ピクシブ百科事典

マジンガーZERO

まじんがーぜろ

漫画『真マジンガーZERO』に登場する、チートとか反則とかそういう次元を超えたマジンガー。単体のマジンガーとしては文句なしに最強の存在である。
目次[非表示]

な  ん  だ  と  思  う  ?

概要

個体進化を行うマジンガーZの最終進化形態にして、本作のキーパーソンと呼べる存在。
暗黒大将軍率いる戦闘獣軍団にズタボロにされたマジンガーZが、救援に来たグレートマジンガーを「自らの存在を脅かす脅威である」と勝手に判断し、7つの魔神パワーを全て開放、パイロットの兜甲児をも取り込んで変異した姿。
(ミケーネに関しては「いつでも叩き潰せる」と判断し、一切眼中に入れていなかった)
自我に目覚めており、自らが世界最強の存在である事を証明するため、世界を破壊し始める。

マジンガーZをベースにしつつも、各部が鋭角化、アイアンカッターを常時展開、口部は牙のようになり開閉可、「0」の字を模したスクランダーと、EX合金版マジンガーZに似たかなり凶悪な外見をしている。

マジンカイザー(OVA版)をマジンガーにおける真ゲッターロボとするならば、このマジンガーZEROはゲッターエンペラーとも呼べる存在であるが、こちらは平行世界で幾度となく覚醒しその都度世界を滅ぼしてきた「終焉の魔神」である。
さらには甲児の支えとなっていた「差異次元の自分自身に干渉する力」が、このマジンガーZEROにも影響を及ぼしていた事まで判明。魔神パワーが搭載されていない世界のマジンガーZにも、じわじわと影響を与え、覚醒を誘発するようになっている。

あらゆる世界に君臨できるようになった「最強」のスーパーロボットは、ついに「神」に等しい領域へと到達。
時間・空間の概念を超越して、全能に近い存在へと進化し、物語の全てを掌の上で操っていた事が発覚した(後述にもあるが登場人物の行動も決めていたと思われる)。
最終的には宇宙やすべての平行世界そのもの=真マジンガーZEROという作品そのものと化し「完結」する。

今さら言うまでもないが敢えて言おう。
真マジンガーZERO』のラスボスは、Dr.ヘルでも暗黒大将軍でも闇の帝王でもなく、マジンガーZEROなのである(Dr.ヘルに関してはZEROと一体化したためラスボスでも間違いはないが)。

ちなみに甲児は、上記の行動原理について、それまでの世界で取り込んだ無数の兜甲児達の、「マジンガーZは無敵のスーパーロボットである」という意識が影響を及ぼしているのかもしれないと考えている。

こいつに一番近い存在を他の永井豪作品で例えると漫画版ゴッドマジンガーの中の人(造物主)」とかだろうか。
『マジンサーガ』のマジンガーZも間接的にだが世界を滅ぼしかけており、7大魔神パワーならぬ7つのチャクラや敵の攻撃を吸収するなどオマージュと思われる点も多い。
(こちらのマジンガーZもその能力から作中で「まるで神だ」と言われた)

武装

いずれも基本的にマジンガーZと同一だが、その威力はケタ違いに強化されている。

光子力ビーム
雨の如く降り注ぐその一発一発が地球を貫通する威力。

アイアンカッター
超合金ニューZを容易く切断。なお、常時展開しているため通常のロケットパンチは未使用。

ルストハリケーン
富士山と街を跡形もなく消し飛ばすと同時に世界崩壊を招く天変地異を発生させる。

サザンクロスナイフ
魔術のように出現しグレートブースターとドッキングしたグレートマジンガーに追いつくほどの追尾性を持つ。

ブレストファイヤー
かすっただけでも東京湾を蒸発させ、地殻を溶解しマントルを露出させる。
直撃ともなれば超合金ニューZαすら一瞬で溶解させ、地球にも大穴を開ける有り様

