ピクシブ百科事典

真マジンガーZERO

しんまじんがーぜろ

『真マジンガーZERO』とは、原作:永井豪、脚本:田畑由秋、作画:余湖裕輝の漫画作品である。
目次[非表示]

概要

この漫画を全ての熱きロボット作品に捧ぐ

兜 甲児


チャンピオンREDにて、2009年6月号から連載が開始された漫画作品。
第1部『真マジンガーZERO』が2012年12月号にて完結した後、翌2013年1月号から2016年1月号にかけて、第2部『真マジンガーZERO VS 暗黒大将軍』が連載された。
TVアニメ『真マジンガー 衝撃!Z編』のサポート連載としてスタートしており、アニメのコミカライズではない。物語的な繋がりもなく、独自の路線を貫いている。

その作風はTVアニメに負けず劣らず強烈なものとなっており、

  • プロローグでいきなり地球が滅亡
  • あらゆる意味でゲッター線もかくやというぐらいに凶悪化したマジンパワー
  • Dr.ヘルの手によって50億人以上の人間が虐殺されている
  • さやかさんのセクシースーツ
  • 体長十数kmの巨大兵器として登場したゴードンヘル
  • そのゴードンヘルを、全世界でマジンガーを応援し掲げた拳で攻撃すると言う展開
  • 水着回と告知されたエピローグが9ページで終了し、第2部プロローグへと突入

などなど、TVアニメとはまた違った形で読者を驚愕させている。
単行本単位で見ると第1巻が丸々プロローグともいえる内容であり、『衝撃!Z編』が放送終了する頃にようやく『真マジンガーZERO』本編が始まったというレベルで、開始当初は賛否両論であった。

石川賢作品を連想させる巨大なスケールで展開される物語だが、原作者・永井豪へのリスペクトは深い。
兜甲児が登場しない『マジンカイザーSKL』以外の、ほぼ全てのマジンガー関連作品のネタがちりばめられている。
さらに『衝撃!Z編』同様、スターシステムを採用しており、キューティーハニーけっこう仮面プロレスの星アステカイザー、果ては今や誰も知らないであろう極道忍者ドス竜といった他永井漫画のキャラクターが総登場。しかも単なるゲストではなく、物語の展開に深く関わる。

最終決戦においては、日本のロボットアニメ史そのものに踏み込んだ大風呂敷を展開。
マジンガーZという枠組みを豪快に飛び出しながらも、マジンガーZにしか許されなかった結末は、大きな反響を呼んだ。

登場ロボット

マジンガーZ

またの名を「終焉の魔神」
天才科学者・兜十蔵ミネルバXを用い(後述)、無限に等しい開発期間を経て完成させた、史上最強のスーパーロボット
その開発理由は「世界征服」であり、Dr.ヘルが登場しない時間軸においては、このマジンガーZを引き連れた兜十蔵が世界に宣戦布告をしている。

固有機能として、人工知能と自己進化機能を併せ持つ究極のシステム・魔神パワーを搭載。
全7段階のリミッターが解除されたその時には、文字通り神にも悪魔にもなれる超存在と化す。

反面、十蔵の設計思想の影響を受けてか、魔神パワーの行動原理は、「自らが世界最強の存在となる事」を目的としており、ゴードンヘルとの最終決戦においてはZこそが最強であると信じて純粋かつ貪欲に強さを求める意思を見せた。
全ての魔神パワーが解放された場合、パイロットをも取り込み暴走、全人類を滅亡させる終焉の結末へと至る。

魔神パワーの内訳は、以下の通り。

  • 第1段階・自己再生:戦闘で負ったあらゆるダメージを自己修復する。主にZの状態で負ったダメージを修復するのに使用。
  • 第2段階・吸収:あらゆるエネルギー・物質を吸収し、自らのものとする。物理的に捕食しての吸収も可能。
  • 第3段階・強化:マジンガーZの出力や耐久力等の性能を飛躍的に向上させる。重ね掛けも可能。
  • 第4段階・高次予測:未来予知にも匹敵する状況シミュレーションを可能とする。平行世界の観測も可能。
  • 第5段階・変態:物理法則の常識を超え、武装を増設したり、マジンガーZの形状・性能を変化させる。幾つかの武装はこの魔神パワーで追加された。
  • 第6段階・因果律兵器:1%でも勝率があれば、因果律に干渉し、その結果を強引に実現させる。マジンガーを最強たらしめる魔神パワー。
  • 第7段階:魔神化:この段階まで解放された時点で、甲児を取り込みマジンガーZは暴走。終焉の魔神と化してしまう。他の魔神パワーの精度も向上する。
なお、魔神パワーは第1段階から順に発動し、いきなり第2段階以降が発動する事は基本的にないが、場合により一度に複数段階解放されることもあり、甲児以外の意思で解放した場合は「魔神化」から解放される。
第6段階までは人為的に制御できるが解放する毎に甲児への負荷が増大していく上、それでも魔神化状態に比べて遙かに性能が劣る。
第6の魔神パワー「因果律兵器」は当初開放されても何の効果も発揮しなかったが、それは勝利への可能性が完全な0であったためである。
弓さやかの乗るアルテミスAの登場、差異次元の兜甲児の現出、そして仲間達から託された数々の力により最終的にマジンガーZを勝利に導いた。

