ピクシブ百科事典

デコトラベラー

でことらべらー

特撮テレビドラマ「仮面ライダードライブ」に登場するキーアイテム「シフトカー」の内の一台。
目次[非表示]

概要

デコトラをモチーフとしたシフトカー。第11話から登場。メインカラーは紫と黒。

他のシフトカーと比べてデザインがかなり派手で、トラックの荷台部分には「怒羅威武」「電光石火」と記されており、運転席部分のサングラスもチャームポイント。また、全身の色鮮やかなライトも外見の派手さに磨きをかけている。

カラフルコマーシャルロードウィンターアメイジングサーカスの様に、海外で暗躍するロイミュード達に対抗する為に外国に渡っていたシフトカーの内の1台。世界各国のロイミュード達が日本に渡ってきた事で自らも来日した。

人物像・対人関係

他のシフトカーと同じく彼にも独自の意志・人格があり、第18話の描写から推測するに「人情溢れる昭和のオヤジ」と言った感じである。

同話にて、とある事件を必死に追っている追田現八郎警部補と出会い彼の「デカ魂」に触れて感銘を受け、色鮮やかな光と大音量の演歌で彼を励ました(ちなみにトラベラーがこの演出を行っていた場所には「住宅地につき、お静かに」と言う看板があった)。

その後は、前述の事件解決の糸口が中々見つからずに自らの力不足を憂いていた追田の助けになるべく事件解決に積極的に協力した。そして最終的には水中にまで飛び込み、事件を解決に導く決定的な証拠品を見事に発見してみせた。

彼とは「時代遅れな感じがする」者同士互いに気が合う様子であり、追田警部補が主役のギャグシーンにてトラベラーの走行音声がSEBGMとして流れる演出が度々登場している。実質の最終回である第47話でも、追田は特状課の仲間の中でも殊更、デコトラベラーとの別れが悲しそうであった。

能力

彼のシフトカーとしての個別能力を一言で言うと「光」である。具体的には「光のチェーンを操る」「車体に付いた大量のライトでの目くらまし」「光での演出と共に演歌を大音量で流す」等の能力を持つ。

初登場した第11話ではドライブを光のチェーンで救出している。また、第16話では大乱戦を避ける為にドライブの依頼で魔進チェイサーの武装であるブレイクガンナーに自らをセット、ド派手な演歌の演出にチェイサーを巻き込んで戦闘を強制的に終わらせている(進ノ介曰く「平和的解決法」)。

ただ残念ながら本編内では、タイヤ交換などで仮面ライダー達に彼が使用された描写は無かった。

関連項目

仮面ライダードライブ シフトカー 追田現八郎 デコトラ

pixivに投稿された作品 pixivで「デコトラベラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6148

コメント