ピクシブ百科事典

ジャッジ・ロイミュード

じゃっじろいみゅーど

仮面ライダードライブ第18話から登場する上級ロイミュードの1人。
目次[非表示]

「我が名はジャッジ。悪人どもよ、裁きを受けよ‼」

人間態:中沢青六 / CV:田久保修平

概要

コブラ型ロイミュード065が、現さんの恩師であり、元凄腕の敏腕刑事・橘真伍の強い怒りや無念、憎しみの感情をコピーすることにより誕生した上級ロイミュード。モチーフは恐らく死刑執行人。正義と悪を象徴するかのように、髑髏老人が混ざり合ったかのような不気味な顔の色が黒と白の左右対称になっている

能力

両腕から有刺鉄線『ショックジャッジ』を射出して対象者に打ち込み、強力な電流を流し込んで感電させる。また、コピーした橘氏の影響で凄腕の剣道の達人となっており、大電流を放つ事の出来る『ブレードジャッジ』を使って繰り出される剣術を巧みに操る事で攻守に全く隙が無く、見事な剣捌きを使い分けてドライブマッハを圧倒した。

活動歴

橘刑事と追田刑事が5年前に追いかけていた復讐代行の闇サイト『ジャッジ・タイム』の管理人を名乗り、サイトに書き込まれたターゲットを次々と襲撃していた。

その目的は橘刑事が追い掛けていた殺人事件の真犯人である『ジャッジ・タイム』の真の管理人を誘き出すことが狙いであった。

しかしながら、ジャッジ本人はあくまで「進化の為」に橘の感情を利用していたに過ぎず、真犯人が捕まったことを受けて橘を始末しようとするが、ドライブに阻まれ、激戦の末に最後はタイプワイルドダンプによって撃破された。

なお、その行動原理が人間を護るような行為だったため、ブレンは彼を粛清しようと提案したが、彼の行動の真の意味が偽善である事に気づいたのか、ハートメディックそしてチェイスはその提案を退けて様子見に徹することにした模様。


余談

18話終盤まで正体は伏せられていたが、ドライブに対し「この若造が‼」と激昂していた事から、正体に感づいた人は多いかもしれない(橘は進ノ介のことを「若造」と呼んでいたため)。

元ネタは、おそらくロボット刑事のバドー犯罪シンジケート(漫画ではR.R.K.K)のトップ・霧島ジョージ(漫画では霧島竜治)と、キカイダーに登場する不完全な良心回路を持ったアンドロイドゴールドウルフゴールデンバットだと推測される。

その後スーツは第25話に登場したソード・ロイミュードへ改造された。

第18-19話の登場人物・宇津木壮を演じた青柳尊哉は、後に『ウルトラマンオーブ』のライバルキャラであるジャグラスジャグラーを演じた。『ジャッジ・タイム』管理人とされた岡島冬馬を演じた吉田悟郎は『仮面ライダーゼロワン』第2話ゲストのマモルを演じた。

関連項目

ロイミュード 上級ロイミュード ロイミュード(コブラ型) 執行人 偽善者
コックローチ・ドーパント コマンダー・ドーパント バッタヤミー キグナス・ゾディアーツ→似たようなことをやっていた関連。

関連記事

親記事

上級ロイミュード じょうきゅうろいみゅーど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャッジ・ロイミュード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4804

コメント