ピクシブ百科事典

アルコール

あるこーる

化学物質の一種で、炭素に水酸基が結合している。お酒の代名詞でもある。
目次[非表示]

概要

アルコールとは、sp3混成軌道を形成している炭素原子に水酸基が結合している構造を呈している化学物質の総称である。鎖状炭化水素水素のひとつ或いは二つ以上が水酸基に置換されたものとみることもできる。
代表的な化合物として、メタノールエタノールプロパノールブタノールなどが知られている。これらは「アルコール」の呼称でくくられるが、用途は全く異なってくる。「燃料用アルコール」とも呼ばれるメタノールは人体にとって猛毒、劇薬であり皮膚に触れるだけでも危険である。もし飲めば失明する。

一般には「お酒」の代名詞である。これはもちろん、お酒にエタノールが含まれていて、飲むと酔いという作用を引き起こすからである。エタノールにも飲用でない「工業用エタノール」が存在するが、添加物を混ぜる事で飲めないようにすることが法律で義務づけられている。水が含まれないため機械類の清掃に重宝される「無水エタノール」は100%に近い度数を持つが、かつては、この状態に持っていくための過程で有害物質のベンゼンを入れているが近年は別の物質に代替されている。が、そもそもすぐに揮発するほどの濃度のアルコールを口にすることは正気の沙汰ではない。二十歳になった後も飲用と明示された以外のアルコールを口にしてはならない。

用途

微生物による発酵作用でなどから生じたもの(ほぼ全量がエタノール)は、として飲まれ親しまれる。
・工業的に加水分解されたり合成されたりしたものは、燃料溶剤消毒薬などとして幅広く利用される。

消防法上の扱い

日本の消防法では、「一分子を構成する炭素の原子の数が1個から3個までの飽和一価アルコール」(変性アルコール含む)を第4類危険物(引火性液体)の「アルコール類」と定義している。そのため、容器1本の容量が500mLを超える場合は「第4類アルコール類(引火性液体) 危険等級Ⅱ 水溶性」「火気厳禁といった注意書きが必要となる上、総貯蔵量が400Lを超える場合は乙種第4類以上の資格を持つ危険物取扱者を常駐させ、名前を掲示する義務が生じる(要はガソリンスタンドと同様の扱いとなる)。
但し、アルコールの含有量が60%未満の水溶液(蒸留酒も含む)は危険物の対象外となる。

ここから先は酒類の話になるが、通常販売される蒸留酒(ウイスキーブランデーウォッカなど)はアルコール度数が40%程度のため消防法による規制の対象には該当しない。但しスピリタス(96%)は無水エタノールと同様の扱いを受けるため、仮に通常のウォッカなどと同様の750mL瓶で販売しようとするとラベルに上記の注意書きを追加する義務が発生してしまう。スピリタスの瓶の容量が500mLであるのはそのためでもある、らしい(詳細は不明)。

注意!

主にロシア等で見受けられるが、景気の低迷などの理由からアルコール成分が含まれる入浴剤などを飲んで中毒症状を起こす人もいる。…日本ではあまり無いであろうが、いくらお酒が飲みたいけど手が届かないからといっても消毒薬や入浴剤は飲まないように。

関連タグ

 DHMO フェノール アルコールランプ
メタノール/メチルアルコール エタノール/エチルアルコール
ビール 日本酒 ウイスキー/ウィスキー ワイン カクテル 酩酊 酔っ払い
アルコール・ドーパント

関連記事

親記事

有機化合物 ゆうきかごうぶつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アルコール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 173413

コメント