2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

仮面ライダーダークドライブ

かめんらいだーだーくどらいぶ

『劇場版仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』に登場する仮面ライダー。
目次[非表示]

『Start our mission!』

「変身」

『DRIVE! TYPE-NEXT!』

スーツアクター:岡田和也
CV:クリス・ペプラー(無人)/真剣佑(エイジ変身Ver.)/小山力也(ガンバライジング)

概要

仮面ライダードライブの夏の劇場版「サプライズ・フューチャー」に登場する、所謂「劇場版限定ライダー」。

とある目的の為に2035年未来から2015年8月にやって来た「未来のドライブだが、シフトブレスのベルトの色は黒となっている。

現時点では変身者は不明だが、下級ロイミュードや何らかの手段で肉体を得たベルトさんことクリム・スタインベルトと共に登場している。
形態は「タイプネクスト」で、マシンネクストライドロン」を駆る。

「ダーク」と付いた名前からも分かる通り端的に言えば「悪のドライブ」であり、仮面ライダーリュウガ仮面ライダーダークカブトなどと同じいわゆるネガライダー的な存在と言える。

スーツは後に仮面ライダーハッタリに改造された。

S.H.Figuartsからプレミアムバンダイ限定で立体化もされている。

スペック

身長199.5cm
体重108.0kg
パンチ力24.0t
キック力40.0t
ジャンプ力50.0m
走力0.446s/100m


内部に新型エンジン「コア・ドライビア-A」を搭載。旧型の200%以上の出力を持ち、重加速を打ち消す波動を放つ(出典:仮面ライダー図鑑「仮面ライダーダークドライブ」より)。

文字通りのタイプネクスト(次世代型)と呼べる存在だが、最大の特徴は体を構成する自律制御ユニットを搭載した無数の超小型金属ユニットを利用した自立稼働ができることにある(出典:仮面ライダー図鑑「仮面ライダーダークドライブ」の「ディストロニックカウル」の項より)。
これにより、仮に無人状態が倒されても再構成が可能であり、自立稼働した状態で変身プロセスを取れば、無人状態のスーツがそのまま変身者を覆うという形で変身が完了する。

「タイプネクストタイヤ」にはバリアの発生機能があるが、これは同じシフトカーを使用したタイプスペシャルが使用している(出典:仮面ライダー図鑑「仮面ライダーダークドライブ」の「タイプネクストタイヤ」の項より)。

仮面ライダー図鑑「仮面ライダーダークドライブ」の「シフトブレス」の項によればタイヤコウカーンが可能である模様。

ネクストシフトカー

ダークドライブ用の未来のシフトカー群。

  • シフトネクストスペシャル
変身用。未来の車のような形状をしていて、ハードボイルダーの様に色が二色に分かれているのが特徴。また、従来のシフトカーと異なり、リボルビングストラクチャーが採用されていない他、シフトアップも行わない。

攻撃用。自動車や建設機械などの乗り物に憑依して操る力を持ち、憑依すると共に乗り物の中に未来型ロイミュードが生み出される。
ネクストハンターはパトカーに憑依して進ノ介達に襲い掛かるも、デッドヒートマッハのヒートキックマッハーで倒された未来型ロイミュードもろとも爆散した。また、憑依されたパトカーには光弾を放つ能力が付与されていた。
ネクストビルダーは大型の双腕重機に憑依し、ライドクロッサーに乗り込んだ仮面ライダーチェイサーと対決。一度は捕まえたチェイサーを巨大ミキサーに巻き込む寸前まで追い詰めたが、ライドブースターと合体したライドクロッサーにより腕部分を破壊され、最後はチェイサーのアクロスブレイカーで操縦者の未来型ロイミュードごと爆散した。この双腕重機は明らかに元の車両から変形しているのが特徴。
ネクストデコトラベラーはデコトラに憑依し、こちらは未来型ロイミュードが2体出現。変身できない進ノ介を轢き殺そうとしたが、寸前で進ノ介が変身した超デッドヒートドライブのライダーパンチで1体目が爆散、残るもう1体も警官隊を襲っていたところに突如現れた仮面ライダーゴーストニュートン魂に吹き飛ばされデコトラごと爆散した。
彼らが黒幕に洗脳されていたのか、それとも模造品だったのかは不明。

