ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

「東方教会」と呼ばれる教会の一つであり、主に中東東ヨーロッパ西アジアロシアに広がっている。
教派名に「○○正教会」とつく教派は複数あり(非カルケドン派、東方諸教会と呼ばれる諸教派)、それらと区別する場合「東方正教会」とも呼ばれる。

この項目では東方正教会について記述する。但し書きがない限り「正教会」はこの教派を指す。

教義・教え

神の唯一性三位一体性を信じる伝統的キリスト教。

西方教会と異なり、三位一体のうち聖霊が子(イエス・キリスト、イイスス・ハリストス)からも発するとはせず、父なる神からのみ発するとみなす。
この違いはカトリック教会との分裂の一因にもなった。

機密(ミュステーリオン)

神秘を意味するミステリーと同源の言葉であり、イエス・キリストが信徒たちの霊魂に恵みを与えるという神秘という含意がある。
「キリストのからだ」とされる教会もまた「機密」である。機密はまた、正教会における儀式の名称である。

初代キリスト教会から分裂した兄弟にあたるカトリックに伝わる「秘蹟」とはそれぞれの儀礼の宗教上の機能は似通っており対応関係があるが(例:聖体礼儀とミサ)儀式としての形式には違いがあり、それぞれを同一視したり、正教会側の機密をカトリック含む他教派の儀礼の名称で呼ぶことは誤りである。

聖伝

正教会では聖書は聖伝(伝承)の一部とみなしており、「聖書と聖伝」という形で対置するカトリックと異なっている。

聖書の範囲

正教会では、旧約聖書のリストについては「七十人訳(セプトゥアギンタ)」というユダヤ人によるギリシャ語訳を典拠としている。
七十人訳聖書には現在のユダヤ教においては切り捨てられた部分も含まれており、それらは一般的に「外典」と呼ばれている。
正教会においてはそれらを聖典とするが、あくまで「外典」として扱われ、カトリックのように「第二正典」というような呼び方をしない。
正典ではないため、宗教書として読まれはするが、そこから直接教義の根拠とされることはない。

正教会の聖書に含まれるのは、ユダヤ教プロテスタントにおける旧約聖書39巻(ユダヤ教では数え方が違うが範囲と内容は同じである)と新約聖書27巻。カトリックで第二正典とされる7巻。さらに『ギリシャ語エズラ記』『マナセの祈り』『第三マカバイ記』である。
「新共同訳 旧約続編つき」なら『第三マカバイ記』以外は全て読むことができる。

セプトゥアギンタには元々存在する文書への追加部分も含まれるが、ダニエル書とエステル記については認められるが詩篇の151篇は認められていない。

この他、同じ文書でも他教派とは名称自体が異なっているものがあり、他教派では『サムエル記』の上下巻とされる書が正教会では『列王記』の一、二巻とされる。サムエル記の次に収録されている『列王記』上下は正教会では三、四巻という扱いである。

聖書解釈においては考古学等の学術的成果や、聖書への文献学的批判を必ずしも否定しないという顔も持つ。
聖書の読みも直解主義をとらず、比喩的にも読む。そのため「キリスト教根本主義(原理主義)」と呼ばれる人々とは解釈が異なる。
これはカトリックも同じである。

正教会の組織、共同体

カトリックと異なり、妻帯したまま司祭になれるが、司祭になった後の結婚はできない。
カトリック同様女性司祭は認めない。

カトリックにおけるローマ教皇のような一人のトップは存在せず、最高位の聖職者である総主教たちの地位は同じである。
「全地の総主教」と呼ばれるコンスタンディヌーポリ総主教もそうである。「全地の総主教」としての上位性はあくまで名誉的なものである。

正教会の教会組織、共同体は国や地域ごとに展開され、それぞれに首座司教という指導者が置かれている。それぞれの教会と首座司教は他と地位的に変わるところがない。
こうした教会の在り方を、正教会は初代教会以来のものであると考えている。

国や地域ごとに展開した正教会の教会は「○○正教会」という名称となるが、同じ教派であり、別の教派が誕生しているわけではない。信じている教えは全く同一である。
そのためロシアに展開する「ロシア正教会」やその信仰を「ロシア正教」と呼んだりするのは誤りとなる。

プロテスタントとの違いは原罪理解、悪理解、人間理解、贖罪理解、三位一体の違いなどが上げられる。

歴史

ローマ帝国の東西分裂、そして西ローマ帝国滅亡により、東西の教会は分断された状態となり、交流が乏しいまま数百年が経った。
その間にローマ教皇の首上権、三位一体のうち聖霊が父なる神からだけでなく子なる神からも発するか、妻帯した者は司祭になれるか、等の見解についての相違点が積み重なっていった。
そして1054年、東ローマ帝国圏のコンスタンティノポリスローマ総主教座(教皇)が、互いに破門を言い渡し、キリスト教徒の共同体は東西に分裂した。
これが「大分裂」である。
この相互破門は現在では解かれており、カトリック教会で正教徒が聖体と聖血をいただく儀式に参加できるが、正教会側はカトリック信徒(他教派キリスト教徒も)にそれを許可していない。

