「社会とテクノロジーのダイナミクスを扱う唯一の小説ジャンル」と認識していたようである。

  • ボードゲーマー

虚淵玄らとボードゲームサークル「戦慄のマッド集団」を作り、『第弐位相』でも海外産ボードゲームのプレイリポートを執筆していた。

→その一つ『バルバロッサ』のプレイリポートを含めた記事


作風

生前に発表された作品はほぼ全て一人称で語られており、その作品そのものが「作品を読んでいる読者への呼びかけ」や「誰かに読まれることを前提にしたテキスト」という体裁を取るという、ある種のメタフィクション的な構造を持つ。

小島秀夫の諸作品や国内外の映画に強い影響を受けた、視覚的描写に富んだエンターテインメント性の高いストーリーが特徴。また、膨大な知識量に支えられた綿密な世界観、『MGS』シリーズやサイバーパンク作品に影響を受けたSF的ガジェットの導入、自我や意識に関する考察など、SFとしても優れた完成度を誇る。

文体も独特であり、「?」の代わりに三点リーダを用いたり、ルビの多用による文章装飾が目立つ。これには、氏が好んで読んでいたウィリアム・ギブスン作品の翻訳者として有名な故・黒丸尚の影響が大きいと思われる。


作品一覧

長編

(2007年、早川書房より出版。『SFが読みたい!2008年度版』第1位、週刊プレイボーイミステリー大賞第1位、第28回日本SF大賞候補)

(2008年、早川書房より出版。第40回星雲賞日本長編部門、第30回日本SF大賞、フィリップ・K・ディック記念賞特別賞)

(未完のまま死去。後に円城塔に引き継がれる形で完結、2012年に河出書房新社より出版)


中篇

  • The Indifference Engine』(『SFマガジン』2007年11月号所収。『虐殺器官』スピンオフ作品)
  • From the Nothing,with Love.』(『SFマガジン』2008年4月号所収。作品内では明確に語られてはいないが、007のパロディ作品である)

短編

  • セカイ、蛮族、ぼく。』(2007年、同人誌『バルバロイ』所収)

これ以外にも、氏が同人誌用に執筆した小説・漫画がいくつかあり、それらの一部は早川書房から出版された『伊藤計劃記録』『伊藤計劃記録:第弐位相』、並びに短編集『The Indifference Engine』で読むことができる。


「伊藤計劃プロジェクト」

没後から5年が経過した2014年、フジテレビがnenノイタミナムービーの第2弾「伊藤計劃プロジェクト」を発表。


「Project-Itoh」 公式HPhttp://project-itoh.com/


2015年10月2日にアニメ映画『屍者の帝国』が公開され、11月13日に『ハーモニー』、2017年2月3日に 『虐殺器官』を公開。

作品の劇場アニメ化に伴い、新たに今まで未公開だった、アマチュア時代に描かれた漫画やブログでの記事などをまとめた書籍や、伊藤計劃についての特集誌などが続々と出版されている。


計劃<Project>は、まだ続いていく――


関連項目

SF 作家 小説家 夭折の天才


糸杉柾宏:友人。自身の代表作であるあきそら最終巻にて後書きの代わりに伊藤氏についての話を語った。

非モテの星から来た男が愛と勇気を教えてくれる - 伊藤計劃公式ブログ『第弐位相』プロフィール欄より


経歴

1974年10月14日生まれ、東京都出身。

武蔵野美術大学美術学部映像科卒。

本名:伊藤聡。


2007年、ハヤカワSFシリーズJコレクションより処女長編『虐殺器官』でデビュー。

2008年、『METAL GEAR SOLID GUNS OF THE PATRIOTS』と『ハーモニー』を発表。

第4長編『屍者の帝国』の執筆に取りかかるも、持病の肺が悪化し、未完のまま2009年3月20日に34歳の若さで死去。

『屍者の帝国』はその後、同じく2007年にデビューし親交があった作家・円城塔氏に引き継がれ、2012年8月に出版された。


僅か2年の活動ながら、その圧倒的な世界観は世界中のSFファンを虜にし、没後久しい今なおファンが多い。


人物

PCゲーム時代からの古参のファンで、その熱狂ぶりは自身をして『MGSフリークス』『小島原理主義者』と呼ばしめるほどであった。小島本人もファンとしての伊藤を初期から認識し、後に伊藤が作家デビューしてから、MGS4のノベライズを直接依頼するほどの仲であった。

