ピクシブ百科事典

マジンガーインフィニティ

まじんがーいんふぃにてぃ

マジンガーインフィニティとは2018年1月13日公開のアニメーション映画「マジンガーZ / INFINITY」に登場する超巨大遺跡である。
目次[非表示]

概要

富士山中に突如として現れた超巨大遺跡。古代の超文明の産物とみられ、基礎構造解析だけでも今の科学を100年は進化させるほどのテクノロジーが詰め込まれている。
その姿は推定600mもの巨体となったマジンガーそのもの。兜甲児からは「さながらマジンガーが乗るマジンガー」と称された。
その姿とその可能性からマジンガーZグレートマジンガーに続く第3の魔神として、「マジンガーINFINITY(インフィニティ)」と名付けられた。

その巨体ゆえに戦闘能力も凄まじく、ワームホールによる転移や、それを利用して腕部など身体の一部を転移させ遠距離攻撃を行う他、その巨体の全身から発射される誘導ミサイルや、街ひとつ滅ぼしてしまうほどの威力を持つ胸部の放熱板から放つブレストインフェルノを披露している。


しかし、インフィニティの真に恐るべき能力は、単なる戦闘能力ではなく・・・

ゴラーゴン

世界を作り替えることが出来ると言われる究極兵器。
その力とは
ビックバン以来誕生した数多の可能性の宇宙から使用者が選んだ世界を、インフィニティが今ある世界と置き換えてしまうというもの。
要は『世界をリセットして好きなように作り替えられる能力』という恐るべきもの。

本来ならゴラーゴン起動はおろかインフィニティを動かすには制御ユニットとしてリサの力が不可欠なのだが、
Dr.ヘルは鹵獲したグレートマジンガーをパイロットの鉄也ごとダミーキーとして頭部に合体させることで稼働させている。

余談

「無限」を意味するネーミングや「世界を作り替える能力」に加え、並行世界に関する言及など、マジンガーZEROと対になる要素が見られる。
なお、映画公開当時、漫画真マジンガーZERO作画担当の余湖裕輝氏によって『映画にご満悦なZERO』のイラストがツイッターにて公開されている外部リンク参照

関連タグ

マジンガーZ/INFINITY

関連記事

親記事

マジンガーZ/INFINITY まじんがーぜっといんふぃにてぃ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マジンガーインフィニティ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1471

コメント