専用武器

今更ドライブ劇場版のポスターを描いてみる


画像左のダークドライブが装備する専用武器。
ハンドル剣の刃が付いている黒いブレイクガンナーである。
劇中ではシフトブレスのイグナイターを押して『ネクスト!』の音声と共に必殺技の斬撃を放った。

劇中での活躍

映画本編に先駆け、7月19日の第38話放送からTV本編の最後に放送されているショートドラマである「映画公開記念! 1分間ストーリー」にも登場している。

第2/4話(TV本編第39話後)
ロイミュードが支配している2035年の未来で、謎の存在(未来のクリム博士?)からの「未来を変えさせない為に反逆者である泊エイジを追跡し排除せよ」と言う命令を受理。『歴史の転換点』とされる『2015年7月のロイミュード004がドライブドライバーを奪う時間』(TV本編第39話終盤のシーン)へ渡る為、ドライブピットに酷似している施設で愛車のネクストライドロンに乗車した。

第3/4話(TV本編第40話後)
泊エイジがタイムロードへ突入するのを防ぐべく、ネクストライドロンから激しい攻撃を加えるが、結局エイジのタイムロードへの突入を許してしまい、彼を追跡することになる。

劇場版では

「反逆者泊エイジおよび仮面ライダードライブ泊進ノ介の抹殺」を何者かに命令され、荒廃した未来の世界を変えるために過去へ渡ったエイジを追って2015年8月5日に到着。所持する三つのシフトカーを憑依させて操ったデコトラ、パトカー、建設車両の三台と、未来から連れて来たナンバーの無い下級ロイミュードを使役してエイジの行方を追い始める。

翌日、ドライバーの暴走からエネルギー施設を破壊してしまったドライブとエイジの前に突如として姿を現し、ネクストライドロンで攻撃を行い二人を分断。ドライブと仮面ライダー同士の戦闘を開始する。

その戦闘力をもってドライブを追い詰めるが、トライドロンを駆って援護に回ったエイジの活躍もあり、その場は二人を取り逃がしてしまう。

だがその後も執拗に二人を追い続け、ベルト改造のために発電所に向かう二人にロイミュードとパトカーを差し向けるも逃げられ、二人は発電所へと到着するが、これに追い付きブレードガンナーの銃撃でエイジを葬った。

直後に駆け付けた仮面ライダーマッハチェイス仮面ライダーチェイサーとの戦闘を開始。もはや原形をとどめていない建設車両を操りライダーの抹殺を図るが、チェイスが操縦するライドクロッサーの攻撃により、車両とは分断される。
単独でもマッハを圧倒するも、進ノ介が再び覚悟を決めて変身したタイプトライドロンが加勢したことで形勢を逆転され、最後はアタック1.2.3タイヤのタイプトライドロンとマッハによるダブルライダーキックを受けて地面でもみじおろしにされ、限界を迎えたことで爆散、敗北した。

だがしかし、この時倒されたダークドライブは遠隔操作によりデータを元に実体化された変身者がいない人形であり、これを操っていたのは泊エイジの姿をコピーしていたロイミュード108だった。
ダークドライブとは元々は泊エイジが変身する未来の正義のドライブであり、108がエイジを倒し彼の姿とドライブの力を奪い取っていたのだ。そのため、仮面ライダー図鑑ではエイジが変身するドライブは「仮面ライダードライブ タイプネクスト」とされている(変身する際には遠隔操作体をエイジが装着する形となっている)。

