2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ゲッターロボ號

げったーろぼごう

『ゲッターロボ號』とは、東映動画製作のロボットアニメ作品、または石川賢による漫画作品。
目次[非表示]

概要

1991年2月から1992年1月まで全50話がテレビ東京系列局ほかにて放送された。制作はテレビせとうちビックウエスト東映動画

アニメ前2作とは話が繋がっていない。
もっとも制作サイドとしては原作同様、前作の登場人物である神隼人の登板を予定していた。しかし中の人のゲッターロボ號の音声収録のスケジュールが『ちびまる子ちゃん』と収録がブッキングしていたたために実現しなかったことが後に書籍「ゲッターロボ大全集」にて明かされている。それによって、結局世界観がつながらないこととなってしまっている。
また中盤で登場するスーパーゲッター號は漫画版には登場しない。

漫画版はゲッターロボGの続編として少年キャプテンにて連載された。この作品の終盤で真ゲッターロボが初の登場を果たしている。詳細は後述。

詳細は後述するが、アニメ版と漫画版は大きく設定や内容が異なっている。
アニメ版の第1話ではゲッターロボは非合体の機体であり、手探りでパワーアップした末に合体ロボに改造される経緯を1クールかけてじっくり描かれているのに対し、漫画版は最初から合体可能な機体として登場、中盤で中破するまで活躍している。パワーアップも両者に差異があり、アニメ版は強化アーマーを装着する形に対し、漫画版は機体そのものを強化する形(その際にゲッター號の頭部と腕部のデザインが変更されている)を取っている。また、登場人物が一部を除いて名称以外異なる点も特徴である。

スーパーロボット大戦シリーズに先行してロボットガールズZには登場(ネオゲッターが出れないのはプロトゲッターの設定に矛盾が起きるためだと思われていたがネオ設定のプロトゲッターは後にとある裏技で登場した)。
そして、満を持してスーパーロボット大戦X-Ωに参戦した。

玩具ありきの企画

ゲッターロボ號はアニメ展開が前提となっている作品であり、関連商品としての玩具発売も織り込み済みな企画な為(漫画のゲッター號もそれに準じた企画)、数あるゲッターロボの中でも当初から唯一玩具等の商品で「三体合体三変化」がそのままの外観で実現可能なデザイン(ゲットマシンの構成はコアとなる部分に腕にも足にもなるパーツが一対付いているという形式であり、後年の作品であるアクエリオンでも同様のコンセプトが見られる)になっている。現にその変形試作を見せてもらった石川賢が現行の連載を打ち切ってまでゲッターロボ號の連載を決定したくらいなので相当なことといえるだろう。この変形試作を見せてもらった時は永井豪も一緒にいて、2人そろって夢中になっている様子がPS用ゲーム「ゲッターロボ大決戦!」の攻略本掲載の石川賢自身による漫画に書かれている。またこの攻略本では、ゲッターロボ號は玩具に縛られていたとも述懐している。

その一方でアニメスタッフ側はマジンガーのリメイクとしての企画を進めていたこともあり、ダイナミックと玩具側の意見による変更が生じることとなった。初期のエピソードでゲッターが変形合体せずに武装中心にパワーアップする過程がそれを物語っており、玩具通りに合体可能となったのは1クール終盤からと当初から合体形態を描いている漫画版と比べても登場が遅い。下記の通り、放送時期繰り上げの影響もあり、スケジュールがひっ迫し企画をまとめる時間がなかったことも関係あるといえなくない(そのせいで磁鋼合体の発売スケジュールがずれ込んでいる)。合体を売りにしていたはずのゲッターがなかなか合体しなかったことは、合体シーンを楽しみにしていた視聴者を落胆させる結果となった(その一方で貧弱な装備でどうやって強敵を倒すかといった駆け引きの演出を評価する視聴者が存在したのも事実である)。

スーパーゲッター號もそのためのテコ入れと言えなくもなく、そのために磁鋼合体サイズのGアームライザーを発売せずに新規でゲッター號本体を作りなおすといった手の込んだ販売方法を導入することとなった。そのおかげで磁鋼合体と比べるとゲッターのプロポーション・ギミック共に洗練されたものとなり、後年復刻されるほどの人気ぶりとなった。

余談だが、後年のガレージキット商品で完全変形初代ゲッターロボは発売されている。ただし、各形態に相当アレンジが加えられているほか、ヘビーユーザーを想定した非常に複雑な変形機構であり、大量生産レベルでの生産は不可能であった。
しかし2010年代でグッドスマイルカンパニーからマスプロモデルでの完全変形のゲッター玩具が発売した。アレンジこそされているものの、完成品で完全変形できるゲッターは今のところこれのみである。前述のガレキゲッターを踏まえると技術の進歩がうかがえると言えよう。

登場キャラクター


メカニック

「ゲッターロボ」と呼ばれているが、ゲッター線とは一切関わりが無い
世界観が独立しているTVアニメ版ではそもそも「ゲッター線」の設定が無く、漫画版ネオゲではゲッター線関連の技術を使えない事情がある為、別のエネルギーを使用している。