ダイナミックファイヤー
ジェットスクランダー翼部を超巨大化・放熱板に変化させて放つ熱線。
初期ループの魔神化初期段階で放っても一発で地球を火の玉へと変貌させる程

ZEROスクランダー

魔神パワー

言うまでもなく使用可能どころかここからが本領発揮。魔神化よりも遥かに強大化している。

第1の魔神パワー:自己再生
修復スピードは受けたダメージを瞬時に回復させるまでに高まっている。
もっともダメージを受ける事自体が殆ど無いので、Zの状態で受けた傷の修復が主な用途。

第2の魔神パワー:吸収
あらゆるエネルギーや武器の取り込みだけでなく更に敵を食らい取り込むことも可能)

第3の魔神パワー:強化
魔神パワー自体を飛躍的かつ恒久的に向上させ、重ねがけすら可能。暗黒大将軍を一撃で斃した。

第4の魔神パワー:高次予測
直接攻撃につながる訳ではないため他の魔神パワーよりは有情であり、後述の高次予測の抱える弱点はZERO打倒の鍵となった。
しかしこれのお陰で因果律兵器が完全に手がつけられないことになっているという意味では最も厄介な機能。精度もZの時とは比較にならない。

第5の魔神パワー:変態
物理法則を無視した形状変化。やはりZ時の比ではなく、質量を無視した巨大化程度造作もない。
最終決戦ではマジンガーZを一飲みにしてしまえる程の巨体となった。

第6の魔神パワー:因果律兵器
Z時は開放しても発動に失敗(=勝利の可能性が0%)という絶望的な展開もあったが、ZEROとなった今では精度の上昇した高次予測と組み合わせ観測した平行世界から都合のいい事象だけを現出させる事が可能となった。
たとえ観測結果に望んだ未来が存在しなくてもその圧倒的なスペックをもってすれば新たな因果を紡ぐ事もそう難しいことではなく、これによりZEROに対する切り札であったグレートマジンカイザーを一蹴してしまった。

マジンガーZERO 地獄(ヘル)モード

CBマジンガーZERO地獄モード


差異次元のひとつ(『真マジンガーZERO VS 暗黒大将軍』単行本5巻~7巻途中に相当)にて、戦闘獣・地獄大元帥を撃破された闇の帝王=Dr.ヘルが第6の魔神パワーまでを発動したマジンガーZにパイルダーオンし、第7の魔神パワーを発動して変貌した形態。
Zの中のZEROの意思がDr.ヘルに共鳴したからこそ生まれた姿で、Dr.ヘルはZEROに取り込まれずに操縦できる。
この形態に移行する際、第5の魔神パワー「変態」により大幅にビジュアルが変わっており、特に胸部放熱板は「地獄」とも「HELL」とも見れる形状に変化している。
ZEROの武装に加え、Dr.ヘルの機械道空手も使用可能。作中ではヘルカッター(手刀)で地球を月ごと叩き切っている

真のマジンガーZERO?

そんなマジンガーZEROにもプロトタイプ、あるいはこちらが本来の姿とも呼ぶべき「善のマジンガー」としての姿が存在する。

「真マジンガーZERO」の時空群では世界征服を狙う悪の天才科学者であった兜十蔵。
度重なるタイムリープの末に遂に野望を達成(所要時間・14日と10時間34分)するも、その結果に満足出来なかった彼はある細工を施した上で今一度タイムリープを行う。
その細工とは「研究結果を過去の自分に伝えることなく研究成果を各国にばら撒くことで世界にハンデを与え、自分の想像を超えた出来事を起こすことで更なるインスピレーションを得る」というものであった。そして、十蔵の研究を理解できた一握りの科学者の中にいたのがあのDr.ヘルであった。

その結果、十蔵に予想外にして計画通りの転機が訪れることとなる。
激化するマジンガーと機械獣のデスマッチの最中、遠隔操縦方式というマジンガーZの弱点を突かれて十蔵は重傷を負ってしまう。これを迎撃したのが、マジンガーZから人工知能を外し直接乗り込んだ兜甲児であった。

