ピクシブ百科事典

トウモロコシ

とうもろこし

イネ科の穀物。甘くておいしい。
目次[非表示]

概要

イネ科トウモロコシ属に属する穀物野菜と見做されることも多い。
小麦と並び世界三大穀物に数えられる。
発祥はアメリカ大陸中央アメリカとされる。

植物学的見地

高さ2m近くにもなる一年生草本。は太い。またもイネ科植物としては幅広い。
果実は短いで茎に付く。果実の先端にはふさふさしたがついているが、これは雌しべである。すなわち毛がふさふさしているほど多くの実が入った出来の良いトウモロコシであるということになる。

食べ方と料理法

一般的にはを食べる。多様な品種があり、甘いものは新鮮なうちに茹でたり焼いたりして食べる。なかには生のままで食べられる品種もある。
また若いうちに摘んでヤングコーンと呼ばれる野菜として軸ごと食べたり、乾燥させてに挽いてからお粥やトルティーヤなどに加工して食べる方法もある。
ポップコーンスナック菓子の原料として馴染みあるものである。
トウモロコシを使った酒としてはバーボンウイスキーが知られるほか、アンデス地方では古くからチチャと呼ばれる口噛み酒が伝統的な祭礼に使われていた。

主食にするときの注意

主食として申し分のない食物だが、その場合「石灰水や木灰水に一晩浸す」・「調理中に木灰の上澄みを加えて煮込む」などのアルカリ処理(ニシュタマリゼーション)をして、ナイアシンを吸収しやすくすることが必要になる。
もしそのひと手間をしなかった場合、ナイアシン不足となり口内炎、皮膚炎、精神障害、さらにはペラグラと呼ばれる消化器と皮膚・精神をむしばむ病気を引き起こす。
トウモロコシを主食にしていたアステカ先住民はアルカリ処理をしていたが、それを知らずに持ち帰ったヨーロッパ人はペラグラの憂き目にあった。特に、ペラグラは小麦が取れずトウモロコシを主食にした北部イタリアで猛威を振るった。(名前もイタリア語で「皮膚の痛み」を意味する)

その他の利用法

人間の食用として扱われるよりも、家畜の飼料に使われることが最も多い。
また雌しべは利尿薬になり、体内の余計なカリウムや塩分を排出してくれるという。
実を取った後の芯はプラスチック原料やバイオエタノールなど化学物質の原料として用いられる。

呼び名

とうきび とうきみ きび もろこし なんば コーン
……これらはすべて、日本におけるトウモロコシの呼び名である。非常に多様な呼び名があることがお分かり頂けるだろうか。

関連タグ

とうもろこし玉蜀黍:表記揺れ
 アメリカ 北海道
縁日 ポップコーン タコス トルティーヤ

pixivに投稿された作品 pixivで「トウモロコシ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 201165

コメント