ピクシブ百科事典

超合金Z

ちょうごうきんぜっと

マジンガーZの装甲素材、「超合金」という単語はここから生まれた
目次[非表示]

概要

富士山麓から発見された「ジャパニウム」という物質から精錬される特殊合金、マジンガーZの主材量として使われている。

その防御力は並の機械獣の攻撃では傷ひとつ付かないほど頑丈であり、鋼鉄を瞬時に溶かすレーザーでもびくともしない。ドクターヘル一味が光子力研究所を襲い続けるのもジャパニウム確保が主な目的である。一度だけ盗み出すことに成功したが、すぐに使い果たしてしまっている。

とはいえ絶対無敵というわけでは無く、続編であるグレートマジンガーの敵であるミケーネ帝国戦闘獣の攻撃は簡単に超合金Zを破壊してしまう(真マジンガーZEROでは、戦闘獣は超合金Zの分子結合を弱める波動を攻撃時に放っているだけで、攻撃自体は普通との事)。強力なパワーがあれば破壊可能で、マジンカイザーのパワーならただのパンチでも超合金Zを叩き壊すことができ、あしゅら男爵が驚愕していた。…というか、そもそもマジンガーZの作中でも戦闘中にたまに壊れていたりする。

本作及び玩具の「超合金」のヒットから「〇〇合金」はスーパーロボットの圧倒的な防御力を説明するための定番アイテムとなった。
あまりに有名なためロボットアニメにおける合金設定の元祖とされることもあるが、実際には鉄人28号の「特殊鉄鋼」や、(スーパーロボットには分類されないものの)古くは鉄腕アトムに登場したゲジヒトの「特殊合金ゼロニウム」といった先例があるため、この手の設定としては初というわけではない。

スーパーロボット大戦でも強化パーツとしてお馴染みである。

派生

超合金ニューZ

グレートマジンガーに採用された超合金Zの改良型で、後にマジンガーZにも搭載された。防御力は超合金Zの4倍であり、軽量化もされている。更に伸縮自在で大きさを自由に変えられるという特性を持っており、スクランブルダッシュやマジンガーブレードといった装備をコンパクトに収納するのに役立っている。ただ、やはり無敵ではなく、グレートマジンガーでも破壊されることがしばしばあった。
真マジンガーZEROではこの設定を盾にやりたい放題やりまくっており、前述の戦闘獣の波動に分子レベルで組成を変化させて対応、手足のモーフィング変形から巨大化まで可能といったとんでもない描写がされている。

超合金ニューZα

マジンカイザー装甲に使われた超合金ニューZの改良型。マグマに落とされようが、マジンガーZの武器を近距離で喰らおうが、戦闘獣の攻撃だろうが、大気圏外から落下しようが傷ひとつ付かないほどの絶大な防御力を誇る。カイザーが超合金Zすら一瞬でオシャカになるような武装を装備できるのも、この防御力による所が大きい。

合金Z

アフロダイAや、『真マジンガー』に登場したマジンガー軍団に使われている合金。超合金Zの劣化版あるいは初期版(そもそも『超合金Z』と言うネーミング自体『合金Zを超えるもの』と言う意味)。一応超合金Zを除けば当時全世界で一番強靭だったらしい。

その他

スーパー鋼鉄
機械獣など、ドクターヘルの兵器に用いられている金属。詳細は不明だが、通常の鋼鉄よりも頑丈な金属らしい。ただし当然ながら、超合金Zよりも防御力は劣る。

超合金GZ
グレートマジンガーの続編として企画され没になった、「ゴッド・マジンガー」に登場予定だった超合金ニューZの改良型。
光子力以上のエネルギー「反陽子エネルギー」を超合金ニューZに照射することで作り出す、ニューZ以上の防御力を有する新たな超合金。弓教授はマジンガーZを解体し、この超合金GZ製の新たな外装と反陽子炉を搭載することで、新たなマジンガー「ゴッド・マジンガー」を作り出し、闇の帝王との最終決戦に備えんとした。

関連項目

マジンガー

ニホニウム…113番元素。一時「ジャパニウム」が正式名称の候補の一つとして挙がっていた。

関連記事

親記事

マジンガーZ まじんがーぜっと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「超合金Z」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1990

コメント