彼は人の心を得た魔神となったマジンガーと甲児の活躍を病床で見守る内に孫への愛情に目覚めて改心し、戦いに終止符を打つべく無理をおして研究を進めていく。
しかし完成は間に合わず、遂にマジンガーZは敗れてしまう。
そしてその死の間際に完成させた「自分より優れた知を持ち、自己進化し永遠の命を持つ新たな生命」の設計図こそがマジンガーZEROとなるはずであったモノであった(この世界の十蔵の願いはとある世界で叶い悪しきものを討つ魔神が誕生したと思われる)。

十蔵は世界を救い甲児を守ることを願いその設計図をミネルバXに託すが、次の世界で待っていたのは本来のマッドサイエンティストとしての兜十蔵。
ミネルバXが隠していた設計図を独自に解析し、更に悪魔的発想を組み込んで愛を知らない終焉の魔神へと作り変えてしまったのである(ちなみにその世界の十蔵は誕生したZEROにあっさりと踏みつぶされている)。

結末

※最終話までのネタバレを含みます!























あまりにも強大でもはや誰も勝てないのか?と思われたZEROであるが、最終盤にたった二つだけ弱点が判明する。
それは差異次元への干渉能力の性質上、「マジンガーZが存在しない、全く別の世界」を観測する事はできないという本来ならば、弱点と認識される事すらない点だった。
このため、そうした世界の存在に対しては、因果律兵器の発動条件を満たせず、因果を紡ぐまでの間、すぐには勝利する未来を現出できないのである(しかし、素でも強すぎる為、これだけでは弱点にすら成り得ない)。
そして、「マジンガーZのみが唯一最強のスーパーロボットとして勝利し続ける世界」における全知全能の神として自らを完成させたZEROは、そこで可能性を閉ざしたが為に、それ以外の可能性を認識する事も想像する事も出来なくなっていた。
勿論、そんなものはそもそも存在しないし出来ないので、これもまた本来であれば弱点と呼べるものですらない。

だが最終決戦において、ZEROの前に立ちはだかったのは、そうした「ZEROの認識できない」者達だった。
ZEROの内的世界に閉じ込められた甲児が脱出のために取った行動と、マジンガーZに積まれた最後の光子力エンジンが相互作用し、奇跡的な現象が発生。
マジンガーZを超えるために想像されたマジンガーZの知り得ない世界から、無限無窮のスーパーロボット軍団がZEROの中にある朽ち果てた無数のマジンガーZの光子力を媒体に、可能性の光となって出現したのである。

想像を止めたZEROには認識できない、ZEROを超えるために生まれた軍団は、あまねく必殺の嵐によって、ZEROを打ち破る。
最初は自身の敗北という現実に抗おうとしたものの、「この光は全てZEROの中から生まれたものだ。だからお前は負けたんじゃない。勝ったんだ。」という甲児の言葉を聞き届けたZEROは、自らを打ち破る幾多の輝きこそが自身そのものだと知り、その力の大きさ、無限の多様性に穏やかな喜びを抱きながら、再び想像の可能性を開いた。そして、幾多のロボット達が生まれ、時に集う世界へとZEROは旅立って行くのであった。

この時登場したロボット達は、曖昧な光の塊として描かれてはいるものの、全て実在する作品のロボット達の姿で描かれている。
(約一名、海外から駆けつけた権利的にヤバそうな特別ゲストの姿もあったが、単行本にも無事収録された)
これはマジンガーZの後に制作された、全てのロボットとロボット作品が、『原初の魔神』マジンガーZに何かしら影響を受けて生まれた事を示すメタネタである。
それは逆に、もし仮にマジンガーZが『終焉の魔神』となり、その時点で歴史を止めていたならば、彼らは一機たりとも生まれてくる事はなかったという事でもあり、このテーマはしっかりと物語の中で語られている。

