ピクシブ百科事典

さけ

おとなののみもの。狭義では日本酒を指す。
目次[非表示]

解説

とは、嗜好品の一種であり、アルコールエタノール/エチルアルコール )を含む飲み物
また、日本において清酒( 日本酒 )のことも指し、英語でも「SAKE」と呼ばれる。

アルコール

この飲料に含有されるアルコールは原材料中の糖分が発酵によって分解されることで生成される。
また場合によってはそれらを蒸留して得られる飲料も存在する。
言い換えれば糖分や糖化できる物が含まれているならば穀物果物に限らず、樹液だろうが乳類だろうがなんでも酒にすることは可能である。
そのため世界中で有史( 文字誕生 )以前からこの種の飲料が製造され、飲まれまくってきた。

さらに原料だけでなく醸造技術のレベルによって作られる酒も大きく変わってくるため、土地や時代、文化によって多種多様な酒が存在する。

また含有するアルコールによってもたらされる効果から宗教によっては神聖なものとして、逆に禁忌のものとして扱われてたりする。
 
さらに飲料用以外でも料理にも風味付け等の目的で多く用いられている。

宗教と酒

儀式上酒が用いられる場合もあり、さらに宗教が成立した場所の習慣に基づくものが存在する。

  • 葡萄酒を儀式として用いるのはユダヤ教キリスト教( ただし一部の分派では用いられないことも多い )である。
    • ただし一部の分派では飲酒による悪徳を嫌うため、ジュースで代用することがある。
  • 神道においては供物、清い水として扱われることがある。
  • カンドンブレ( ブラジルの民間信仰、オリシャを信仰する )では紙への供え物として使用されることがある。
 一方、泥酔等の問題により、悪徳とみなされ禁止している宗教も存在する。
  • キリスト教においても、特にプロテスタントの場合、飲酒を禁止する場合がある。
  • ヒンズー教においても、悪徳とみなされ、避けるべきであるとされる。特にヴィシュヌ信仰者は飲酒を行わないとされる
    • 地域や信仰により異なるらしく、例えばバリ島のヒンズー教では飲酒は禁止されていない
  • イスラム教においては、クルアーンによって禁止されているとも、酒に酔って祈ることが禁止されているため、実質上の禁止扱いともいわれる
  • 仏教においても人を惑わせるというため禁止扱いである
    • ただし日本の仏教は戒律が失われているためこのタブーはかなり減じられている

もたらされる効果と害について

この飲料に含まれるアルコールには興奮・酩酊作用があり、摂取すると気持ちが高揚するが、度が過ぎれば判断力が鈍ったり理性が吹っ飛んだりし、大量に摂取すれば致死性を発揮する危険なである。

またその影響により飲酒運転による事故アルコール中毒、飲酒の無理強いなどで死人が出ており、特に依存性の高さの点で麻薬とほぼ同等といっていいほどの危険性を内在している。一口も飲めないほどに弱いのであれば決して飲んではならないのは当然のこと、飲める人でも少量をたしなむ程度に抑えるのが望ましい(「純アルコール量にして20グラム、週に2回は休肝日」が適正な摂取量の目安とされる)。

お酒とはあくまで嗜好品であり、人が生きていく上で必ずしも必要なものではない。度が過ぎれば体をむしばむ毒になることを意識しなくてはならない。酒豪だからといって浴びるように飲んでいれば、いずれ肝硬変、食道がんなどの病に繋がる恐れが大いにあるのだから....。

お酒は二十歳になってから

体が未発達な場合は許容量が小さく大人と同じ飲酒量であっても害や悪影響を発揮しやすく、体が受け付けない量を一度に摂取してしまうこともある。そのため日本では「未成年者の飲酒を禁じる」と定められており、他国でも同様に、一定年齢未満の青少年の飲酒を禁じている国が多い。

大人が飲んでいいとされるのは、ある程度の飲酒に耐えられるほど体が成熟し、体調にあわせて飲酒量を調節できるよう節度を守れる、すなわち自己責任の考え方があるためであり、特に女性の場合は月経周期によって許容量が変動するのでよくよく自分の飲める量を把握しておかなくてはならない。

未成年で酒が飲みたいなら....

もし未成年の日本人が飲酒したい場合日本以外で自分が飲める年齢で購入や飲酒を禁止していない国に行けば良い。
例えばベルギーポルトガルでは16歳で飲酒が認められ、インドネシアでは16歳で購入が認められる。年齢による飲酒や販売の制限はその人間の出身国ではなく、その人間がどこの国で飲むかで決まるためである。

逆に言えば16歳のポルトガル人が日本で飲酒する事は不可能であり、20歳の日本人でも21歳未満禁止のアメリカエジプトホンジュラスなどでは飲酒が禁止され、マレーシアでは販売が禁止される。

