ピクシブ百科事典

ゲッターロボアーク

げったーろぼあーく

石川賢の「ゲッターロボサーガ」最終章。掲載誌のスーパーロボットマガジンの休刊により未完となってしまった。
目次[非表示]

ゲッターロボアークとは

アーク
キリク


カーン



概要

ゲッターロボアークとはゲッターロボ・サーガ最終章にして未完の作品である。掲載していた雑誌が廃刊となり、致し方なく「第一部完」という形で終わった(石川賢作品では日常茶飯事だが)。
その後著者の石川賢が去る2006年に鬼籍に入ってしまったため永遠に未完となってしまった。

ストーリー

前作「ゲッターロボ號」から十数年後、アンドロメダ流国の地球侵略に対抗して強化武装した早乙女研究所では日夜激戦が繰り広げられていた。そんなある日、早乙女研究所の鬼司令官・神隼人のもとに一人の青年が現れた。彼こそは真ゲッターロボとともに火星へと飛び立った流竜馬の忘れ形見、流拓馬。早乙女博士最後の遺産・ゲッターロボアークのパイロットに選ばれた拓馬とアンドロメダ流国との熾烈な戦いが始まったのである!!

メカニック

ゲッターロボアーク

早乙女博士が直接開発した最後のゲッターとされる機体。

ゲッターアーク

流拓馬が搭乗。ビームとトマホークに加え、針のような形状のウイングから電撃を放つ「サンダーボンバー」、鋭い爪や牙など独自の武装を駆使する。
デビルマンに似た頭部が特徴。

ゲッターキリク

ハチュウ人類と人間のハーフであるカムイが搭乗。ゲッター2系列の中でも特に刺々しくボリュームのある機体。

ゲッターカーン

前作に登場したメシア・タイールの弟、山岸獏が搭乗。巨大なスパイクタイヤのような形態に変形する。

ゲッターザウルス

恐竜帝国が開発した三体合体のメカザウルス。アークと共闘した。

バグ

唯一ゲッターを倒せるというアンドロメダ流国の最終兵器。ゲッターアークを圧倒する力を見せつけたが、戦いの途中で作品は未完となった。

関連タグ

ゲッターロボサーガ ゲッターエンペラー

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲッターロボアーク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 66282

コメント