ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

アヤソフィアとは、トルコイスタンブールにある建築物である。ハギアソフィアとも呼ばれる。ユネスコ世界文化遺産に登録。
ローマ帝国の時代にキリスト教の大聖堂として建造され、焼失を経て皇帝ユスティニアヌス1世によって再建されたのが現在の建物。コンスタンティノポリス総主教座、全地総主教座となり正教会の総本山であった。たが、後にオスマン帝国による支配でモスクに改造され、のちに博物館となったあと、モスクに戻った。
ビザンチン建築の象徴とされ、中央に大きなドームがあることが特徴となっている。また、内部は無数のキリスト教的あるいは東ローマ帝国に関するモザイクで飾られていた。しかしオスマンの征服後は、イスラム教の厳しい偶像崇拝禁止慣習によってこれらのモザイクは厚く漆喰で覆われていた。今世紀になって博物館となり、ようやくモザイクの修復が始まったが、近年の再モスク化によりこれらの美術作品がどうなるのか、世界の懸念と注目が集まっている。

歴史

360年コンスタンティウス2世の手によって建設
404年焼失。後、テオドシウス2世によって再建
532年ニカの乱により焼失
537年ユスティニアヌス帝により再建
1204年カトリックにより占領
1261年カトリックからビザンツ帝国が奪還
1453年オスマン帝国により占領。モスクに改造される
1934年アタテュルクにより博物館になる
1985年世界文化遺産に登録
2020年エルドアン政権においてモスクに復帰


別名・表記ゆれ

ハギアソフィア

関連タグ

キリスト教 イスラム教
ブルーモスク

関連記事

親記事

イスタンブール いすたんぶーる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アヤソフィア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 581

コメント