ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

周恩来(簡体字:周恩来、英語:Zhou Enlai、チョウ・エンライ、1898年3月5日 – 1976年1月8日)は、中華人民共和国の政治家、革命家。1949年10月から1976年1月まで政務院総理(1954年9月に国務院総理となる。)を務め、外交部長、中国人民政治協商会議主席を兼任した。1966年5月の文化大革命の時期も失脚しなかった事などから、不倒翁(起き上がり小法師)の異名がある。

経歴

1898年3月5日に清の江蘇省淮安府に誕生した、1917年に日本に留学し、その後は1919年4月に帰国して南開大学文学部に入学したが、その直後に五・四運動が発生し、学生運動のリーダーとなって頭角を現していく。1920年11月にフランスに留学し、1924年に帰国した。なお1922年6月から1923年6月まで青年共産党、1923年6月から1927年4月まで国民党に所属していた。

1949年10月の中華人民共和国の建国と共に政務院総理に就任し、1954年9月に国務院総理になった後も1976年1月まで同職にあった。在任中は1954年12月に中国人民政治協商会議主席、1958年2月まで外交部長を兼任した。

1976年1月8日に北京市の中国人民解放軍第三〇五医院にて、77歳で死去した。遺骸は本人の希望により火葬され、遺骨は飛行機で中国の大地に散布された。これらは生前に妻の鄧穎超と互いに約束していた事であった。

外交

日本

1972年9月に訪問した田中角栄首相と会談し、日中共同声明を発表した。

アメリカ合衆国

1972年2月にリチャード・ニクソン大統領が訪問し、毛沢東主席と共に会談した。

ムダヅモ無き改革

ネオ中華ソビエト共和国の一員として登場。毛沢東のパートナーとして着替えの服を用意するなどのサポートをした。しかしそれらは全て演技で、実際は娘の孫維世と弟の周恩寿を逮捕させられた恨みにより毛沢東を恨み、そのまま毛沢東を呼び捨てにした。毛沢東が罵詈暴言にキレた時に、テレパシーでダライ・ラマ14世に毛沢東を倒す事を依頼した。承諾したダライ・ラマ14世は清老頭四暗刻単騎をあがった。清老頭四暗刻単騎のショックにより毛沢東は他界した。毛沢東の死を見届けた後は砂化した。1976年9月に他界した毛沢東は天界の他化自在天に輪廻転生して天人になるが、数万年生きた後は天人五衰を味わい、阿鼻地獄へ行き何千京年も責め苦を受ける未来が待っている。

家族

1925年8月に鄧穎超と結婚した。2度の流産により不妊症となり、それ以来国民党勢力に殺害された共産党員の遺児を養子として養育した。この中には後に国務院総理となる李鵬などがいる。

関連タグ

毛沢東 江青 中国

関連記事

親記事

毛沢東 もうたくとう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「周恩来」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10214

コメント