ピクシブ百科事典

ムスタファ・ケマル

とるこのちち

トルコ共和国の建国の父。 ここではもっとも知られるアタテュルクで統一する。
目次[非表示]

概要

ムスタファ・ケマルトルコ軍人政治家(1881~1938)。独裁者として国民国家・トルコ共和国を築いた、トルコ建国の父。

オスマン帝国陸軍の将軍として、第一次世界大戦で首都イスタンブールを直接衝こうとした英仏連合軍を撃退(ガリポリ上陸作戦)、一躍英雄となる。オスマン帝国が大戦に敗北したのちは、トルコ革命を指導して帝国を倒し、ギリシャの侵攻を撃退、1923年トルコ共和国建国を宣言し、初代大統領に就いた。就任後は欧化政策を進め、文字をアラビア文字からラテン文字に改め、国民すべてに姓を持つよう義務付けた。1938年死去。自らのカリスマに依存した統治を行った独裁者ではあるが、独裁の限界も認識しており、没後は集団指導体制への移行を促した。

オスマン帝国海軍


エルトゥールル号遭難事件において日本から義捐金を携えて渡ってきた山田寅次郎(後にトルコにおいて教師として活動もしていた実業家)の教え子の一人だったとされており、山田氏とも交流があったという。

現在トルコ国内には町の広場にアタテュルクの銅像が建てられていたり、通りの名前になっている他、紙幣の肖像画や空港の名前(アタテュルク国際空港)や大学(アタテュルク大学)にもなっているほど国民から敬愛されている。小学校の道徳教育でも、彼を称える歌が愛国心の象徴として用いられるほど。因みに、公の場でアタテュルクを侮辱すると、罪に問われるので注意が必要である。

宗教政策

炎の最前線:戦場


そんな偉業を成し遂げ、一人で明治維新をやったような男とも評されるアタテュルクであるが、業績の巨大さ故に、毀誉褒貶も激しい。特に、イスラム教を弾圧したことは、国民の98%がムスリムのトルコで大きく賛否両論を分けている。

並び称される明治維新において、初期には皇室廃止論や仮名文字廃止論などの実現されなかった愚策があったが、アタテュルクの場合は実際にカリフ制を廃止し、アラビア文字も廃止してしまった。このため、現代トルコ文語は短期間で大きく変容しており、1920年頃の活字文献でさえ、翻訳がないと読めないという国民が多い。

モスクの冷遇に始まり、宗教的発言の規制や民族衣装の着用禁止など、現代からすると行き過ぎとも取れる弾圧も行われた。今やトルコは、元オスマン帝国というイスラム文化の中心地でありながら、中東で最もイスラム文化が廃れた地となっている。

反発、そして

そのうちフェズ帽もOK?


伝統的・保守的イスラム文化を愛する国民は、近代化を歓迎しつつも大きな不満を抱えてきた。そして、そういった不満に対し、叩き上げの将軍であるアタテュルクは、武力による鎮圧を選んだ。官民ともに、イスラム教を懐かしんだかどで投獄されたムスリムは数知れず。現在、トルコでは懐古主義と揶揄されるエルドアン大統領が地方のイスラム教徒を熱狂的支持を得ているが、その支持には、アタテュルクの宗教弾圧に対する反発が大きく影響している。

しかしながら、こういった強権的手法によって停滞が解除され、近代化が急進し、富国強兵に繋がったのも事実である。良くも悪くも、トルコ不世出の巨人であったことは疑いがない。まさに近代トルコの父、アタテュルクなのである。

名前の変遷

アタテュルクは生涯に渡り名前を何度か変えている。最初は他のトルコ人同様「アリの息子ムスタファ」と父の名を加えて名乗っていたが、幼年兵学校の教官が数学が得意なことを評価して「完全な」を意味する「ケマル」という渾名を与えて以降、「ムスタファ・ケマル」と名乗るようになった。

次いで戦争の英雄として讃えられるようになると、文武の高官の称号である「パシャ」を与えられると「ムスタファ・ケマル・パシャ」と呼ばれるようになる。トルコの著名な愛国歌「İzmir Marşı(イズミル行進曲)」はこの頃作られたもので、「Yaşa Mustafa Kemal Paşa yaşa(万歳、ムスタファ・ケマル将軍万歳)」という歌詞がある。

トルコ共和国樹立後、その功績をたたえられて「父なるトルコ人」を意味する「アタテュルク」姓を贈られて「ムスタファ・ケマル・アタテュルク」と名乗るようになった。
死亡時の彼の名を敢えて和訳すると「神に選ばれし、完全な父なるトルコ人」といった風になる。


人物

彼の人柄や私生活には謎が多い。トルコ政府が彼を国家の象徴にするために好ましいエピソードばかりを残したためである。
それらの検閲から漏れた逸話からは、大変な女好き、酒好きであったことが伺える。特に酒の逸話は有名で、ストレスや疲労を感じるとすぐに酒に逃げる悪癖により肝硬変を患い、医師に「酒のせいではない」と診断書に書かせようとして呆れられたという話が残っている。

白黒写真しか残っていないため想像しづらいが、彼はダークブロンドヘアーと明るい碧眼の持ち主だった。

関連記事

親記事

トルコ とるこ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ムスタファ・ケマル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2656

コメント