ピクシブ百科事典

ミケーネ帝国

みけーねていこく

『マジンガーZ』及び『グレートマジンガー』に登場する悪の軍団。
目次[非表示]

概要

数千年前のギリシャにて、機械の巨人(機械獣)を使役し、国々を制していたミケーネ人の一大帝国。
地震によって滅びたと思われていたが、その高度な技術力でエーゲ海の地下に逃げ延び、身体を機械化することで生き延びていた。
現代では、機械獣に代わる新たな戦力・戦闘獣を主力としている。

構成員

闇の帝王やゴーゴン大公を除く幹部全員が巨大な戦闘獣で構成されている。

闇の帝王

ミケーネ帝国の支配者。その正体は不明だが、巨大な炎の姿をしている。三千年前に、機械獣をはじめとする超兵器でアレス国そしてミケーネ王国を征服し、ミケーネ帝国を築いた。
マジンガーたちとの決着が付かず、その素性も作品によってそれぞれ異なる。

暗黒大将軍

ミケーネ帝国の総司令官で七大将軍の纏め役。
元はアレス国の将軍だったが、その武勇を惜しんだ闇の帝王により戦闘獣に改造されて、忠誠を誓うようになった。

地獄大元帥

Dr.ヘルがミケーネ帝国の科学力で戦闘獣として蘇った姿。頭部のコクピットの中にヘルの上半身が設置されている。
暗黒大将軍の死後、彼の後任に就き、七大将軍を従えた。

七大将軍

暗黒大将軍直属の部下である、各戦闘獣軍団の指揮官たち。
超人将軍ユリシーザー
人型戦闘獣を率いる将軍。
猛獣将軍ライガーン
猛獣型戦闘獣を指揮する
怪鳥将軍バーダラー
鳥類型戦闘獣を指揮する将軍。
大昆虫将軍スカラベス
昆虫型戦闘獣を率いる。
悪霊将軍ハーディアス
悪霊型戦闘獣を従える。
魔魚将軍アンゴラス
魚類型戦闘獣を指揮する。
妖爬虫将軍ドレイドウ
爬虫類型戦闘獣を率いる。

諜報軍

アルゴス長官
諜報軍の指揮官。左手は顔の付いた杖と一体化している。
情報に裏付けされた頭脳戦を好み、武闘派の暗黒大将軍とはたびたび衝突するが、共同戦線を張ることもあった。
ゴーゴン大公
諜報軍所属の幹部。下半身が虎と一体になっている。
諜報軍の指揮を執り、科学要塞研究所やグレートの情報収集を行った。
ヤヌス侯爵
戦死したゴーゴン大公の後任である女幹部。本体は戦闘獣だが、諜報活動のために女性の姿で人間社会に潜伏する。

戦闘員

ミケーネス
ミケーネ帝国の兵士。
キャットルー
ヤヌス侯爵が従える猫のような小型戦闘獣。隠密活動やゲリラ戦を得意とする。

戦力

戦闘獣

万能要塞ミケロス

無敵要塞デモニカ

火山島前線基地


マジンガーZ

ゴーゴン大公率いる先遣隊がDr.ヘル一派に機械獣を上回る妖機械獣を提供していた。Dr.ヘルの死後、再び地上を我が物にすべく本格的な侵略活動に乗り出す。最初の戦いでは、数々の機械獣を破ってきたマジンガーZをも圧倒した。しかし、予想だにしなかったグレートマジンガーの出現によって戦略を見直す事になる。

グレートマジンガー

七大将軍と諜報軍のニ大勢力が、地上侵略の障害となりうるグレートマジンガーや科学要塞研究所への攻撃を行った。暗黒大将軍の死後は、マジンガーZに敗れたDr.ヘルを改造した地獄大元帥が後任として登場した。
しかし、グレートマジンガーや復活したマジンガーZによって主だった幹部陣が戦死し、闇の帝王は地上征服を断念し、本国への通路を封鎖する。

真マジンガー

オリュンポスから来たミケーネの神々とミケーネ人で構成されておりミケーネの神々は従来の戦闘獣を遥かに上回る巨体となっている。

スーパーロボット大戦

マジンガーシリーズが作品の常連であるが出てこない場合がある等若干不遇であった。
しかし、第2次スーパーロボット大戦αではメインの敵勢力となり強大な敵として描かれ
第3次スーパーロボット大戦Zではラスボスばりの巨大勢力として描かれた
ちなみに前者の方では原作で未消化に終わった闇の帝王との完全な決着が果たされる。

ロボットガールズZ

株式会社ミケーネ帝国として登場

関連記事

親記事

グレートマジンガー ぐれーとまじんがー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ミケーネ帝国」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 108831

コメント