ピクシブ百科事典

目次[非表示]

もしかして


概要

蒸留酒の一種。

ロシア語:водка」。ウオツカ、ウォトカ、ヴォトカなどとも表記される。名称はロシア語のワダvoda()に由来する。
ロシア穀類を原料につくり始めたのは14世紀末である。その製造と販売はつねに国家のきびしい規制を受け、ウォッカに課される税金は国庫の最も重要な収入源となった。
主にロシアやポーランドウクライナフィンランドなど東欧北欧・旧ソ連圏で製造されてきたが、現在は一大消費地であるアメリカ合衆国でも大々的に製造されている。

大麦小麦、ライ麦、ジャガイモ、サトウダイコンなどを原材料とし、蒸留後、白樺で濾過して作る。無味無臭無色でクセがなく、ほぼ純粋なアルコール水溶液に近い。日本やアメリカ合衆国ではストレートで飲まれるのではなく、果実酒(リキュール)にされたり、カクテルやフレーバード・ウオッカのベースとして用いられることが多い。チューハイのベースとして主に用いられるのも、このウオッカである。

一般にやたら強いお酒であるというイメージが強いが、多くの場合アルコール度数は37.5~50%程度であり、他の蒸留酒と比べても強いわけではない。
ポーランド製の「スピリタス」のように96%と、もはや高純度のバイオエタノールと言ったほうが正しいような品(飲酒中は火気厳禁)もあるが、こいつが特例というか前述のイメージはだいたいこいつのせい

ウォッカをストレートで常飲するロシア・東欧圏は冬が厳しく耕作可能期間が短く、労働者が娯楽のために飲む酒として酔いがまわりやすい強い酒が求められた。

健康志向の高まりで、かつてほどの酒量はなくなったが、ロシアを中心とするスラブ人国家では、フォーマルな酒としてのウォッカの地位は揺るいでおらず、結婚式で出される酒はウォッカが定番。
社会が硬直化したソ連後期にあって、ウォッカに溺れて憂さを晴らす国民が続出したためゴルバチョフはウォッカの販売規制や値上げによってアルコール依存症と生産性の解決を試みたが、どうしてもウォッカを飲みたい国民は密造のために砂糖を買い占め、店から砂糖が姿を消してしまった。
この結果危険な密造酒で重大な健康被害を起こす人が増えて社会不安が広がり、税収が落ち込んだソ連は崩壊速度を早めていくことになる。

近年では日本国内でも「国産ウォッカ」と称したものが販売している。実のところ作り方にそこまでこだわりがあるわけではなく、最後に白樺の炭で濾過する工程などの基本を守ればどこでも作れる――という解釈を元としており、平たく言えば安酒系スピリッツの代名詞として近年は幅を利かせている。
こうなった原因の一つに、日本国内における連続蒸留型蒸留酒の代表格として甲類焼酎というものが既に存在するものの、日本においては甲類焼酎のアルコール度数は乙類焼酎(伝統的焼酎)より更に下の36度未満にする必要があり、それを越えてかつ乙類焼酎の技法に外れた蒸留酒は単に「スピリッツ」とのみ記載されてしまうという環境もある。
ストロング系飲料においても、ベースとなる酒として(主に国産の高アルコール度の)ウォッカを利用している。

主な銘柄

スミノフ ストリチナヤ ズブロッカ スピリタス

ウォッカをベースにしたカクテル

ウォッカトニック カミカゼ シーブリーズ スクリュードライバー ソルティドッグ 
バラライカ ブラッディマリー ブルーラグーン モスコミュール スレッジハンマー

関連タグ

飲み物  蒸留酒 スピリッツ アルコール
ロシア カクテル 缶チューハイ

外部リンク

ウォッカ - Wikipedia

関連記事

親記事

蒸留酒 じょうりゅうしゅ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウォッカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5672794

コメント