ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

正式名称はパレスチナ国。

ヨルダン川西岸地区とガザ地区を同地域の領土とする。

主張する首都は東エルサレムだが事実上の首都はラマッラー。最大都市はガザ


国連加盟国の過半数が国家承認しているが、G7をはじめとして承認していない国家も多く、特にヨーロッパでは殆どの国が承認していない。

2012年11月29日、国連総会にて「オブザーバー国家」と認められたが、国際連合に正式加盟できたわけではない。


歴史的パレスチナ編集

西アジアの東地中海海岸一帯を指す地域名。パレスチナは地中海の東岸一帯で、古くはレヴァントとも言われた、シリアの南部一帯をいう。かつてはユダヤ人(ヘブライ人)がイスラエル王国を造っていたが、前1世紀にローマ帝国領となりユダヤ人は離散し、その後、この地はイスラム化してアラブ系住民が居住するようになった。ところが離散した再び集結しアラブ系のパレスチナ人と衝突、パレスチナ問題が起こった。


歴史編集

イスラエル国も参照

参考動画


起源編集

パレスチナ人の先祖の一部はペリシテ人と呼ばれる民族であった。パレスチナ国の名前の由来はこのペリシテ人に由来する。

パレスチナ地域には前3000年頃にさかのぼる青銅器文化段階の都市遺跡が多数発掘されている。この地は古くはカナンといわれ、カナン人が交易に従事し、都市国家を形成していた。前1500年頃にはエジプト新王国のトトメス3世が進出し、メギドの戦いでパレスチナを破る。以後はエジプトの支配下に入った。

そのころ、小アジアからヒッタイトが進出し、この地は両勢力の抗争の地となった。紀元前12世紀頃に東地中海に海の民が進出し、ヒッタイトが滅び、エジプト新王国が後退したことによって情勢は一変し、海の民の一派であるペリシテ人がこの地に鉄器を伝え、活動するようになった。そうしてペリシテ人の名からパレスチナという地名が起こった。ペリシテ人はヘブライ人と対立しながら、現在のガザ地区のアラブ人となっていった。


ヘブライ王国編集

前1500年頃から西北メソポタミアの地で遊牧生活を送っていたセム語系のヘブライ人が、カナンの地に移動し、さらにその一部はエジプト新王国のエジプトに移住して、奴隷の境遇に陥った。前13世紀の中ごろ、彼らは「出エジプト」を行い、パレスチナの地に戻っていくつかの部族に分かれて定住するようになった。

長期にわたる移住によってカナン人と同化したと考えられ、またペリシテ人との抗争の過程で統一国家建設が進み、ヘブライ王国を建設し、紀元前1003年、ダビデ王の時代に周囲を平定し、都エルサレムを建設した。次のソロモン王の時に大いに繁栄したが、その死後ヘブライ王国は南北に分裂して衰え、北のイスラエル王国は前722年にアッシリアに滅ぼされ、南のユダ王国は前587年に新バビロニアによって滅ぼされ、多くの住民がバビロンに連行されるバビロン捕囚の苦難を体験した。このころからヘブライ人はユダヤ人と言われるようになった。

この後バビロンはアケメネス朝ペルシアに滅ぼされ、ペルシアはアレキサンダー大王に滅ぼされ、その次はローマ帝国・・・と時の強国に翻弄されてゆく。


キリストの誕生編集

イエス・キリストが誕生。イエスは各地を回り、人々に教えを説いていった。

前4年のヘロデ王の死後、内紛がおき、ローマが直接介入することとなり、紀元6年にはローマの属州として支配されることになった。ローマ総督としてこの地を支配したのがポンティオ=ピラトで、彼がイエスを処刑した。後にイエスの弟子たちがアジアやヨーロッパへキリスト教を布教していく。


民族離散編集

紀元60年、ユダヤ州がローマ帝国に対し反乱を起こし、結果鎮圧され、民族離散(ディアスポラ)が起きる。ユダヤ人は世界各地に散らばることとなる。


イスラム化編集

7世紀にイスラム教勢力が勃興、正統カリフ時代の638年、エルサレムはイスラム教勢力によって征服された。これによってパレスチナにも急速にイスラム化した。イスラム教はアラビア語で書かれたクルアーンを聖典とし、アラビア語で教えを説いたので、この地の住民もアラビア語を話す人々、つまりアラブ人と同化していった。