「全てのロボット作品はこの作品から生まれた子供である」という論理は、それこそマジンガーZか鉄人28号でもなければ許されない。逆にそれが、この一見突拍子もなく見える展開を、マジンガーZに相応しい結末たらしめているのである。

ちなみにこのロボット達の中には、元々マジンガーシリーズに登場しているはずの、一体の魔神も混ざっている。
しかし、この魔神は劇中で言及されている通り、クロスオーバー作品やコミカライズ作品を除けば、マジンガーZと顔を合わせた事が一度もない。そのためZEROはこの魔神を認識できなかったのである。
逆に甲児はこの魔神を「知っていた」ため、その姿を見て「待っていたよ、共に戦える日を……」と呟いた。
この理屈だともう一体、地獄の魔神がいても良さそうなものだが、目に見える限りでは戦列には姿を現していない。
通常の魔神皇帝らしきロボットはちらっと描かれているので、もしかしたらそちらに統合されたのかもしれない。


──ソウカ…コノ輝キハ私ソノモノカ… …ソウカ…

「フ…そう思っとけよ。夢の様な、良い眺めだろ」

──アァ

──確カニ

──素晴ラシイ……

スパロボにおけるZERO

あまりに強すぎるが故に、「参戦させる事ができない」と名指しで否定された事もあったマジンガーZEROだが、本編が完結した事もあってか、2017年発売の『スーパーロボット大戦V』にて衝撃のスパロボ参戦を果たした。
機体のみの参戦であるが、実質的にはスパロボ恒例の原作終了後参戦。ただしこれまでの同様の例と異なり、本作のZEROは差異次元である原作の記憶を持ち、最期に再び可能性を開いた正真正銘のZERO=スパロボ世界のZEROではなく原作終了後のZERO本人である。スパロボの歴史においても極めて稀、もしくは初のケースである(近いケースとしては彼女(の中の人)が存在する)。
そのためパイロットはPV中でクレジットされている『真マジンガーZERO』の兜甲児ではなく『衝撃!Z編』の甲児「(メタ的には漫画版『ゲッターロボ號』の真ゲッターロボをTV版『ゲッターロボG』のゲッターチームが操縦する、といった前例はある)で、ZEROは彼を尊重して自らその制御下に入っている。また、本作におけるマジンガーZは光子力に秘められた魔神パワー=ZEROの力を扱う器として開発された経緯がある。

どうやら今回のZEROは「数多の可能性の光達」をもう一度見る為に来たようで、そのためにスパロボ時空に因果を紡いで干渉するというとんでもない事をしている。
もっとも、数多のロボットが存在できているという事実そのものが、すでにZEROが他のロボットを消し去る理由を失っている=ZEROが世界を滅ぼし、可能性を閉ざすような事態にはならないという何よりの証明でもあり、上記の通り甲児の意思を尊重したり他のロボットと共闘したりと原作よりマイルドな性格になっている。
ゲーム中では覚醒時に一度暴走して甲児を取り込み、自軍の前に敵として立ちはだかる事になってしまったが、これはDr.ヘルの言葉で疑念を抱いてしまった甲児のネガティブな感情に機体が呼応してしまったからで、ZEROの意志でそうなった訳ではない。
むしろ甲児に発破をかけて自身を制御するように促したりと、嘗て「自分から生まれ、自分を打ち破った光達」のように「人の意志で力を振るうスーパーロボット」としてのあり方を重視している。
尤も、覚醒以前から甲児に「マジンガーは最強である」と言う認識を強く刷り込むなどの不穏な干渉を行い、自軍のメンバーに復帰後も尾を引く程の不信感を抱かれたりしているが、嘗てのZEROの暴虐を思えばご愛敬と言った所か。