2001年病床の彼を励ますべく小島は社外秘であった開発途中の『メタルギアソリッド2』のカットシーンを持参した。伊藤は映像を見終わった後「ゲームが完成するまで死にません」と言った。

2009年の再入院の際に見舞いに行った小島はベッドに伏せる彼と映画や小説の話をしたが、虚ろな表情のままほとんど返事もない状態であったが、構想中だったMGSPWの話をすると伊藤は笑顔を取り戻し、「完成するまで頑張ります」と答えたが果たされることはなかった。

翌年4月に発売された『メタルギアソリッド ピースウォーカー』には、エンディングで「この『PEACE WALKER』を伊藤計劃氏に捧ぐ」とのメッセージが収録されている。

  • 映画マニア

その熱心さはつとに有名であり、個人サイト『スプークテール』やブログ『第弐位相』で多くの映画評論を発表していた。リドリー・スコットやデヴィッド・フィンチャー、押井守黒沢清など、優れた映像表現を得意とする「映像派」の監督の作品を好んでいたようである。後に手がけた小説の中でも、映画に関する該博な知識が遺憾なく発揮されている。

  • SFファン

特にサイバーパンク作品を好んでおり、お気に入りの作家はサイバーパンク・ムーブメントの火付け役になったブルース・スターリングだった。氏自身は、SFのことを「社会とテクノロジーのダイナミクスを扱う唯一の小説ジャンル」と認識していたようである。

  • ボードゲーマー

虚淵玄らとボードゲームサークル「戦慄のマッド集団」を作り、『第弐位相』でも海外産ボードゲームのプレイリポートを執筆していた。

→その一つ『バルバロッサ』のプレイリポートを含めた記事


作風

生前に発表された作品はほぼ全て一人称で語られており、その作品そのものが「作品を読んでいる読者への呼びかけ」や「誰かに読まれることを前提にしたテキスト」という体裁を取るという、ある種のメタフィクション的な構造を持つ。

小島秀夫の諸作品や国内外の映画に強い影響を受けた、視覚的描写に富んだエンターテインメント性の高いストーリーが特徴。また、膨大な知識量に支えられた綿密な世界観、『MGS』シリーズやサイバーパンク作品に影響を受けたSF的ガジェットの導入、自我や意識に関する考察など、SFとしても優れた完成度を誇る。

文体も独特であり、「?」の代わりに三点リーダを用いたり、ルビの多用による文章装飾が目立つ。これには、氏が好んで読んでいたウィリアム・ギブスン作品の翻訳者として有名な故・黒丸尚の影響が大きいと思われる。


作品一覧

長編

(2007年、早川書房より出版。『SFが読みたい!2008年度版』第1位、週刊プレイボーイミステリー大賞第1位、第28回日本SF大賞候補)

(2008年、早川書房より出版。第40回星雲賞日本長編部門、第30回日本SF大賞、フィリップ・K・ディック記念賞特別賞)

(未完のまま死去。後に円城塔に引き継がれる形で完結、2012年に河出書房新社より出版)


中篇

  • The Indifference Engine』(『SFマガジン』2007年11月号所収。『虐殺器官』スピンオフ作品)
  • From the Nothing,with Love.』(『SFマガジン』2008年4月号所収。作品内では明確に語られてはいないが、007のパロディ作品である)

短編

  • セカイ、蛮族、ぼく。』(2007年、同人誌『バルバロイ』所収)