だだし、ユダヤ教徒やキリスト教徒はいなくなったわけではなく、人頭税を払うことによってその宗教を守ることが許され、エルサレムは依然としてユダヤ教・キリスト教・イスラーム教にとっての聖地として存続し、彼らは混在して生活していた。また、ヨーロッパのキリスト教徒もエルサレムに巡礼に来ることもあった。その後10世紀には、パレスチナには、エジプトを征服したイスラム教国のファティマ朝の勢力が進出した。


十字軍編集

11世紀には中央アジアから移動したトルコ系のセルジューク朝が小アジアとパレスチナに侵入。コンスタンティノープルビザンツ帝国は強く圧迫されることになり、西ヨーロッパのキリスト教世界に救援を要請した。

当時、人口の増加期にあった西ヨーロッパのキリスト教世界でも、キリスト教の聖地エルサレムがセルジューク朝に占領されたことから、聖地回復を口実として十字軍運動を開始した。

1099年には、十字軍はキリスト教国エルサレム王国を建国した。しかし、1187年アイユーブ朝(エジプト)のサラディンによってイェルサレムを奪回されてからは次第に衰え、1291年、最後の拠点アッコンが陥落したことによって、パレスチナのキリスト教国は消滅した。

その後はオスマン帝国が台頭し、近代まで彼らの支配が続くこととなる。


列強の介入編集

近代に入り、オスマン帝国領へのイギリスフランスドイツ、ロシアなど列強の進出が強まり、さらに帝国主義段階には、オスマン領の分割競争が激化した。そのような中、ヨーロッパではナショナリズム(民族主義)が強まって各国内のユダヤ人に対する排除、差別などの反ユダヤ主義の風潮が高まった。フランスのドレフュス事件などがその例である。

それに対してヨーロッパのユダヤ人のなかにシオニズムという、パレスチナへの帰還とユダヤ国家建設を目指す運動が勃興、この地を巡って民族抗争と帝国主義列強の対立が絡んで複雑な情況が発生した。


第一次世界大戦編集

イギリスはオスマン帝国を倒すため、各国の支援を必要としていた。イギリスは戦後処理のために

  • フサイン・マクマホン条約(アラビア諸国の独立を約束)
  • サイクス・ピコ協定(フランス等への見返りを約束)
  • バルフォア宣言(ユダヤ人に対して居住地を約束)

とそれぞれに配慮した案をだした。

バルフォア宣言を行ったアーサー・バルフォアは、イギリスのウォルター・ロスチャイルド男爵に書簡を送る。バルフォアはのちにイスラエル初代大統領となるハイム・ヴァルツマンに感銘を受け、シオニズムを支援した。

第一次世界大戦後のセーヴル条約によって、イギリスとフランスはオスマン帝国領のアラブ地域を分割し、委任統治とすることにした。

パレスチナは1922年からイギリスの委任統治が始まり、ユダヤ人は約束に基づいてパレスチナの地に移住してきた。バルフォア宣言でユダヤ人に対する大戦後のパレスチナにおける「ホームランド」の建設を約束したが、それは必ずしも国家を意味するものではなく、また移住に際してはパレスチナ人(アラブ居住者)の権利を侵害しないことという条件が付けられていた。

当初のユダヤ人入植者はロシアとポーランドからが多く、すでに居住していたアラブ人(パレスチナ人)と共存していたが、ユダヤ人が増加し、貧しいアラブ農民が土地をユダヤ人に売却するケースも増え、次第に対立感情が醸成されていった。ユダヤ人入植者はキブツという集団農場を建設し、ハガナという軍事組織を持ってパレスチナ人との衝突に備えるようになり、両者の間には武力衝突も始まった。

その頃中東で相次いで石油の油田が発見され、イギリスは中東への関心を強め、アラブ人を懐柔するため、ユダヤ人の移住を制限し、パレスチナ人国家の建設を容認する提案をした(1937年のピール委員会分割案、39年のマクドナルド白書)が、ユダヤ人、パレスチナ人双方に拒絶され、その双方からのイギリス統治への反発からしばしば暴動が起こった。

