ピクシブ百科事典

伊藤計劃

いとうけいかく

伊藤計劃(いとうけいかく)は、日本のSF作家(1974~2009)。 代表作『虐殺器官』で月刊プレイボーイミステリー大賞第1位、『ハーモニー』で第30回日本SF大賞を受賞した。
目次[非表示]

非モテの星から来た男が愛と勇気を教えてくれる - 伊藤計劃公式ブログ『第弐位相』プロフィール欄より

経歴

武蔵野美術大学美術学部映像科卒。
2007年、ハヤカワSFシリーズJコレクションより処女長編『虐殺器官』でデビュー。
2008年、『METAL GEAR SOLID GUNS OF THE PATRIOTS』と『ハーモニー』を発表。
第4長編『屍者の帝国』の執筆に取りかかるも、持病の肺ガンが悪化し、未完のまま2009年に死去。『屍者の帝国』はその後、同じく2007年にデビューし親交があった作家・円城塔氏に引き継がれ、2012年8月に出版された。

人物

PCゲーム時代からの古参のファンで、その熱狂ぶりは自身をして『MGSフリークス』『小島原理主義者』と呼ばしめるほどであった。小島本人もファンとしての伊藤を初期から認識し、後に伊藤が作家デビューしてから、MGS4のノベライズを直接依頼するほどの仲であった。
2001年病床の彼を励ますべく小島は社外秘であった開発途中の『メタルギアソリッド2』のカットシーンを持参した。伊藤は映像を見終わった後「ゲームが完成するまで死にません」と言った。
2009年の再入院の際に見舞いに行った小島はベッドに伏せる彼と映画や小説の話をしたが、虚ろな表情のままほとんど返事もない状態であったが、構想中だったMGSPWの話をすると伊藤は笑顔を取り戻し、「完成するまで頑張ります」と答えたが果たされることはなかった。
翌年4月に発売された『メタルギアソリッド ピースウォーカー』には、エンディングで「この『PEACE WALKER』を伊藤計劃氏に捧ぐ」とのメッセージが収録されている。

  • 映画マニア
 その熱心さはつとに有名であり、個人サイト『スプークテール』やブログ『第弐位相』で多くの映画評論を発表していた。リドリー・スコットやデヴィッド・フィンチャー、押井守黒沢清など、優れた映像表現を得意とする「映像派」の監督の作品を好んでいたようである。後に手がけた小説の中でも、映画に関する該博な知識が遺憾なく発揮されている。
  • SFファン
特にサイバーパンク作品を好んでおり、お気に入りの作家はサイバーパンク・ムーブメントの火付け役になったブルース・スターリングだった。氏自身は、SFのことを「社会とテクノロジーのダイナミクスを扱う唯一の小説ジャンル」と認識していたようである。
  • ボードゲーマー
虚淵玄らとボードゲームサークル「戦慄のマッド集団」を作り、『第弐位相』でも海外産ボードゲームのプレイリポートを執筆していた。

作風

 生前に発表された作品はほぼ全て一人称で語られており、その作品そのものが「作品を読んでいる読者への呼びかけ」や「誰かに読まれることを前提にしたテキスト」という体裁を取るという、ある種のメタフィクション的な構造を持つ。
 小島秀夫の諸作品や国内外の映画に強い影響を受けた、視覚的描写に富んだエンターテインメント性の高いストーリーが特徴。また、膨大な知識量に支えられた綿密な世界観、『MGS』シリーズやサイバーパンク作品に影響を受けたSF的ガジェットの導入、自我や意識に関する考察など、SFとしても優れた完成度を誇る。
 文体も独特であり、「?」の代わりに三点リーダを用いたり、ルビの多用による文章装飾が目立つ。これには、氏が好んで読んでいたウィリアム・ギブスン作品の翻訳者として有名な故・黒丸尚の影響が大きいと思われる。

作品一覧

長編

虐殺器官


(2007年、早川書房より出版。『SFが読みたい!2008年度版』第1位、週刊プレイボーイミステリー大賞第1位、第28回日本SF大賞候補)

ささやかな抵抗


(2008年、早川書房より出版。第40回星雲賞日本長編部門、第30回日本SF大賞、フィリップ・K・ディック記念賞特別賞)

屍者の帝国


(未完のまま死去。後に円城塔に引き継がれる形で完結、2012年に河出書房新社より出版)

中篇

  • The Indifference Engine』(『SFマガジン』2007年11月号所収。『虐殺器官』スピンオフ作品)
  • From the Nothing,with Love.』(『SFマガジン』2008年4月号所収。作品内では明確に語られてはいないが、007のパロディ作品である)


短編

  • セカイ、蛮族、ぼく。』(2007年、同人誌『バルバロイ』所収)


 これ以外にも、氏が同人誌用に執筆した小説・漫画がいくつかあり、それらの一部は早川書房から出版された『伊藤計劃記録』『伊藤計劃記録:第弐位相』、並びに短編集『The Indifference Engine』で読むことができる。

「伊藤計劃プロジェクト」

没後から5年が経過した2014年、フジテレビノイタミナムービーの第2弾「伊藤計劃プロジェクト」を発表。

「Project-Itoh」 公式HPhttp://project-itoh.com/

2015年10月2日にアニメ映画『屍者の帝国』が公開され、11月13日に『ハーモニー』、延期のため公開日は未定だが『虐殺器官』の公開を予定。
また、作品の劇場アニメ化に伴い、新たに今まで未公開だった、アマチュア時代に描かれた漫画やブログでの記事などをまとめた書籍や、伊藤計劃についての特集誌などが続々と出版されている。

計劃<Project>は、まだ続いていく――

pixivに投稿された作品 pixivで「伊藤計劃」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 477095

コメント