つまり、これまで描かれてきた「追われる泊エイジ」と「追うダークドライブ」などという図式は実際には存在せず、全て108の自作自演だったのである。


これらの経緯を自らベルトを破壊した直後の進ノ介に語り、108は自らダークドライブへと変身。進ノ介を抹殺するべく攻撃を行って、姿を消した。

しかしそれでも生きていた進ノ介を抹殺するため、2015年8月7日に108の遠隔操作によって初代ドライブピットを襲撃。プロトトライドロンで脱出した進ノ介と壮絶なカーチェイスを繰り広げ、プロトトライドロンを破壊。
間髪入れずにデコトラとロイミュード二体を差し向けて抹殺を図るが、超デッドヒートドライブへと変身した進ノ介にロイミュードの一体を撃破され、もう一体のロイミュードも警官隊たちの仮面ライダーへの援護によって進ノ介を取り逃がし、突如現れた謎の戦士によって撃破、デコトラも破壊されてしまう。

その後、自らの潜伏先に乗り込んできた進ノ介と対峙した108が再び変身。急造の超デッドヒートドライブを終始圧倒し変身解除に追い込んだ。

この戦闘に決着がつくと同時に108の目的の一つが達成されたため、108はドライバーとシフトネクストスペシャルを放棄。以後ダークドライブは登場しない。
しかしこの時、「ドライバーとシフトカーを破壊せずにそのまま廃棄」した事が仇となり、残されたベルトとそれまでのデータが記録されたトライドロンキーにより現代のドライブが復活、さらにシフトネクストスペシャルにより未来のドライブの力が発揮され・・・。

その後

劇場用作品

超スーパーヒーロー大戦

仮面ライダーダークカブト仮面ライダーダークゴーストと共に登場。
アマゾンズを倒したエグゼイドを襲撃したが、敗れてしまった模様。

ゲームでの活躍

仮面ライダートランセンドヒーローズ

劇場版公開に合わせて★3キャラとして参戦(上位報酬版は★4)。
必殺はブレードガンナーでの切り上げ攻撃。
なお、声はエフェクトがかかっているが、一人称は「私」となっているのでパラドックス・ロイミュードが人格のベースであると思われる。

仮面ライダーバトルラッシュ

デフォルメされたデザインで登場。
必殺技もブレードガンナーからの斬撃となっている。

ガンバライジング

2020年9月20日から26日の6日間限定で超絶ウィークリーバトルのボスとして登場。報酬はガンバライダーに装備できる必殺技「スペシャルドロップ」。
毎ラウンドプレイヤーにダメージを与えるだけでなく、カウンターの発生率をダウンするアビリティを持つが、『仮面ライダードライブ』出典キャラクターがいるとアビリティの封印が可能。
性格付けはパラドックス・ロイミュード(正体を考えれば順当なキャラクター付けか)であり、必殺技は「ブレイドガンナースラッシュ」(汎用技の流用)、バースト必殺技は「イグナイトネクスト」(ブレイドガンナーでの切り上げ技)。
本編では実現しなかったタイプスペシャルやオーマジオウとの対決も可能となっている。

残念ながら、現時点でプレイアブル化はされていない。

関連タグ

仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー 
ダークライダー 劇場版限定ライダー

仮面ライダーG電王仮面ライダーポセイドン・・・同じく未来から来た敵の仮面ライダー。
仮面ライダースカル・・・「本当の変身者がいる」、「劇場版で主人公の敵として登場」という共通点を持つ。
仮面ライダークイズ仮面ライダーアクア仮面ライダーNEW電王仮面ライダーキカイ・・・ダークドライブより更に先の未来を守る仮面ライダー。

劇場版限定ライダー
3号ダークドライブダークゴースト/ダークネクロム/ゼロスペクター/エクストリーマー

劇場版ボスライダー
マルスダークドライブダークゴースト/エクストリーマー

ネガライダー
武神鎧武/仮面ライダー鎧武・闇ゴルドドライブ/仮面ライダーダークドライブ仮面ライダーダークゴースト

関連記事

親記事

ドライブドライバー どらいぶどらいばー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 144292

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました