ピクシブ百科事典

レド

れど

アニメ「翠星のガルガンティア」の主人公。
目次[非表示]

CV:石川界人

人物像

人類銀河同盟軍に属し、マシンキャリバー「チェインバー」に乗る銀髪少年。16歳。
人生の殆どを宇宙生物「ヒディアーズ」との戦闘に費やし、戦うこと以外を知らずに育った少年兵。階級は少尉
ヒディアーズ殲滅の作戦行動中、時空のひずみに飲み込まれ地球へと漂着し、半年の間海の底でチェインバーと共に人工冬眠していた所を船団都市「ガルガンティア船団」にサルベージされ覚醒する。
当初は認識の食い違い等が原因で船団との間に緊張状態があったものの、次第に船団の人々との共存の道を探るべく交流を深めていく。
また、当初こそ地球の言葉を理解する事ができず、チェインバーに翻訳を頼む事も多かったが、次第に言語を理解し、日増しに上達していった。

保存食である魚の開きをチェインバーが「魚の死骸」と認識してそれをそのまま真に受ける(人類銀河同盟では食事は新陳代謝のためのツールであり、パッケージングされた栄養素を必要に応じて摂取する為、料理や食肉という概念が無い)、タコをヒディアーズに誤認するなど、地球の文化に対してカルチャーギャップを受ける場面も見られる。
この他、チェインバーとくらべて操作系が簡素なユンボロも簡単なレクチャーを受ければ操作する事が出来るが、チェインバーによる補佐が無い為、専門知識を必要とする動作や潜水は出来ない(本人もカナヅチ)。

たまにヒディアーズの爪に穴を開けて笛のようなものを作る行動をするが、自分自身でもなぜそれをするかわかっておらず、チェインバーには精神統一のためと語る。
これはかつて処分された弟分の少年に贈り物をしていた事に由来しているが、本人はその記憶を消されており、エイミーの弟・ベベルが笛を吹いた事が切欠となって記憶が蘇った。

戦い以外の事を知らずに生きてきた為、感情表現が苦手でほとんどが無表情。また、自身を「レドという個人」ではなく「敵を倒す兵士」であると規定している。
ヒディアーズと人類との間の戦闘が「殲滅」であった為、地球で海賊と戦闘の際も同様に殲滅してしまったが為に船団の立場を危うくしてしまい、人間同士の争いには「交渉」が必要である事を知り、彼らが掲げる「共存共栄」の精神を学ぶ。
しかし、地球に生息していたヒディアーズ(=クジライカ)を目の当たりにし、自身の兵士としての能力全てを以ってこれを殲滅すべく、彼を利用する目的で近づいたピニオンらと共に船団を離れた。
そして、ヒディアーズの巣において彼らを殲滅するも、その正体を知った事から、自分の存在意義を揺るがされ、苦悩する事になる。
その後、再会したクーゲルがガルガンティアへ啓蒙と称した攻撃を行うと知り、ガルガンティアと交友した彼にそれを行う事ができず、クーゲルの乗るストライカーと交戦するが、クーゲルは既に死んでおり、加えてストライカーがクーゲルの遺志と同盟の思想を受け継ぎながらも「神」を自称し暴走している事を知り、これを撃墜すべく命を擲つ覚悟で戦闘を繰り広げるが、レドを生かすべきと判断したチェインバーによりコックピットブロックごと脱出させられ、一人生還した。

その後は再びガルガンティア船団へ戻り、サルベージに勤しんでおり、エイミーや仲間たちと共に暮らしていく道を選んでいる。

関連イラスト

[翠星] Suntan
星と海とキミの声


; ;
レドとチェインバー



関連タグ

翠星のガルガンティア エイミー サーヤ メルティ ベローズ クーゲル
レドエルフカップやきそば現象

歌仙兼定(刀剣乱舞) 劇場版の後編公開記念でコラボイラストが描き下ろされたのだが、まさかの衣装チェンジ仕様となった。中の人つながりだけではなく、ニトロプラスDMM.comつながりでもある。

pixivに投稿された作品 pixivで「レド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2633156

コメント