ゲッターマシン

改造後のゲッターを構成する三機の戦闘機で、無印&Gでいうところのゲットマシン。
それぞれバルカン砲とミサイルを装備している。
G鉱石から発生する磁力フィールドを利用しての分離合体が可能で、それぞれの形態(ゲッター號・翔・剴)を駆使しての戦闘を行う。
また、今までのゲッターには珍しく、直列での合体ではなく、上半身、下半身、バックパックと言う形での合体構成になっている(ゲッター3の場合は縦に並んでの合体であるが)。
合体時には光線銃と通信機に変形するカセットキー『ゲッターフラッシャー』をコンソール中央部に装填する必要がある。
これは悪用された際のキーロックという意味合いも持っている。
各戦闘機の名称は以下の通りだが、初代の各形態も同じ名称なため混同するファンも多い。
そのため触媒によっては「ゲッターマシン○号」と記されることがある。

  • ゲッター1
搭乗者は一文字號。
機体下部にローターがあるジャイロ型で、それを活かした高機動飛行を行う。
とある回では後部のブースターを前方に出して姿勢を整えている
ゲッター號の上半身、ゲッター翔の下半身、ゲッター凱の腰・キャノン砲・バックパックを構成。
  • ゲッター2
搭乗者は橘翔。
空戦型であるがドリルを使った突撃を得意とし、地中に潜り不意を突くなどの戦法を取ることもある。ナルキスとの最終決戦では決死の突撃が突破口となった。
3機の中でも最高速度を誇り、機首のバルカンはゲッター翔の時でも使用可能。
ゲッター號のバックパック、ゲッター翔の上半身、ゲッター凱の下半身を構成。
  • ゲッター3
搭乗者は大道剴。
ゲッターマシンの中では高出力を誇る双胴型の機体。
最終決戦ではスーパーゲッター號のブースター代わりとして活躍した。
ゲッター號の下半身、ゲッター翔のバックパック、ゲッター凱の上半身を構成。

ゲッターロボ

第1~11話まで登場した、日本国際航空宇宙技術公団NISAR(ネイサー)の宇宙開発用ロボット。
詳細は「プロトゲッター」の項目を参照

ゲッター號


本作品のゲッターロボの基本形態。
詳細は「ゲッター號」の項目を参照

ゲッター翔


本作品での空戦仕様形態。
詳細は当該項目を参照

ダイナミワンドロ11月分まとめ


本作品での水中戦及び地中戦用形態。
詳細は当該項目を参照

  • スーパーゲッター號
ゲッター號とGアームライザーのパーツが合体した形態。
通常はGアームライザー(後述)本体に装着されており、使用時には分離してゲッター號に装着される。
詳細は「スーパーゲッター號」の項目を参照

その他

  • Gアームライザー

支援戦闘機。基本的に無人だが緊急時に対応するコックピットがあるため有人での操縦も可能。
ライザーパーツにエネルギーを充填する役割を兼ねており、有事にはゲッターに射出・装着する。
詳細は「スーパーゲッター號」の項目を参照

  • バトルヘリ
NISARや自衛隊に配備されている戦闘ヘリ。
初期ではゲッターのサポートに回ることが多かったが中盤以降は研究員の移動などに使われた程度である。

  • 輸送キャリアー
初期ではゲッターを輸送するために活躍、改造後の中盤以降ではバトルヘリの代わりにサポートの役目を担っている。
中破したゲッターを輸送する役目も担っているため活躍の場は多い。

  • ステルバーα04
漫画版のみに登場する米軍製スーパーロボット。
ステルス戦闘機に変形する。
複数登場しているため相当の数が量産されているようだ。
後続機に大型爆撃機に変形するステルボンバーT4000が存在する。

主題歌

「21世紀少年(21st Century Boy)」
作詞:尾上文、作曲:岡井大二、歌:貴水博之
「GRIEVOUS RAIN」
作詞:尾上文、作曲:岡井大二、歌:貴水博之
「ゲッターロボ號」
作詞:康珍化、作曲:渡辺宙明、歌:水木一郎、森の木児童合唱団
「友だちになりたい」
作詞:康珍化、作曲:渡辺宙明、歌:水木一郎

漫画版

ゲッターロボ號アラスカ戦線


今はなき徳間書店刊行雑誌少年キャプテンにて連載されていた作品。
石川賢が手がける久々のゲッターロボであり、アニメ版と違ってバイオレンスで熾烈な戦いを繰り広げるダイナミックプロ色の強い作品となっている。
一方で本作は80~90年代の間に培われてきたリアルロボットアニメのエッセンスを多分に盛り込んだ現代的な作風であり、政治や軍事的な都合によって活動を制限される主人公チーム途中で主役機が交代する展開神のごとき力を秘めたロボットの登場など、様々なロボット作品から影響を受けている。
そしてアニメーションの終了を機に担当編集者の助言によって石川賢のやりたいようにストーリー展開が行われた結果、後のゲッターロボサーガに連なる壮大な物語が生み出される結果となった。
今でも石川賢の、ひいては巨大ロボット漫画というジャンルの名作としてファンからは評価されている。

