ピクシブ百科事典

アドヴェント

あどべんと

アドヴェントとは、「第3次スーパーロボット大戦Z」の登場人物である。
目次[非表示]

CV:諏訪部順一

概要

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇」に登場するバンプレストオリジナルキャラクター。
人類の進化を監視することを目的としているという謎の組織「クロノ」に所属する青年。
クロノには「保守派」と「改革派」の2つの派閥があり、彼はそのうちの改革派に属しているとのことだが、クロノや彼自身の真の目的については謎に包まれている。
改革派で量産されている機動兵器「アスクレプス」を乗機としている。

温和な性格で丁寧な物腰だが、掴みどころがなく、得体の知れない部分も持つ。
ヒビキ・カミシロに対して何かを期待しているようで、彼のことを何かとサポートする。また、彼の持つ「血塗られた目」の症状を和らげる能力も持っている。
また、保守派の傘下にあるジェミニスと、それを率いるガドライト・メオンサムに対しては明確な敵意をあらわにしている。

元は「第3次Z」の舞台である多元世界とは別の世界の住人であり、ヒビキが遭遇した「テンシ」と接触し、彼同様「呪われし者」となった過去を持つと語っている。

ジェミニスとの最終決戦に駆けつけ、ガドライトを挑発することで「いがみ合う双子」の能力バランスを崩すことに成功するが、それに逆上したガドライトの攻撃により機体ごと爆散し、消息不明となる。

結局、彼の正体や真意などは地獄篇内で明かされることなく出番を終えてしまったため、その素性に関しては謎に包まれており、劇中で彼が語った事の真偽も不明。
何処となく胡散臭い言動や、ガドライトに対する辛辣な言葉などから多くのプレイヤーからは黒幕サイドなのではないかと疑われている。
また、言動の端々から彼もスフィアリアクターである可能性が示唆されており、乗機であるアスクレプスも十二星座と併せて十三星座として扱われることがあるへびつかい座をモチーフとした機体である。

ちなみに、中断メッセージでは「地獄篇の周回リンクボーナスは5周でマックスになる」という情報を教えてくれる。ありがたい話だが、非常にメタい発言である(中断メッセージがメタ発言の宝庫なのは今に始まったことではないが)。















ネタバレ

天獄篇では、なんと序盤より火星での戦いで生存していた事が判明。
相も変わらずZ-BLUEのメンバーが危機に陥った際に駆けつけ、何度もその窮地を救っている為、ヒビキを始め、Z-BLUEのメンバーからは、ほぼ全幅における信頼を得ている。
その反面、ガロード・ランレドノノといった出会って日も浅いメンバーからは、どうしてそこまでの信頼が出来るのか疑問を抱かれており、クロウ・ブルーストからも、次第に疑いの目を向けられる事になっている。

その正体は、全ての宇宙で最初にオリジン・ローに触れ、それによって1億2000万年前に転生した惑星エス・テランより生まれし者で、「御使い」という4人の存在の一人であった。喜怒哀楽の内、「喜」を司る事から「喜びのアドヴェント」を自称している。また、ヒビキから父や姉、そして母を奪った張本人「テンシ」その人であったのだが、ヒビキは視界にフィルターのようなものをかけられていた事から、アドヴェントとテンシが同一人物である事を認識出来なかった。

時折の言動から見ても、アドヴェントが腹に一物を抱えているのはあからさまであったのだが、初登場の時よりずっとヒビキやZ-BLUEの窮地を何度も助けてきた事実から、次第に彼らの疑問は忘れられていく事になり、本人達も気付かない内に「アドヴェントの考えが正しい事」を前提とした歪んだ思考を刷り込まれてしまっていたのである。
この手口は、Z」の時におけるギルバート・デュランダルに前幅の信頼を置いてしまっていた「ZEUTH」のケースと非常に似通っている。

自らの裏の内面をクロウによって暴かれた後、アドヴェントはZ-BLUEが自らの同士に足り得ない存在であると判断。遂にその牙を向く形でZ-BLUEに襲い掛かっている。
そしてヒビキのジェニオン・ガイにアスクレプスを撃墜されたアドヴェントは、自らの「真の力」を解放。生身の身で超常的な力を発揮し、ジェニオン・ガイを木っ端微塵に破壊した。

Z-BLUEに一方的な決別を言い渡した後、ZONEから開放されたアサキム・ドーウィンと利害の一致により結託する事になるも、元から自信が復讐の対象の一人であった上に、かつての仲間であった御使い達から追放され敵対してもその本質が「独善そのもの」になんら変わりが無かった為、結局は彼の反感を買う事になり、衝突。ヘリオースとしての力を解放したアスクレプスによってシュロウガを攻撃するものの、これはオリジン・ローの力をアサキムとシュロウガに体得させ、シュロウガ・シンへの変貌を招く事になっている。

その後も、Z-BLUEやアサキムと対立しながらも、自身を崇拝する部下達を失った事で結局はエス・テランにいる御使い達の元へと戻っているのだが、哀しみのサクリファイスが己の過ちに気付いてZ-BLUEと和解しかけた隙を突く形で、彼女をヘリオースで吸収。そして、アサキムにも「真実」を明かして彼の精神を崩壊に追い込んだ上で吸収させた。

拠点に帰還後、白々しい態度でサクリファイスがZ-BLUEに倒され、アサキムも姿を消したと嘘を吐き、黒き太陽の存在するエス・テランのラース・バビロンでZ-BLUEとの決戦を迎えるが、ソーラリアンの次元結界によって封じ込められる。
しかし、それは芝居であり、ドクトリンとテンプティがZ-BLUEに追い詰められ、ゼロのギアスによって一時的に力を奪われた時に再び姿を現す。
実は、アドヴェントは、追放されてから1万2千年もの膨大な時が流れていたにも拘らず、未だに他の御使い達への恨みを根に持ち続けており(しかも、生かされた上に、かつての同胞への最後の情けとしてヘリオースという恩情までももらっている)、殆ど弱っていた二人に宇宙を救う資格は無いと断言。二人からは必死に謝罪されるものの、既に自らこそが「神そのもの」であるとまで傲慢さを肥大化させていたアドヴェントはそれを聞き入れず、サクリファイやアサキムと同様に吸収して、彼ら4人を「奪還できなかったスフィアの代用品」に利用する。
代用品で補う形で12のスフィアの力を揃えたアドヴェントは、ヘリオースとプロディキウム、黒い太陽を融合する事で、至高神ソルを「至高神Z」として再誕させ、御使いを超えた存在となった自らは、「聖アドヴェント」を名乗り、宇宙の大崩壊を放置して全てが滅んだ後の宇宙で神となった自分だけに都合の良い理想郷を創り出すという、究極の独善的な野望を果たすべく、Zシリーズ最大最後の敵としてZ-BLUEとの最終決戦に突入する。


関連タグ

第3次スーパーロボット大戦Z ヒビキ・カミシロ ガドライト・メオンサム
エンブリヲ(クロスアンジュ) - 同じように自分に都合の良い世界を作り出そうとした独善者(ただし彼の方がより下衆い)

pixivに投稿された作品 pixivで「アドヴェント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1540

コメント