『真マジンガーZERO VS 暗黒大将軍』の序盤では、兜甲児の身体的な事情から魔神パワーは実質封印状態にあった。
「終焉の魔神」を消し去るための最後の戦いにおいては、甲児が自らの力で「ある特別な光子力エンジン」を導入。人々の意志と干渉し合い、誰にも予想もできなかった奇跡を起こしている。

アフロダイA

ビューナスA

ミリオンα

バイオンβ

ダイオンγ

ボスボロット

アルテミスA

アフロダイAとビューナスAのパーツをかけ合わせ、もりもり・のっそり・せわしの三博士が開発した、弓さやかの専用機。
特筆すべきはその操縦系統であり、パイロットの思考・意志をダイレクトに伝える事で甲児に匹敵する操縦ポテンシャルを発揮できる。
そのために開発されたのが前述したパイロットスーツなのだが、どう考えても欲望剥き出しなデザインになっている。

アイアンZ

マジンガーZを造る以前に兜十蔵が製造したロボット。

エネルガーZ

マジンガーZを造る以前に兜十蔵が製造したロボット。

グレートマジンガー

『VS 暗黒大将軍』より登場する、兜剣造の開発した新たなマジンガー。
マジンガーZの魔神化を再発させないため、マジンガーZに代わって戦うマジンガーとして開発された。
「Zの魂から、Zを超えるために生まれた」魔神であり、事実として、終焉の魔神がマジンガーZEROを名乗って以降は、常にグレートがその前に立ちはだかっている。
当初のグレートマジンガーは、上記魔神パワーのうち、自己再生・吸収・強化・変態を完全制御の上で標準装備している(マジンパワー表記。その後の世界にも反映されているかは不明)。剣造博士もとんでもない天才だった事が伺える仕様。
新装甲・超合金ニューZは、光子力によって自在に変形する特性を持ち合わせており、マジンパワー「変態」も相まって、ドリルプレッシャーパンチやニーインパルスキックなどは、もはや四肢の概念を逸脱した超変形を見せる。
ミネルバをして「全身が鋭利な武器そのもの」と言わしめるほどの絶大な戦闘能力を有するが、その強すぎる力が裏目に出てしまい、マジンガーZを刺激し魔神パワーの発動を誘発してしまう。
また、他にも大きな秘密があるようで……。
「偉大な勇者を超え、偉大なる皇となる!」

登場人物

兜甲児

ご存じマジンガーZのパイロットにして、本作の主人公。
性格は初代よろしく天然ボケでお調子者だが、超合金Zのように強靱な精神力とファイティングスピリッツを持ったダイナミック男児である。
全人類の希望として、Dr.ヘルの圧倒的な暴威を前に、敢然と立ち向かっていく。
実は過去の大戦で、死亡した事になっているのだが……?

ミネルバX

本作のもう一人の主人公。物語の狂言回し的な立ち位置となっている。
人間の女性そのものの姿をしたアンドロイド(全長も人間大)だが、その大元は十蔵が開発した過去に情報を転送できる光子加速器である。
余命わずかな十蔵は彼女を利用し、命尽きる瞬間までの研究結果を過去の自分に何度も送り続け、マジンガーZを完成させる事に成功した。
マジンガーZのサポート端末として独立させられた彼女は、マジンガーZの暴走を食い止めるべく、無限に近い時を繰り返している。
TVアニメ版『マジンガーZ』に登場した同名のロボットがモデルで、姿もそれに似せたものになっている。