お酒はおいしく適量を。酒は呑んでも呑まれるな
実は日本でも未成年者飲酒禁止法が制定される大正十一年( 1922年 )までは子供でも普通に酒を飲んでいたとされる。だからといって、今の日本で未成年が飲酒をしていいという屁理屈は通用しない
お酒は二十歳になってから! ( 大事なことなので二回言いました )

日本人と飲酒

飲みたくない・飲めない人に無理やり飲ませるのは強要行為であり犯罪である。(いわゆるアルコールハラスメント)

そもそも日本人を含むモンゴロイドの中にはアルコールの分解酵素の活性が低く、酒を少ししか飲めない下戸の体質の人も多い。このような人でも酒を飲みつけるとある程度飲めるようになる場合もあるが、生まれつきの体質は変わらないため大量の酒を飲むのは危険である。当然、酒を全く受け付けない(ビール一口で気分が悪くなる)人に飲ませるのは厳禁であり、最悪の場合死につながることもある。

害に対する社会的反応

アルコール依存症による問題、さらには深酒がガンや肝硬変など多くの病気のリスクファクターであるという現実もさることながら、近年、飲酒関連で社会的に最大の問題とされていたのが飲酒運転である。

もともと道路交通法ではアルコールの影響下にある状態での車両運転をかたく禁じていたのだが、福岡市など一部地域では飲酒運転に寛容な意識が蔓延しており、結果として悲惨な交通事故がしばしば発生し社会問題となったた。これにより、アルコールの影響下にある状態での違反行為は「酒気帯び運転」としてより罰則が厳しくなる他、一定以上の影響下であれば「飲酒運転」として即座に運転免許の剥奪処分が下されるようになった。

現在では飲酒運転により重大な交通事故を発生させた場合は危険運転致死傷罪として、懲役最大30年という厳罰が下されるようになっている( ただしこの法はあまりにも厳罰過ぎるため、適用されにくいという問題がある )。

創作作品における飲酒

創作上、特に現代を扱うアニメ漫画ゲームにおいても、上記を理由に子供や未成年がお酒を飲む描写は無いことが多い。たいてい飲酒するのはいわゆるDQNタイプのキャラクターぐらいである。
 これは日本法律が適用されない時代あるいは異世界でも適用されることが多い。
 現実には飲酒可能な年齢年代によって異なっているため、二十歳未満が飲酒不可という価値観は絶対的というわけでもない
 しかし、キャラクターは皆子供( ≒未成年 )と言われている東方Projectなどで未成年による飲酒描写がある作品も存在する( 特に種族人間と明記される博麗霊夢など )。そのことを配慮してか、一応この作品の作者飲酒禁止の旨の言葉を挙げている

別名・表記揺れ

お酒 アルコール

酒の種類

醸造酒

日本酒 どぶろく   
ビール / 生ビール / ドライビール / 缶ビール 発泡酒  
老酒 紹興酒 馬乳酒 蜂蜜酒 マッコリ チチャ

蒸留酒

焼酎 泡盛
ウイスキー ウォッカ テキーラ ジン ラム酒 ラク
ブランデー コニャック カルヴァドス

果実酒

ワイン / 白ワイン / 赤ワイン スパークリングワイン / シャンパン 
シードル キルシュヴァッサー

強化ワイン

シェリー ベルモット サングリア

リキュール

梅酒 養命酒 カンパリ クレームドカシス カルーア アブサン
キルシュ リモンチェッロ   

カクテル

ハイボール 酎ハイ / チューハイ サワー フィズ

飲み方・TPO

ストレート オン・ザ・ロック 水割り お湯割り ソーダ割り
熱燗 冷酒
食前酒 食後酒 晩酌 ナイトキャップ / 寝酒
利き酒 花見酒 月見酒 
自棄酒 絡み酒

その他 

ハブ酒 マムシ酒 ソーマ

酒を扱う場

酒蔵 醸造所 ワインカーヴ
バー カフェバー パブ バール ビアガーデンビアホール
居酒屋 屋台

酒に関する職業

杜氏 ソムリエ バーテンダー / フレアバーテンダー

酒に関する道具

酒樽 酒瓶 ボトル ワインボトル
グラス タンブラー / タンブラーグラス ビアグラス ジョッキ / ビールジョッキ
デキャンタ カラフェ ワイングラス シャンパングラス 
ゴブレット オールドファッションドグラス カクテルグラス
 徳利 猪口

関連イラスト

さくら と さけ と おんな と ぱんつ


関連タグ

R-20 
飲酒 飲み会 宴会  
ほろ酔い 酔っ払い へべれけ 泥酔 二日酔い
甘党 下戸  
辛党 酒豪 笑い上戸 泣き上戸 ザル
酒乱 アルコール中毒 / アル中 禁酒 禁酒法
お酒は二十歳になってから 未成年飲酒防止ポスター
ディオニュソス
 
谷間酒 わかめ酒 あわび酒 竿酒 酔姦

関連企画

【ぴく酒】(酒擬人化)
酒を飲ませてみたところ
素面・ほろ酔い・へべれけ

pixivに投稿された作品 pixivで「酒」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6393368

コメント