立体化

ゲッターロボ號は元々、商品化を前提に変形・合体を視野に入れたデザインなのが特徴。
そのため、大体は可変モデルとして発売されている(非変形モデルもあるが)。
ただしほかのゲッターより品数がそれほど多くなく、立体化に恵まれていないゲッターと言えなくない。

  • 1991年5月、ユタカから「DX磁鋼合体 ゲッターロボ號」を発売。ゲッターロボ玩具初の変形・合体を実現した。磁鋼合体に先行して、いわゆるプラデラスタイルであるゲッター號・翔・剴の合体モデルが発売、これらは各形態を重視したものであった。それ以外にもジャンボマシンダーサイズのブロー成型モデル『ジャンボゲッター』やソフビフィギュアも発売していた。
  • 10月に「スーパー合体 スーパーゲッターロボ號」も発売された。磁鋼合体より二回り大型化しているが、一部変形方法やギミックが異なる。付属のGアームライザーと合体して『スーパーゲッターロボ號』になる。ソードトマホークは磁鋼合体付属のものと異なり、刀身の取り外しが可能。
  • バンダイからもプラモデルと食玩(ミニプラ)が発売、どのモデルも3形態への変形合体を再現している。
  • 1999年に「スーパー合体 スーパーゲッターロボ號」の復刻版を発売。基本的には初版と変わらないが、シール素材や一部の成型色が変更されている。同時にブラックバージョンクリアバージョンも発売された。
  • エボリューショントイにて2016年に「ダイナマイトアクション スーパーゲッターロボ號」を発売。3体のゲットマシンが合体してゲッターロボ號が完成するが、ほかの形態への合体はオミット。Gアームライザーのパーツを装着してスーパーゲッターロボ號となる。限定で初期カラーのプロトゲッターも発売、劇中に登場した武装が付属する。
  • 2021年3月25日発売の「ホビージャパン5月号」にて、2021年9月に「超合金魂 ゲッターロボ號」を発売することが発表された。価格は税込25300円。各形態のプロポーションを極力崩さずに完全変形合体を行うことが可能で、それとは別にプロポーション重視パーツも付属。ソードトマホーク(Gアームライザーに付属)と玩具オリジナルの武器(グレートハンマーを除く)は付属しない。Gアームライザーもプレバンで2022年2月に発売予定。
  • ほかにも原作版であるが非変形のガレージキットやアクションフィギュア、カプセルトイでも非可動フィギュアが発売している。

余談

  • 元々はマジンガーZのリメイク且つ続編のひとつとして企画されていたのだが、「権利関係が複雑では無いこちらの方がいいよ」というダイナミックプロ(マジンガーZやゲッターロボの原作を手掛けた永井豪の事務所)からのアドバイスを受け、ゲッターロボのリメイクに変更されたといういきさつがある。(兜甲児似の主人公、爵位を冠している敵幹部、渡辺宙明による音楽にその名残が見られる。)


  • 初期は『ゲッターアパッチ』という名で、発掘兵器という設定に頭部に軍用ヘリコプター型のマシンが合体するというマジンガータイプのロボットだった(マジンガーリメイクであったための名残。ヘリのデザインは後のバトルヘリに流用)。その後、完全合体型のモックアップが作成され、それが石川賢の目にかかり、本格的に合体ロボとしてのゲッターが始動した。

  • 本来であれば1991年4月に放送を開始するつもりだったが、脚本家とスポンサーが大モメに揉めた前番組が、結果終了を2ヶ月繰り上げざるをえなくなったため、こちらも放送開始を2ヶ月前倒しするハメになった。そのためなのか『磁鋼合体』のリリースが5月と中途半端な時期になってしまっている。また、本来の主題歌である「ゲッターロボ號」のレコーディングが放送に間に合わなかったため、苦肉の策として別のタイアップで使う予定だった「21世紀少年」が初期の主題歌となった、とのこと。

関連タグ

ゲッターロボ
ゲッターロボG
真ゲッターロボ

東映動画東映アニメーション

真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ:主に漫画版の展開を元に作られた作品。主役機ネオゲッターロボは本作に登場するゲッターロボがモチーフ。

鋼鉄ジーグ:磁力合体方式、玩具ありきの企画、スパロボ参加時期が遅いなどの共通点がある。

ダブルオーライザー:ダブルオーガンダムオーライザーを装着するコンセプトはスーパーゲッター號を参考にしている、とのこと。

世界各国のスーパーロボット:漫画版では、世界各国からスーパーロボットが参加し、プロフェッサー・ランドウのメタルビースト軍と交戦していた。詳細は当該記事を参照。

外部リンク

公式サイト

関連記事

親記事

ゲッターロボ げったーろぼ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ゲッターロボ號」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ゲッターロボ號」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 351013

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました