ピクシブ百科事典

ムスタファ・ケマル

とるこのちち

トルコ共和国の建国の父

ムスタファ・ケマルトルコ軍人政治家(1881~1938)。独裁者として国民国家・トルコ共和国を築いた、トルコ建国の父。

オスマン帝国陸軍の将軍として、第一次世界大戦で首都イスタンブールを直接衝こうとした英仏連合軍を撃退(ガリポリ上陸作戦)、一躍英雄となる。オスマン帝国が大戦に敗北したのちは、トルコ革命を指導して帝国を倒し、ギリシャの侵攻を撃退、1923年トルコ共和国建国を宣言し、初代大統領に就いた。就任後は欧化政策を進め、文字をアラビア文字からラテン文字に改め、国民すべてに姓を持つよう義務付けた。アタチュルクは「父なるトルコ人」という意味で、大統領就任後に議会から敬意を込めて付けられた。1938年死去。自らのカリスマに依存した統治を行った独裁者ではあるが、独裁の限界も認識しており、没後は集団指導体制への移行を促した。

現在トルコ国内には町の広場にアタチュルクの銅像が建てられていたり、通りの名前になっている他、紙幣の肖像画や空港の名前(アタチュルク国際空港)や大学(アタチュルク大学)にもなっているほど国民から敬愛されている。因みに、公の場でアタチュルクを侮辱すると、罪に問われるので注意が必要である。

pixivに投稿された作品 pixivで「ムスタファ・ケマル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1290

コメント