ただし「ZEROこそ最強」という根本的な思考は相変わらずであり、後に新世代の魔神が復活した際にはPVで右を向いているのであった

Vにおける武装は原作にて完全にZEROの姿に変じた状態で使用した武装を(威力はともかく)絵面的にほぼ再現している(サザンクロスナイフは未採用)。
必殺技は各武装の連続攻撃「ファイナルブレストノヴァ」で、グラフィック的にはグレートマジンカイザーを破壊した場面の一部を再現したもの。因果律兵器発動→相手を鷲掴みにして地面に叩きつけ→掴み上げ零距離ブレストファイヤー→下半身の蒸発した相手を放り投げルストハリケーンでチリひとつ残さず消滅(※トドメ演出)というZEROらしい容赦のなさである。
ちなみに『スパロボV』は参戦作品が思いっきりリアル系に傾いており、スーパー系はマジンガーを入れて5・6作品程度となっている。
その上、前述の通り地球を簡単に破壊できるどころか、世界そのものを滅ぼすことすら容易なマジンガーZEROに単独で対抗できそうなのが、よりにもよってマジンガーと関係深いゲッターロボの皇帝だけという始末……まさに地球終了のお知らせ待ったなし状態である

ちなみにVにおけるのマジンガー系の最終ボスは、おなじみミケーネ帝国闇の帝王であるが、彼が最期に垣間見た因果の果てに待つものが、『ゲッターエンペラーとタッグを組んだZERO』というどうあがいても(敵が)絶望な絵面だった。

スパロボVのネタバレを含んでおりますよ


結局彼はこの光景を見て完全に心が折れ、自ら復活を放棄すると言う、傍から見ればまさかの、しかし事情を知れば当然の結末を迎える事となった。

なお、スパロボVの後日談で仮にヤマトの敵であるガトランティス暗黒星団帝国ボラー連邦ディンギル帝国が攻めてきたらZEROが迎え撃つことは間違いないため彼らが死んだ方がマシと思うような目に遭うのはほぼ確定事項である(勿論、ネタ的な面で敵として出るんじゃないかと言われていたあいつも来ていたらZEROに絶望させられるのは間違いないだろう)。







スーパーロボット大戦Xにも敵として登場。
今作のZEROはミケーネ帝国によって平行世界から来ており、マジンガーZとは別機体として登場する。そのため、前作に登場した原作ZEROとは別人。自分以外のマジンガーを排除するためにZやグレートを追い詰めるが、甲児と鉄也の危機に別の平行世界から魔神皇帝が召喚され、死闘を繰り広げることになる。
…ちなみに、ある条件を満たすとちょっとだけだが味方としても使えることが、そのヒントと共にスーパーロボット大戦公式Twitterで明らかにされていたりする。

関連タグ

真マジンガーZERO ぼくのかんがえたさいきょうの
マジンカイザー(オリジナル版):あらゆる意味でZEROの対極の存在である「対悪のマジンガー用マジンガー」。スーパーロボット大戦Xでついに激突する。
マジンエンペラーG:Zの系譜に属さないマジンガーで、ZEROに対抗する為にスーパーロボット大戦世界で造られし新マジンガー。あの傲慢不遜なZEROが唯一、ダブルマジンガーを認め、共闘したマジンガー。

鹿目まどか:ZEROと同じく因果を塗り替えて神となった者。
∀ガンダム(黒歴史):ガンダムシリーズにおける似たような存在。ただし、こちらは地球環境の再生のために文明の破壊を行うが、ZEROは唯々、地球及び世界そのものを破壊する厄災である。
イデケイサル・エフェスシュウイチロウ・ユキムラダイモン・タングラムペルフェクティオアンチスパイラルアドヴェントナイアカリ・ユガジスペルノイヴォルフスパロボにおけるよく似た存在。ZEROはこれらラスボスと同格である。
なおイデ(イデオン)は『真マジンガーZERO VS 暗黒大将軍』の最終決戦に助っ人として来ているが、これはその時点での利害が一致しただけに過ぎず、場合によってはZEROと平気で手を組むと思われる。
また、アンチスパイラルとはスーパーロボット大戦Xで共演することとなった。
デウス・エクス・マキナ

pixivに投稿された作品 pixivで「マジンガーZERO」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 128205

コメント