この一連の政策は後に三枚舌外交と呼ばれ、昨今のパレスチナ問題の原因はイギリスにあるとされているのはこのため。


パレスチナの抵抗運動編集

イギリスの委任統治下でユダヤ人の入植が急増したことに対し、1920~30年代にパレスチナのアラブ人農民や労働者による大規模な抵抗運動が開始された。その指導者の一人シェイフ=カッサームは、ユダヤ人入植地とイギリス軍へのジハード(聖戦)を呼びかけ、1935年4月にイギリス軍と戦い、投降を拒否して戦死した。

その武闘路線はカッサーム同胞団などの青年グループに引き継がれ、36年からの「パレスチナ蜂起」となった。彼はパレスチナ革命に殉じた最初のフェダィーン(自己犠牲者)として後世に名を残し、1987年にガザ地区で勃発したインティファーダ(第一次)を指導したハマスの軍事部門はイッザッディン・カッサーム隊と名づけられている。

アラブ人の実力による抵抗にもかかわらずユダヤ人の入植はさらに増加した。背景には30年代のドイツのナチスドイツによるユダヤ人絶滅政策から逃れてきた人々が多かったことがある。またパレスチナのアラブ農民の中にもユダヤ人に土地を売却するものも多く、その入植地は急速に増えていった。

シオニストの攻勢に対するパレスチナの抵抗運動も組織的になっていったが、イギリスなど国際世論にはパレスチナを分割して両方の国家を建設する構想が浮上してきた。


中東戦争編集

第二次世界大戦後、ヨーロッパにおけるナチスドイツのホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)が明らかにされると、ユダヤ人への同情が集まり、パレスチナへの帰還と国家建設は国際的な支援を受けるようになった。しかしイギリス自身は、委任統治に対するユダヤ人、パレスチナ人双方からの不満に対処することにしだいに疲弊し、ついにアトリー内閣が委任統治期間終了に伴い撤兵。戦後の新たな国際紛争解決機関である国際連合にその解決を丸投げした。

1948年5月15日、イスラエルの独立宣言を受け、それを承認しない周辺のアラブ諸国のアラブ連盟加盟のシリア、レバノン、ヨルダン、イラク、エジプトの軍が一斉に侵攻し、戦争となった。これはパレスチナにおけるユダヤ人とアラブ人の対立から起こった民族紛争であり、パレスチナ戦争と言われたが、この戦争から始まった両者の戦争は断続的に4回にわたっているので、これを第一次中東戦争*とも言う。ただし、イスラエル側は「独立戦争」とよんでいる。

パレスチナ戦争は二度の停戦を経て1949年初めまで戦闘が続けられた。この戦争は国際連合が成立して最初の国際紛争であったが、国連調停官のベルナドッテ伯がエルサレムでユダヤ人武装集団に暗殺されるなど、困難が伴った。アラブ諸王国側はそれぞれ領土欲にかられて参戦したが、連携が無く、イスラエル軍に分断され、それぞれ別個の休戦協定を結んで終結した。しかし、アラブとイスラエルは、4次にわたり中東戦争を展開していくこととなる。

結局1948年6月14日、イスラエルが建国される。


第二次中東戦争編集

アラブ民族主義を掲げたエジプトのナセルは、イスラエルに対抗する国力の充実を図るため、ナイル川のアスワンハイダム建設などを目ざしたが、その自立志向を認めないイギリスに対して、スエズ運河国有化に踏み切った。

1956年、それを機にイスラエル&英仏軍がエジプトに侵攻し第二次中東戦争(スエズ戦争)が勃発した。国際世論はアラブ側に傾き、エジプトはスエズ運河国有化に成功した。

この後、国連軍がガザ地区とシナイ半島南端のシャルム=エル=シェイク(アカバ湾入り口)に駐屯して監視し、平和の維持をはかろうとした。しかし1963年、イスラエルがヨルダン川の水を一方的に分流してイスラエル南部のネゲブ砂漠に導水管を引く計画を実行に移すと、翌64年ナセルはカイロにアラブ首脳国会議(13ヵ国が参加)を召集、ヨルダン川の分流に対抗してアラブ側にも導水路を建設すること、パレスチナ解放機構を組織することを決定した。


