ピクシブ百科事典

マジンエンペラーG

まじんえんぺらーじー

マジンエンペラーGとは、スーパーロボット大戦シリーズに登場するスーパーロボット。マジンカイザーに次ぐスパロボ発のマジンガーである。
目次[非表示]

概要

スーパーロボット大戦V』にて初登場したマジンガー。『スーパーロボット大戦X』にも続投した。スーパーロボット大戦が初出となるマジンガーはマジンカイザーに次いで二体目となる。
グレートマジンガーの発展・後継となる機体であり、パイロットはグレートと同じく剣鉄也
グレート同様、コクピット兼脱出装置であるブレーンコンドルが『ファイヤー・オン』する事で起動する。

外観はグレートマジンガーをベースに、マジンカイザーと共通点の多い姿で、「皇帝」の名にふさわしい威厳に満ちたシルエットを持ち、目に真ゲッターロボマジンガーZEROのように瞳がある。

異名は偉大なる魔神皇帝


武装&必殺技

エンペラーソード

身の丈を超える超巨大な剣。雷とともに形成、召喚する。
マジンカイザーのファイナルカイザーブレードに相当する。

エンペラーブレード

マジンガーブレードのように足から飛び出る片手剣。
二刀を合わせる事も出来る。

ルストタイフーン

ベース機であるグレートのグレートタイフーンと同種の装備だが、マジンガーZやマジンカイザー同様、酸性の竜巻になっている。

グレートスマッシャーパンチ

所謂、ロケットパンチ
マジンカイザーのターボスマッシャーパンチに相当し、名称もその流れを汲んでいる。
使用の際は、グレートの『ドリルプレッシャーパンチ』のように刃がせり出る。

エンペラーオレオール

背中に背負ったスクランダー。左右4枚づつ計8枚の羽根がマント状のシルエットを構成している。高速飛行時にはマジンガーZのジェットスクランダーやグレートのスクランブルダッシュのような翼状に変形する。
分離が可能で、最大の必殺技はグレートブースターのように敵にぶつける「オレオールブースターG」。発動時には雷雲を呼び出し雷を受けた後に超高速飛行に移行。その後に敵に向かって射出し叩きつける(電撃を受けたブースターを敵に叩きつける演出は、『真マジンガーZERO対暗黒大将軍』でグレートが使用した雷をまとったグレートブースターが元になっている)。なお、分離してもグレートマジンガー同様スクランブルダッシュを内蔵しているため、飛行に支障は生じない。また、トドメ演出ではエンペラーの元に帰還していく姿が見え、使い捨てではないことがわかる。
※ただし、グレートと同じ弱点(スクランブルダッシュ収納部への攻撃をされると全機能が一瞬麻痺)がある事は否定出来ない。

グレートブラスター

ブレストバーンと同じく胸から放射される超高熱線。
グレートマジンカイザーと同名称の武装である。
発射の際は胸部放熱板が変形する。

サンダーボルトブレーカー

サンダーブレークと同じく雷を放つ必殺技であるが、雷を圧縮したビーム状の電撃での攻撃となった。
技名が髑髏の魔神皇帝と似通っている。

魔神双皇撃

スーパーロボット大戦X』で追加された、マジンカイザー(オリジナル)との合体攻撃。サンダーボルトブレーカーと光子力ビームの同時斉射。


開発経緯


スーパーロボット大戦Vの重大なネタバレを含みます!























初出の『V』では、マジンガーZマジンガーZEROに至るまでに、抑止力となるグレートマジンガーがその役目を果たせなくなった緊急事態に備えて、ZEROへのカウンターとなるマジンガーとして開発された。
グレートマジンガーをベースに、早乙女研究所から提供されたゲッター線技術を含めた、科学技術の粋を注ぎ込んだ機体である。あのマジンガーZEROに匹敵する力を持ち、そのZEROに破壊されていないだけでなくダブルマジンガーを認められた唯一のマジンガーである。
ゲーム中はグレートの改造を引き継ぐ。登場と同時にZEROの相手をすることになるので、グレートに手を入れておくとデビュー戦が楽になる。

『X』では、ZEROによって因果地平の彼方へと飛ばされた甲児と鉄也が、サイコフレームヴィルキスの力によって開かれた「可能性の光」の彼方から、ゼウス神の導きを受けマジンカイザーと共に呼び出した物。全てが終わった後はマジンカイザーと共に元の世界へと返されている。
グレートマジンガーの改造を引き継ぐが、グレート自体も残留するのでそのまま鉄也を乗せておくこともできる(もっとも、カイザーと違いエンペラーはグレートの完全上位互換のため乗せておくのは趣味の領域になってしまうが…)。

備考

「玩具とタイアップしたオリジナル機体を作りたい」という、寺田貴信プロデューサーの意向から生まれた機体。
このため魂ネイション2016にて、スーパーロボット超合金で先行公開し、後日生配信のPVにて紹介されるという珍しい方式をとられた。
生配信中には「ゲッター線は浴びていません」と発言されていたのだが……実情は上記の通りである。確かにグレートから直接進化した機体ではないのだが。

なお、スーパーロボット大戦Vに参戦した「真マジンガーZERO VS 暗黒大将軍」には、エンペラーGと同じ開発目的の下に、グレートマジンカイザーが登場しているが、役割がエンペラーGと被るうえに、すでに原作で退治してしまっているため因果律兵器の対象になってしまうためか、参戦はしなかった。

また、グレートマジンカイザーが、魔神パワーの模倣・再現によって生まれた、マジンガーZEROの分身と呼ぶべき機体であるのに対し、マジンエンペラーGはゲッター線技術こそ用いているものの、他の全てが既存の光子力技術によって構成された、人類の叡智の結晶である。

関連タグ

グレートマジンガー 真マジンガー
グレートマジンカイザー マジンカイザー
マジンガー 剣鉄也
勇者パース

参戦作品
スーパーロボット大戦V スーパーロボット大戦X

関連記事

親記事

マジンガー まじんがー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マジンエンペラーG」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 106601

コメント