ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

グレートマジンガーの補助兵装。第47話で初登場し、劇場版『グレートマジンガー対ゲッターロボG』で先行登場を果たした。
グレートは元々スクランブルダッシュにより飛行が可能だが、それとは別に開発されたのがジェットスクランダーマジンガーZ)を発展させたグレートブースターである。

グレートブースターの最大飛行速度はマッハ5で、スクランブルダッシュを格納して本機を装着することにより敏捷な飛行が可能となる。翼部にはビーム砲も内蔵されている。
更に、グレートブースターを直接相手にぶつけるということも可能で、むしろそれをメインに開発されている。漫画版『グレート対ゲッターG』では戦術水爆5個分の威力を持つ爆弾を内蔵されるなど、完全に特攻兵器扱いであった。
しかしグレートブースターは異常なほどに頑丈なため、敵にぶつけた後も損傷することは無く、設定上は戻って来たグレートブースターと合体することも一応可能である。

TV版最終回で気絶した剣鉄也に変わって兜剣造が遠隔操作してミケーネ帝国に立ち向かうも、力及ばず無敵要塞デモニカに破壊されてしまった。

ちなみにその数年後が舞台の『マジンガーZ/INFINITY』においては再建造されてはいるが、軍属のため承認制になっており、残念ながら使用する前に映画が終わってしまった。
なので、デザインなど設定はされていなかったのだが、完成トイブランドMETAL BUILDではINFINITY版のグレートマジンガーが商品化されるにあたり、本作のメカデザイナー柳瀬敬之による書き起こしで新規設定され日の目を見ることになった。
家庭用初参戦の『スーパーロボット大戦T』では公式配信番組内でMETAL BUILDと上記のグレートブースターが初めて紹介されたが開発時期の都合によりゲーム内では映画と同じく使用は出来なかった、しかし『スーパーロボット大戦30』でついに実装される事になった。

OVA『マジンカイザー』

一言で言うとすごく…大きいです…
試作型グレートが地下帝国との戦いで中破、正式型に移行した折に開発された機材で、マジンカイザーのカイザースクランダーよりも更に大きい。大きすぎるためドッキングなどハナから想定されておらず、サーフィンドダイYSの様に飛び乗って使用する。直接ぶつけるというよりは上に飛び乗ってラリアットパンチを喰らわせるための乗り物的役割である。
漫画版ではカイザーが飛び乗ってガラダブラMk01を撃破した。

その他

「飛行ユニットを直接ぶつける」という発想は画期的であり、後のロボットアニメでも同様の兵装は多々見受けられる。
有名な例だと『機動戦士ガンダムSEED』のジャスティスガンダムが使用するファトゥム-00などが挙げられる。

関連イラスト

衝撃版 剣鉄也&グレートマジンガー&グレートブースター



関連項目

グレートマジンガー グレちゃん
超音速 戦闘機 合体

関連記事

親記事

グレートマジンガー ぐれーとまじんがー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「グレートブースター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 828

コメント