第三次中東戦争編集

パレスチナ人によるゲリラ組織であるアル=ファタハがアラファトなどによって組織され、活動が始まった。イスラエルはパレスチナ=ゲリラに武器を提供しているとしてシリアを非難、シリアも反撃して衝突が繰り返された。

1967年、ナセルは国連軍の撤退を要求、アカバ湾を閉鎖してイスラエル船の航行を禁止、戦時態勢を整えた。イスラエル側も軍備を増強し、一触即発の状態となり、第三次中東戦争が勃発した。

イスラエルとパレスチナ両国はゴラン高原を巡り対戦。イスラエルが先制攻撃を仕掛け、6日戦争と言われる短期間に、シナイ半島・ヨルダン川西岸・ガザ地区などを占領する一方的勝利を収めた。これでナセルの権威は失墜し、間もなく死去した。

この戦いでパレスチナ難民が続出した。イスラエルとエジプトは消耗戦争とよばれる、断続的な砲撃戦が続いていくことになる。


第四次中東戦争編集

ナセルに代わったエジプトのサダト大統領は、1973年10月6日にイスラエルに対する奇襲攻撃を成功させ、世界を驚かせた。

この第四次中東戦争では、緒戦においてはじめて敗北したイスラエルは間もなく反撃したが、今度はアラブ諸国が「アラブの大義」を掲げて結束し、石油戦略を展開、有利な休戦に持ち込み、シナイ半島のエジプトへの返還の見通しとなった。しかし、ガザ地区やヨルダン川西岸にはイスラエル人の入植が進み、そこからの撤退は認めなかった。


PLOとの戦い編集

アラファト率いるPLOはヨルダンを拠点としていた。ヨルダン王国政府はPLOが王政打倒に向かうことを恐れ、1970年9月16日にPLO排除をねらいその拠点の難民キャンプを襲撃、一般市民もふくめて多数の犠牲者が出た。このヨルダン内戦(パレスチナ側は黒い9月)は、アラブ同士の戦いとなったので、エジプトのナセルが和平交渉を仲介しようとしたが、彼は同月28日に急死したためまとまらず、やむなくPLOはレバノンに本拠を移動させた。70年代にはミュンヘン五輪での爆破テロ、エンテベ空港事件などを起こす。

1982年イスラエルはレバノンに侵攻し、PLOに対して徹底した攻撃を仕掛けた。これを第五次中東戦争と呼ぶこともある。その結果、PLOはベイルートを維持できなくなり、チュニジアに本拠を移動させた。


アラファトの和平編集

このようなパレスチナ側の運動の手詰まりを打開したのが、1987年12月、ガザ地区のパレスチナ人民衆の中から始まったインティファーダ(民衆蜂起)であった。いままでの軍隊同士の闘いではハイテク武装したイスラエル軍が圧倒的に有利であったが、女性や子供も含む民衆が武器を持たずに立ち上がるという形態にはイスラエルも手を焼き、中東和平を望む国際世論を無視できなくなった。

また一方で1988年11月15日、PLOはパレスチナ国家樹立を宣言するとともに議長アラファトが国連総会で演説してイスラエルの存在を認め、テロ活動停止を表明し方向を転換し、和平交渉につながっていく。

ところが湾岸戦争でイラクのサダム・フセインを支持したことで湾岸産油国からの支援が打ち切られた。事態を打破すべくイスラエルとの対話を示す穏健姿勢を見せることで再開。


オスロ合意編集

イスラエル建国から続いていたイスラエルとパレスチナの紛争を終わらせて2国家を共存させるため、1993年9月ノルウェー首都オスロで結ばれた合意。イスラエル軍が占領したガザ、ヨルダン川西岸の両地区から撤退し、パレスチナ側が一時的に自治を行なうことなどを定めた。

