ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

アヤソフィアとは、トルコイスタンブールにある建築物である。ハギアソフィアとも呼ばれる。ユネスコ世界文化遺産に登録。
キリスト教の大聖堂として建造されたが、オスマン帝国による支配でモスクに改造され、現在は博物館となっている。度々焼失したり崩壊したりしているため、その度に修復、再建されている。
ビザンチン建築の象徴とされ、中央に大きなドームがあることが特徴となっている。

歴史

360年コンスタンティウス2世の手によって建設
404年焼失。後、テオドシウス2世によって再建
532年ニカの乱により焼失
537年ユスティニアヌス帝により再建
1204年カトリックにより占領
1261年カトリックからビザンツ帝国が奪還
1453年オスマン帝国により占領。モスクに改造される
1934年アタテュルクにより博物館になる
1985年世界文化遺産に登録


別名・表記ゆれ

ハギアソフィア

関連タグ

キリスト教 イスラム教
ブルーモスク

関連記事

親記事

トルコ とるこ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アヤソフィア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13

コメント