大分裂後、西方のローマ・カトリック教会に対して、正(オーソドックス)教会として発展。

15世紀、ギリシャ正教会オスマン帝国の支配を受けるようになると、教勢の中心はロシア正教会に移った。

日本には文久元年(1861)ロシアの司教ニコライによって伝えられた。
日本ではギリシャ正教会または単に正教会ともいう。

プロテスタントとの違い

正教会はプロテスタントなどと異なる部分が多く、キリスト教を知るには以下の違いがある。
特に悪に対する理解の違いが明白に異なる。

原罪・悪理解の違い

  1. プロテスタント⇒人間本性は悪である。人間は犯罪者である。


アメリカ合衆国ドイツ等が中心のプロテスタントは、性悪説が強い傾向がある。
こちらは生物学的な遺伝で決めつける傾向があり、悪魔的な教義が強くなりやすい。
故にカルトとして問題になっている統一教会もプロテスタントの影響を継いでいる。

  1. 正教会⇒人間本性は悪ではない、習性が悪である。人間は意思の病である。

こちらは遺伝ではなく、自分自身の方向性が悪にもなり得る事であり、個人の自由意思がそれを決める傾向が強い。
故に自身の行いを気を付ければ良い方向へと進められることを教義にしている。

人間理解の違い


  1. プロテスタント

人間の罪を強調するあまり、人間は罪を犯し堕落したので完全に恵みを失い、神の像を失い、善を求める意思もなくなった考えが強い。

更に男女の性についても来世まで続くと言う教義の為、同性愛には厳しい。

  1. 正教会

《似姿》は失われたが、《神の像・断片》は失われておらず、善を求める本性的意思も失われていないとする。もし、失われてたのなら罪の啊責や矛盾を感じるものである。正教は人間を信者、未信者、健常者、障害者でも《神の像》として尊重し、尊敬する。
(「共働(きょうどう)」と言われている。)

男女の性についても性は救いの為の一手段しか過ぎないと考えている。

贖罪理解の違い


プロテスタント正教会
  1. 神と人間の対立構造。人間は自分の罪と言うキリストの犠牲によって支払ったので、悪いのは人間である。
  2. キリストはあくまでも、人間側からの供え物。犠牲である。
  3. 罪が赦されるかどうかが中心課題であり、法律的である。
  4. 信じ切れば赦される。
  1. 神と悪魔の対立構造。人間は悪魔に騙されたのであって、人間は悪魔の支配下に入っている。神は悪魔を滅ぼして人間を解放した。
  2. キリストはあくまでも神として悪魔と戦う。贖罪の罪は、三位一体の神の業である。
  3. 死と罪と悪の滅びが中心課題になる。
  4. キリストと一体になることで命・赦し・天国をいただく。

三位一体の違い


プロテスタント正教会
  1. 三位一体を正しく理解できない。プロテスタントの中には、知らないで異端を進行している者もいる。バランスが失われている。
  2. ユダヤ教的であり、父のみを強調する。「父なる神」と祈る傾向が強い。《三位一体》ではなく《唯一神信仰》である。
  3. キリストの神性より人間性を強調する。バランスが失われている。
  4. 聖霊に関しても単なる上からの力であると思っている。
  5. 父と子と聖霊の働きがバラバラである。
  1. オーソドックスとはオルソス(正しく)とドクサ(栄光・賛美)からなっている。三位一体を正しく賛美する教会と言う意味である。
  2. 父と子と聖霊を決して分離しない。三位一体がしっかりしている。
  3. キリストの神性と人間性のバランスが取れている。

信仰三原則の違い

プロテスタント正教会
  1. 信仰のみ
  2. 聖書のみ
  3. 恵みのみ
  1. 信仰と行いのバランス。
  2. 聖伝のみ(聖書は、聖伝の中で最高の位置付けである。)
  3. 恵みと自由意思のバランス。


これらを見るとプロテスタントは偏っている上に、遺伝的教義が強く、性悪説要素が強い。
対称的に正教会はバランスがとられており、習性を重視し、性善説が強い。

関連

※振り分け
ビザンティン帝国トルコ
東ローマ帝国ローマ帝国
ビザンツ帝国地中海世界
ロシア
モスクワ

関連記事

親記事

キリスト教 きりすときょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「正教会」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2642

コメント