これ以外にも、氏が同人誌用に執筆した小説・漫画がいくつかあり、それらの一部は早川書房から出版された『伊藤計劃記録』『伊藤計劃記録:第弐位相』、並びに短編集『The Indifference Engine』で読むことができる。


「伊藤計劃プロジェクト」

没後から5年が経過した2014年、フジテレビがnenノイタミナムービーの第2弾「伊藤計劃プロジェクト」を発表。


「Project-Itoh」 公式HPhttp://project-itoh.com/


2015年10月2日にアニメ映画『屍者の帝国』が公開され、11月13日に『ハーモニー』、2017年2月3日に 『虐殺器官』を公開。

作品の劇場アニメ化に伴い、新たに今まで未公開だった、アマチュア時代に描かれた漫画やブログでの記事などをまとめた書籍や、伊藤計劃についての特集誌などが続々と出版されている。


計劃<Project>は、まだ続いていく――


関連項目

SF 作家 小説家 夭折の天才


糸杉柾宏:友人。自身の代表作であるあきそら最終巻にて後書きの代わりに伊藤氏についての話を語った。

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • NEW GENERATIONS ×映画『ハーモニー』 P&A

    http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=5445493 http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=5637078 と同一の世界観です。今回が最終回です。
  • 純白でないセカイに生きる灰色のわたしたちに、明日があったのなら

    例の如く伊藤計劃第三長編「ハーモニー」の二次創作です。今回は三人娘が集団自殺に乗り出さなかったIFということで、いつもより真面目というかまともです。あと例の如くキアンちゃんはぐう聖です。キアンちゃんにスポットライト当てていかなきゃね(使命感)
  • 長屋の屍爆弾

    伊藤計劃二次創作企画「大惨事計劃」参加作品です。『屍者の帝国』の舞台が明治初期なので、三遊亭圓朝などのその時代の落語家は屍者が闊歩するあの世界でどういう噺をしたのだろうかと『あかね噺』や『うちの師匠はしっぽがない』に触発されて作った創作落語です。よろしくお願いします。
  • 虐殺三半規管

    タイトルの通りです。
  • 還魂のガフ&三百人委員会のプロパティ【サンプル】

    シュタゲ「遥遠のヴァルハラ」×伊藤計劃「女王陛下の所有物」 遙遠のヴァルハラのその後のディストピアを「女王陛下の所有物」パロディで送る アフター&パロディ小説本(B5;P38)からのサンプルです。 遙遠のヴァルハラとは? シュタゲ外伝小説三作目の特製冊子収録のα世界線のSS。 (※サンプルのリンク有) http://steinsgate.jp/altair/sample/walhalla.html 女王陛下の所有物とは? 伊藤計劃短篇集indifference engine収録の007トリビュート作品(※リンク有り) http://t.co/RwL4cq7h ※正確には「還魂のガフ」は女王陛下の所有物の連作である、 From the Nothing, with Loveのパロディとなっております。 こちらも短篇集indifference engine収録です。 C88;三日目"ポ"27のa Title;還魂のガフ Circle;Pyrecrackers 頒布価格;¥100 【2015/08/15】 おかげ様で無事完売となりました。 再販・委託の予定はございません。 足を運んでくださった方々本当にありがとうございました! 【2015/08/30】 タイトルを変更して、表題作のサンプルを追加しました。 【2016/01/10】 実はシュタゲゼロやっててこの話を思い返したので、少し驚きました。 先にこれを夏コミで出せてよかったです。
    14,001文字pixiv小説作品
  • 蛮族くんVSバイオゴリラ

    初投稿なのでハーモニー要素はないです
  • Thanatos

    スランプ明けのリハビリを兼ねて、書きたいものを書いただけ。 オチもなければ山もない。薄っすらしたテーマを引き延ばして、味のしない何かに仕立てた文章です。 やたら重い話題ですが、軽い気持ちで読んでいただければ幸い。
  • 『ハーモニー』<harmony/>百合エンド

