ピクシブ百科事典

がん

悪性腫瘍、悪性新生物のこと。日本人の死亡原因の1位であり「国民病」とも呼ばれる。
目次[非表示]

現代の日本人死因のうち、不動のナンバーワンとなっている病気
日本人の実に「2人に1人が癌になり、3人に1人が癌で死亡」する(年間36万人が死亡)。

がん死亡者のうち、男性の死因1位は「がん」で、女性の死因1位は「気管支がん」である。タバコが原因による肺がんは男性の70%にのぼる。

早期発見が非常に重要となる病気であり、ごく初期段階のうちに発見することができれば、治療することで完治が可能な症例も多い。

概要

英語Cancerキャンサー)は腫瘍の広がり方がの足に見えたことからとされる。

内外にできる、悪性腫瘍細胞(悪性新生物)を指す。腫瘍が「悪性」であるとは、際限なく増殖し、隣接する臓器に浸潤したり、異常な内分泌を行って生体機能を妨げたり、血流に乗って離れた場所に転移するなどの特徴を示すことを言う。これらの特徴を示さない腫瘍が「良性腫瘍」である。

治療方法は外科手術、化学療法(抗がん剤の投与)、放射線治療など。またこれらの治療方法を組み合わせて用いる。

かつては致死率の非常に高い病気であったが、現在は医療技術の進歩により、発見さえ早ければかなり高い確率(がんの種類により異なるが)で完治も可能となっている。
逆に、自覚症状が無いまま(あるいは自覚症状はあっても病院へは行かず)長期にわたり放置を続け、発見が大幅に遅れた場合、全身にがんが転移した末期状態に陥っており、いきなり死亡宣告を受けるようなパターンも非常に多い。
映画TVドラマで医師に「ステージ4…余命半年です」と告げられガーンな展開はよく見かけるが、実際日本中であるあるなのである。部位によっては確かに早期発見で治療可能だが、そこはやはり不動の死因1位である。十分に恐れるべきである。

このため、特に40歳を過ぎたら定期的に検査を受けることが重要となっている。

ただし、がんのタイプによって進行や悪性度は大きな差があり、治療が難しい、あるいは不可能ながんもある。たとえば通常型の膵臓がんは非常に転移しやすく、早期発見に成功して病巣を取り除いても既に転移していることが多く救命が困難である。一方で甲状腺がんの中で最も多い乳頭がんは進行が遅いため、発見が遅れても高い確率で治療可能である。

転じて組織内で悪影響をもたらす人物の事を「(組織の)癌」と呼ぶ事がある。

由来

一般には殆ど知られていないが、「癌」という言葉は元々は仏教用語で、「仏救えざるもの」とされている。
これは病としての癌よりも寧ろ「老化」、すなわち「老い」を指している。
今でこそ生活習慣等の変化により若年化が進んでいるが、かつては平均寿命が短かったことも有り、多くの人が癌を発症するほど老いる前に亡くなっていた。
そのため当時の癌は病ではなく、老衰による死の形の一つに過ぎず、致し方ないものとされていた。

逆にいえば、癌を発症できるほどに長生きできた、ある意味での大往生と捉えることも出来なくはない。(その苦痛はモノにもよるが決して軽いものではないのだが・・・)

関連タグ

病気 死因 悪性 末期 余命
Cancer キャンサー
がん細胞(はたらく細胞)

pixivに投稿された作品 pixivで「癌」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59139

コメント