ピクシブ百科事典

ウクライナ

うくらいな

東欧の大国。主要民族はウクライナ人で公用語はウクライナ語。
目次[非表示]

概要

黒海に面した東欧の一国で、ほぼ全土を平原と台地が占める欧州の穀倉地帯である。
首都キエフ(ウクライナ語名キーウ)。
国歌は”Ще не вмерла Україна”である。

古代においてはスキタイ人の故地(ヘロドトス『歴史』)としてしられ、南部やクリミア半島などにギリシャ人の植民都市が存在した。
かつてキエフ大公国が存在し、ルーシの中心であった。しかし、12世紀以降急速に諸公国に分裂し、さらにもともと遊牧民がいきかう土地の一つであることも相まって、大半の地域がモンゴル帝国の分国、キプチャク・ハン国の支配を受ける。それ以降は、北西部をリトアニアポーランド連合が支配下に置き、さらに16世紀以降は北東部からロシア帝国も進出、徐々に黒海までを制圧し、さらに18世紀のポーランド分割以降は後のほぼ全土を支配した。
その後、炭鉱を有するドネツ地方を中心に工業が発展し、ロシアにとってのヨーロッパ側不凍港たるオデッサやヤルタを有するなど、ロシアにとっての重要地域とみなされていく。
ロシア帝国滅亡後に独立したが、ロシア新政権の赤軍の侵略を受け、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国としてソ連に統合された。
1991年のソ連崩壊後、ウクライナは民主主義国家として独立した。

ソ連共和国時代に事故を起こしたチェルノブイリ原発が存在しロシアと共同で対処を進めている。
2004年に大統領選挙の混乱から「オレンジ革命」が起こった。2006年にティモシェンコ氏が初の女性大統領として就任。
2013年EU編入を巡って親露派のヤヌコヴィッチ大統領率いる政権と親欧米派の野党と民衆が対立し国を二分する騒乱に発展。
2014年に大統領がロシアに亡命して政権は親欧米派に代わるが、この機に乗じてロシアがクリミア半島クリミア自治区に軍事介入し、「クリミア共和国」として分離独立させてロシアに帰属。この対応をめぐって欧米諸国も巻き込んだ騒動となっている。
さらに東部地域でロシア編入を掲げて親露派が一方的に独立宣言し、暫定政権の大統領選挙を阻もうと混乱が広がり、国家分裂の危機に瀕している。
原因としては色々あるが、ロシアが元々低価格で販売していたガス代金の滞納を始めていた件が2004年からずっと続いており、これが最終的に18億ドル以上にもなっていた。
加えてロシアに対して30億ドルの負債があり、西側陣営への投資がほとんど失敗に終わっていた。ウクライナも東西の周辺国に迷惑をかけながら、泥縄の様な政治を長年続けており、ロシアはそれをずっと我慢していたのである。
2014年の大統領選挙にてペトロ・ポロシェンコ氏が勝利し、ヴィクトル・ヤヌコーヴィチの後を継ぎ、脱ロシア政策をとった。しかし、汚職は減らない上、ドネツク人民共和国ルガンスク人民共和国との内戦も泥沼化したため、支持率は低下していた。
2019年の大統領選挙においては、ユダヤ系ウクライナ人のお笑い芸人だったヴォロディミール・ゼレンスキー氏が、圧倒的多数で当時の大統領のペトロ・ポロシェンコ氏を破り、第6代大統領に就任している。

余談ではあるがウクライナの財務状況は悪く、近い将来に債務不履行(デフォルト)する予定である。
因みにAIIBには一般参加国として加盟している。

AxisPowersヘタリア』に登場するキャラクターについてはこちら→とばっちり子
pixivでは主にこちらの意味での使用が多い。

ロシアとの関係

基本的には上述の通りだが、そうは言い切れない部分もある。
というのも、東部地方に関してはロシア系の住民も多く、それがロシア軍事介入の口実ともなったためである。
このほか、ウクライナはポーランド側支配が長かった西部とロシア支配の長かった東部とで世論や宗教にかなり違いがあるとのことである。

関連キャラクター

ナターシャ(ズヴィズダー)
トカマク・ロブスキー(聖戦士ダンバイン)
明石タギル (デジモンクロスウォーズ~時を駆ける少年ハンターたち~)
デンジ (ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ)

関連項目

 ヨーロッパ 東欧
ソ連 ロシア ベラルーシ クリミア/クリミア半島/クリミア共和国
ウクライナ人 ペトロ・ポロシェンコ ヴォロディミール・ゼレンスキー

関連記事

親記事

東欧 とうおう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウクライナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1326426

コメント