ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

1948年から1974年にかけて中東で起こった4度の戦争の総称。主にイスラエルアラブ諸国(エジプトシリアヨルダンイラクレバノンサウジアラビアなど)、さらに双方の支援国によって起こっている。
この度々起こった中東での戦争によって、その地域で産出される石油が輸出できなくなり、世界中でオイルショックが起こり、各国の経済を減速させた。

背景

パレスチナユダヤ教キリスト教イスラム教の三者にとって聖地であり、現地では一応の共存状態は保たれていた。しかし第一次世界大戦イギリスユダヤ人アラブ人の双方から協力を得るために、パレスチナを双方の領地にすると矛盾した約束をし、さらに戦後はイギリス領とし、ユダヤ人入植を加速させ、双方の対立は増していった。

第一次中東戦争

第二次世界大戦後。ナチス・ドイツホロコーストで迫害を受けたユダヤ人難民は「約束の地」パレスチナへ次々に入植し、アラブ人との対立はさらに悪化。イギリスは問題を国連に託し、イギリスは統治を放棄。1947年にパレスチナ分割案が採択され、翌年にはイスラエルが独立。これに反発した周辺のアラブ諸国が連合を組んでイスラエルに侵攻した。アラブ側15万に対しイスラエルは3万弱と数ではアラブ側が圧倒していたが、アラブ側の連合は足並みが揃わず、さらにイスラエル側は欧州から入手した最新兵器を用いて攻撃し、イスラエルが優位になり、1949年に停戦合意された。

第二次中東戦争

1956年。スエズ戦争とも。エジプトで建設中のアスワン・ハイ・ダムに米英が協力を中断し、これに怒ったナセル大統領は報復としてスエズ運河の国有化を一方的に宣言。これに対して英仏がイスラエルを煽って戦争を仕掛けさせ、英仏も後で仲介役になるために参戦した。ソ連の支援を受けていたエジプトは敗れてシナイ半島のほとんどをイスラエルが制圧。しかし、イスラエル側によるこの攻撃に米ソをはじめ国際的に非難が沸き起こり、国連の停戦決議を受け、英仏はエジプトのスエズ運河国有化を受け入れた。

第三次中東戦争

1967年。ゴラン高原でのユダヤ入植にアラブ側が反発し、イスラエルはアラブ諸国の空軍基地に先制攻撃。数日で停戦したが、イスラエルは領土を4倍に拡大させた。

第四次中東戦争

1973年。エジプトはシリアと組んでイスラエルに先制攻撃を仕掛け、前戦争での失地回復を図った。シナイ半島に攻め入り、スエズ運河東岸を占有。これにイスラエル側の反撃が始まり、シナイ半島を再占領。始まってから半月後にアメリカの仲介で停戦。

その後

イスラエルとアラブの戦いとしての大規模な戦争は起こっていない。理由としてはエジプトがイスラエルとの外交方針を転換し、友好関係を結んだことでアラブ側の連携は崩れた。また、イランで1979年にイスラム原理主義を掲げるイスラム革命が起こり、反近代的方針にアラブ諸国や米ソが警戒し、1981年にはイラン・イラク戦争が起こった。これらのことから中東戦争は起こることは無くなった。
和平交渉は何度もされたが、アラブとユダヤの対立による紛争は繰り返され、さらに湾岸戦争アフガニスタン戦争イラク戦争ISISなどの混乱や戦争が続いている。

関連タグ

戦争 冷戦 中東 アラブ イスラム教 イスラエル ユダヤユダヤ人 ユダヤ教

関連記事

親記事

戦争 せんそう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「中東戦争」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3706

コメント