    『ハーモニー』を読了して「は!? なんでトァンが『意識が偶然の産物で、もはや形骸だとしても、あなたへの思いを消すことはできない…(涙ドバー)』って言って意識の消滅を止める展開じゃないんだよ!?」と思ったので自分で補完しました。
  • ラブライブ! feat.仮面ライダー555

    <part:number=monolog:title=In this time/>

     今回の文体は伊藤計劃先生の著書『ハーモニー』をオマージュしたものです。はい体の良いパクリです。ごめんなさい。  ですが、パクった理由はあるのです。それに、私は伊藤計劃先生を尊敬しております! そうでなければこんな面倒くさい文体にしません。
    13,996文字pixiv小説作品
  • 【web再録】(I can’t) go anywhere.

    2015年12月 C89発行 <以下、当時のお知らせより抜粋> ・フライデー×ワトソン(劇場版-屍者の帝国) ・ふたつの短編が入っています。 「愛に飢えた頭脳」生前フラ×ワト--執着の終着点的な(?) 「静寂のカウントダウン」彼が他の名前で出てきますがそういう仕様です。 <抜粋おわり> <以下、当時のあとがきより抜粋> 伊藤計劃作品に出会い六年ほど、まさか映画プロジェクトが始動するとは思わず、知ったその日から楽しみで楽しみで楽しみで楽しみで…… それは置いておいて、今回の話は、なぜ、ワトソンがあそこまでフライデーに執着したのか、それを考えた瞬間に浮かんだものでした。 純粋な「好き」や「尊敬」とは違う、もっとこじれた何かがワトソンの中にあったのではないか、と……。 拙い出来ではありますが、その雰囲気が少しばかりでも伝わりましたら嬉しいです。 <抜粋おわり> 今後紙媒体での頒布の可能性も皆無ではありませんが、元号が変わる機会に乗じ(?)web再録してみました。 よかったら読んでやってください。
    16,881文字pixiv小説作品
  • キアンちゃんブラウザゲームをする

    伊藤計劃氏の第三長編『ハーモニー』の二次創作です とてもきよらかなたましいを持つハーモニーの良心にして大正義、零下堂キアンちゃんがファッションレズとサイコレズのせいでクラス内の評判をまた落とす話です(要約)
  • セカイ、戦車道、わたし。

    オタクはすぐ好きなモノを接合してしまう。 元ネタは勿論、伊藤計劃『セカイ、蛮族、ぼく。』です。
  • 霧慧トァンの退屈

    霧慧トァンの退屈 導入編

    初投稿です!読みづらいと思いますが、よろしくお願いします! この物語に関する【注意事項】 この物語は劇場版ハーモニーの【二次創作】である。 劇場版の後日談であるため、【ネタバレ】が含まれる。 トァンとミァハがオタク趣味を持っている【キャラ改変】がある。 それでもいいという方は、本文へお進みください。
  • 白。

    伊藤計劃様の<harmony/>という作品に心奪われた人間です。 watch meをインストールするっていうのはどのタイミング何だろうと思い立ち、ついでにどんな方法なんだろうと思うと夜も眠れなかったので言語化しました。 個人的にwatch meをインストールしてみたい欲はあるんですよね。
  • シチュアシオン

    シチュアシオンⅠ*作家論

    序文を含め、本論を大幅に改稿。
    240,000文字pixiv小説作品
  • 忍空使い・ウェットワークス

    虐殺器官と忍空のクロスオーバーSS。内戦の傷跡が残る日本へ潜入したクラヴィス達i分遣隊。任務の途中、不思議な少年・風助と出会うが……

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    遊ハち

    読む
  2. 2

    まつお

    読む
  3. 3

    原作:みなと 漫画:吉たか結衣 キャラクター原案:霧夢ラテ

    読む

pixivision

カテゴリー