弓さやか

本作のヒロイン。紆余曲折を経て、甲児と恋人関係になる。
本作では新ロボット・アルテミスAに搭乗するのだが、そのパイロットスーツはこりゃまたけっこうな出来
(デザイン自体は『マジンサーガ』に登場したものが原型となっている)

兜十蔵

マジンガーZを開発した、兜甲児のおじいちゃん。
本来は冷酷なマッドサイエンティストであり、変態的な性的倒錯者とも言われている。
その有り余る才能を発揮し、ミネルバとマジンガーZを開発、世界に喧嘩を売り支配してみせた。
しかし、ある世界におけるDr.ヘルとの遭遇や、それに伴う兜甲児のマジンガーZ搭乗によって、心境が大きく変化。
甲児に肉親の情を覚え、彼をあらゆる敵から守り抜けるよう、魔神パワーの根幹のシステムを開発する。
このシステムは他の世界に渡った際に歪められ、「終焉の魔神」を呼び醒ます装置となってしまった。

剣鉄也

『VS 暗黒大将軍』から本格登場。ミネルバが体感した時間軸でも一度だけ存在が確認されていた、グレートマジンガーのテストパイロットである。
「戦闘のプロ」を自称しており、アマチュアの甲児を挑発するなど、一見嫌味な性格にも見える人物。しかしそのプロ意識は本物であり、自分の命を懸けてでも任務を忠実に実行しようとする男である。独自の美学を持った戦闘狂とも言える。
ミケーネ帝国の出現に合わせ、そのまま正式パイロットへと就任。戦闘獣を圧倒し、暗黒大将軍と互角に戦うなど、プロとしての自負に恥じない技量を見せつけた。
甲児は他の世界において、彼と何度か鉢合わせており、その度に犬猿の仲となっているようだが……?

宇門大介

僅かだが、『VS 暗黒大将軍』に登場。別世界から宇宙の王者と呼ばれる、謎のスーパーロボットに乗って現れた青年である。
甲児と協力し地球を守る事を申し出るのだが、そのあまりにも強すぎる力は、即座に「終焉の魔神」覚醒に繋がりかねないものであり、首を縦に振られる事はなかった。
上述した通り、本作の世界には存在しなかったはずの人物であり、彼の操るロボットの名前も、曖昧にしか明かされていない。
最後まで物語に関与できなかった彼の存在が、何故示唆される必要があったのか?……それはこの物語を、最後まで読み解いた時に明らかになる。

Dr.ヘル

世界征服を目論む悪の科学者。
本作では過去に類を見ないほどの超人と化しており

  • 地球人口50億の虐殺
  • 日本以外の国家の事実上完全制圧
  • インチキじみた巨大兵器ゴードンヘルの開発
など、凄まじい成果を上げている。
本人の身体にもサイボーグ改造が施されており、鍛え上げられた機械道空手は、それだけで相当な脅威と化す。
夢はでっかく「世界征服」。彼が語る「世界」とは地球全土という意味ではなく「全宇宙」を指す。宇宙の果てまで勢力を伸ばしてこそ、真に「世界征服」が達成できるのだという。

暗黒大将軍

『VS 暗黒大将軍』から登場。ミケーネ帝国の七大軍団を率いる総大将である。
何者かを復活させる儀式のため、マジンガーZを捕獲しようとする。
あまりに強すぎるが故に自分を満足させるライバルの存在に飢えており、グレートマジンガーと対峙した時には、鉄也とは対照的に我を忘れてしまっていた。

闇の帝王

『VS 暗黒大将軍』から登場。ミケーネ帝国を統べる王である。
暗黒大将軍らを指揮していた張本人で、マジンガーZの力に目をつけ捕獲しようとしている。
実は本作の世界には、元は存在すらしていなかったはずの人物であり、甲児の取った行動が原因で、彼とミケーネ七大軍団が出現・蜂起する結果を招いてしまった。
現代に生きていた甲児が、何故過去のミケーネ帝国の成り立ちに関与していたのか?……その理由となる鍵は、ある意外な人物が握っている。

関連タグ

マジンガーZ 真マジンガー
マジンガーZERO

余談

なんと『真マジンガーZERO VS 暗黒大将軍』が、2017年発売の『スーパーロボット大戦V』に参戦決定。
機体のみ参戦であるものの、『衝撃!Z編』の方が全く音沙汰がないというのにこの有り様である。
PVではいきなりマジンガーZEROが登場し、さらには鉄也、そして誰も見た事のない新たな勇者の姿も……。

pixivに投稿された作品 pixivで「真マジンガーZERO」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 242950

コメント