94年にアラファトはノーベル平和賞を受賞するが、イスラエル側でイツハク・ラビンが暗殺され、和平への道が途絶える。


近況編集

2018年、オスロ合意から25年が経ったが、イスラエルが支配地を拡大する一方、イスラエル寄りの米政権の政策などによって、合意は守られず和平にはほど遠い。

そしてハマスが台頭。イスラエルとパレスチナは今でもミサイルを飛ばし合い、骨肉の紛争を繰り広げている。


文化編集

パレスチナの文化は、パレスチナの歴史的地域に存在してきた多様な文化や宗教の影響を受けている。パレスチナの文化的および言語的遺産は、アラビアの要素と、何千年にもわたってこの土地とその人々を支配するようになった外国文化の両方が融合したものである。


サッカー編集

パレスチナ国内ではサッカーが最も人気のスポーツとなっており、2010年にプロリーグのウェストバンク・プレミアリーグが創設された。

シャバーブ・アル・ハリールSCがリーグ最多6度の優勝を達成している。パレスチナサッカー協会(PFA)によって構成されるサッカーパレスチナ代表は、これまでFIFAワールドカップには未出場であるが、AFCアジアカップには2015大会、2019大会、2023年大会と3度の出場経験をもつ。


食文化編集

パレスチナの料理は、パレスチナ地域に定住した文明の文化の拡散であり、特にアラブのウマイヤ朝の征服に始まり、最終的にはペルシアの影響を受けたアッバース朝、そしてトルコ料理の強い影響で終わる。

レバノン料理、シリア料理、ヨルダン料理など、レバント料理に似ている。


国際関係編集

日本との関係編集

国交が成立していないため、日本国内にパレスチナの大使館は設置されていない。ただし常駐総代表部が設置されており、それが事実上大使館の機能を有している。

またかつては日本の突撃番組電波少年にて、アラファト議長と面会する特集を敢行。松本明子がアラファト議長に面会し、抱きつくところまで成功した。なお、後にダウンタウンDXで松本が明かしたところによると「アラファト議長とハグをした時、護衛の兵士が持っていた機関銃の安全装置をカチャと外していた」と衝撃的な舞台裏を告白。

日本赤軍の起こした「テルアビブ銃乱射事件」は、中東のイスラム過激派が唱えるジハードに大きく影響を与えたといわれる。


イスラエルとの関係編集

不倶戴天の敵。旧約聖書にはペリシテ人とヘブライ人の戦いが随所に描かれる。各国のメディアではパレスチナ寄りの偏向報道がなされる。

しかしエルサレムから50キロ離れたところにあるネーベ・シャロン(ヘブライ語で新しい平和。「Neve Shalom」と打たないと検索でヒットしない)村という、ユダヤ人とアラブ人が共存して暮らす村がある。この村は平和のモデルとして注目を集めている。パレスチナとイスラエルが手を取り合う日は来るのだろうか?

アメリカとの関係編集

アメリカ国内では民主党支持者の間では擁護論があるが、共和党支持者にとっては敵というべき存在。共和党色の強い会社の所属者がSNSパレスチナを擁護する意見を発すると普通に解雇事案となる。


国歌編集

パレスチナ国国家


パレスチナ出身者編集

政治家編集

⋯1920〜30年代のパレスチナ指導者。アミーン・フサイニー。ナチスに対しユダヤ人絶滅を唆したとされる。事実彼は多くのユダヤ人虐殺事件を扇動している。

⋯2代目大統領、初代首相。パレスチナ難民の帰還権について大幅に譲歩するとも受け取れる発言をした。


  • ゴリアテ⋯神話に伝わる巨人。カエルや戦車などに名前を残す。

関連作品編集

映画編集

  • パレスチナのピアニスト(2022年)
  • キプールの記憶(2000年)
  • 戦場記者(2022年)


書籍編集

  • ハマスの息子⋯ハマス創設者のひとり、モサブ・ハッサン・ユーセフ著

番組・ドキュメンタリー編集


関連動画編集

聖書入門comパレスチナ人はペリシテ人の子孫ですか?


関連タグ編集

オリエント イスラエル国 ガザ地区 第一次世界大戦 中東戦争 アブラハムの宗教 パレスチナ問題


参考サイト編集

⋯イスラエルの物資支援をしているキリスト教団体。パレスチナにも支援をしている。

関連記事

親記事

中東 ちゅうとう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 258998

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました