ピクシブ百科事典

目次[非表示]

肝炎(かんえん)は、何らかの原因で肝臓に炎症が起こり発熱食欲不振・黄疸皮膚が黄色くなる)などの症状をきたす病気の総称である。
ほとんどはウイルス感染によるウイルス性肝炎(ウイルスせいかんえん)である。

原因

肝炎の原因は以下が存在する。

ウイルス性肝炎

ウイルスが感染することで起こる。単に肝炎と言う場合、普通はこのウイルス性肝炎を指す。多くの場合、肝炎ウイルス(かんえんウイルス)が原因である。

アルコール性肝炎

の飲み過ぎが原因。体内に入ったアルコールがうまく分解されず、肝臓に蓄積することで障害をきたす。

脂肪性肝炎

脂肪の摂り過ぎが原因。

薬剤性肝炎

の副作用が原因。

自己免疫性肝炎

免疫システムの暴走(免疫が自分自身の体を攻撃する)によって、自分の肝臓に障害をきたす。特定疾患のひとつ。

原発性胆汁性肝硬変

胆汁が排出されず、肝臓の中に蓄積してしまうことで発症する。特定疾患のひとつ。

バッド・キアリ症候群門脈圧亢進症

門脈から肝臓へ流れる血管)が詰まってしまう病気。特定疾患のひとつ。

ウィルソン病肝レンズ核変性症

先天性の難病であり、代謝の異常によってが代謝されずに蓄積し、大脳レンズ核が変性し、並行して肝臓に異常をきたす。

臨床像

急性肝炎

肝臓の急性の炎症。ほとんどがA型肝炎によるもの。また、大人のB型肝炎もほとんどは急性肝炎として発症する。
発熱・体がだるい・黄疸・食欲不振などの症状が急激にあらわれる。嘔吐下痢を伴うこともある。
E型肝炎、アルコール性肝炎、薬剤性肝炎でも同様の経過をたどることが多い。
一般的にウイルス性の急性肝炎は予後良好であり、特別な治療をしなくても自然に回復することも多い。しかし、高齢者の肝炎、妊婦のE型肝炎アルコールの大量摂取薬の副作用が原因の場合は重症化しやすく、後述の劇症肝炎に進行することもある。

劇症肝炎

急性肝炎は稀に重症化して劇症肝炎(げきしょうかんえん)になることがある。劇症肝炎は「発症後8週間以内に重度の肝機能異常とそれに伴う意識障害をきたすもの」をいう。脳障害出血血液の異常を合併することが多い。
有効な治療法が確立されていない(一応、ステロイド投与や透析などは行われるが)ため、発症した場合、その70%以上が死亡する、非常に危険な病気である。
特定疾患に指定されている。

慢性肝炎

臨床的には「6か月以上の肝機能検査の異常とウイルス感染の持続」と定義される。ほとんどはC型肝炎によるもの。また、母子感染の場合の赤ちゃんのB型肝炎もキャリア化して慢性肝炎の経過をとることが多い(ただし、キャリアが急に悪化し、急性肝炎のような経過となる場合もある)。ごく稀に原発性胆汁性肝硬変などの難病が原因の場合もある。
急性肝炎に比べて自覚症状に乏しく、検査でのみ異常を確認できることも少なくない。慢性肝炎の怖いところは、これといった自覚症状がないまま年月が過ぎ肝硬変肝臓に進行する例が多いことである。これらは診断が難しく、一度発症すると長期生存率が極めて低い、怖い病気である。そのため、慢性肝炎の原因の中でも特にC型肝炎ウイルスはサイレントキラー沈黙殺人鬼)と呼ばれることも多い。
慢性肝炎では、定期的に血液を検査し、肝硬変への移行がないかどうかを確認することが重要である。

予防方法

A型肝炎とB型肝炎はワクチンで予防できる。A型肝炎やB型肝炎が流行している海外発展途上国旅行する人や、医師看護師などの医療関係者などは打っておくべきである。
A型肝炎やE型肝炎を予防するためには、食品を十分に加熱調理し、特に肉は絶対に生で食べないことが重要である。
B型肝炎やC型肝炎の予防のために、不特定多数との性交渉は避け、コンドームを正しく使用することを心がけること。また、途上国では医療器具が汚染されている可能性があるので、安心できる病院を確認しておくこと。不潔な場所でのピアスタトゥーなどはできるだけ避けること。
C型肝炎は自覚症状に乏しいので、定期的に病院で検査を受けることが重要である。
アルコール性肝炎の予防のためには、お酒を飲み過ぎないように注意すること。また、肝炎が治った後も再発を防ぐために、しばらくの間、飲酒を控えること。
薬の服用後に体の異常がみられた場合は、薬剤性肝炎などの副作用の可能性がある。副作用の疑いがある場合は、すぐに服用を中止し、医師または薬剤師に相談すること。

関連記事

親記事

感染症 かんせんしょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「肝炎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 332

コメント