ピクシブ百科事典

コックローチ・ドーパント

こっくろーちどーぱんと

コックローチ・ドーパントとは、「仮面ライダーW」第7、8話と最終回に登場したドーパントである。
目次[非表示]

「街の害虫は、私が駆除する!」

データ

  • 身長:220cm
  • 体重:138kg
  • 登場話:第7話「Cを探せ/フィリップはそれを我慢できない」、第8話「Cを探せ/ダンシングヒーロー」(脚本:荒川稔久/監督:田﨑竜太)、最終話「Eにさよなら/この街に正義の花束を」(脚本:三条陸/監督:石田秀範)など


概要

何者かがコックローチメモリを左足の裏に挿して変身したドーパント
「闇の仕置人ゴキスター」を名乗り、自らが開いた闇サイトで始末を依頼された人物を片端から殺害していた。
その存在は噂になっており、市民の一部からヒーロー視されていた。
ゴキブリ並みの生命力を有し、相手を窒息させる効果を持つ青い粘液を飛ばして攻撃する。サイクロントリガーの早撃ちを躱す程のクロックアップ並の高速移動が可能。
しかし、変則的な弾の動きをするルナトリガーには苦戦。一度は風花高校から撤退するが、ターゲットを駆除すべく再び出現。別行動していたフィリップがスミロドン・ドーパントに襲われた為に変身できない翔太郎を襲ったが、フィリップが廃品回収車に逃げ込んだ事で漸く変身できたダブルと対決。
そのスピードを活かしてダンス技の『ヘブンズトルネード』に拘る余りに上手く戦えないダブルのベルトからサイクロンとジョーカーを除いた計4本のガイアメモリを奪い取り、ダブルを苦戦させた(もし、サイクロンとジョーカーが奪われていたらとんでもない事になっていた詳しくはハーフチェンジの項目にて)。

正体と末路

以下ネタバレ注意














同人漫画家の伊刈(演:片桐仁)。裏サイト『闇の害虫駆除』を運営しており、「マンガ倶楽部ふうと」で売られていたと思しき著作「風都_仕置人疾る』は彼の害虫駆除の様子を基に描いたものである(実際に風都でも本人が描いているのでは?と噂された程)。
今回の害虫駆除の依頼は星野千鶴(演:藤井玲奈)と仲違いした少年ダンサー稲本弾吾(演:森崎ウィン)によるものだが、人違いで他者(風花高校の校長である"星野")が犠牲になったり、依頼人が依頼を取り下げようとしても依頼を完遂しようとする辺り、仕事は徹底する傾向にある様子(それにしても、依頼人の名前がゴキブリを殺すダンゴとはこれいかに)。
その徹底振りは漫画制作にも現れている様子で、緻密な漫画の描写から左翔太郎に住所を特定されてしまった(尚、住んでいるマンションの名前は五木荘。何とも縁起の悪そうな名前である)。
また、メモリの売人である霧彦ともコネがあり、ダブルのメモリと自分の持つメモリの性質が違う旨を連絡し、ダブルドライバーも奪うようにと依頼を受けた(が、あくまで優先するのは先に受けていた依頼である)。

自分を尾行していたスタッグフォンを粘液で撃ち落とし、そこから千鶴がウェザーサイドスクウェアにいるという情報を掴んで襲撃に向かった。

フィリップと亜樹子の取りなしでシンクロの動きを取り入れてダンスの精度を上げる事を目的に水泳部に入った旨を弾吾に黙ったまま練習に顔を出さなかった事が仲違いの発端だと判明。千鶴を殺す理由が無くなるものの、依頼の撤回を拒否。マンホールで千鶴を負傷させるが、彼女がふと口にした「波」というキーワードで解放された『ヘブンズトルネード』を習得したWのダンス戦法や弾吾とのコンビネーションの前に圧倒されると、トドメのトリガーフルバーストによりメモリブレイクされた。
メモリも無事に奪い返され、弾吾と千鶴は和解。伊刈も警察に逮捕された。

その後の登場

スイーツアノマロカリス共々ガイアメモリの中では比較的量産性が高いらしく(翔太郎は「本物と変わらない。一匹見たら三十匹いる」と冗談めかしつつも記憶の性質から推測した発言を行っている)以下のエピソードでもそれぞれ別個体が登場する。しかし伊刈ほど能力を使いこなせてはいなかった。

その強さと量産性の高いメモリという設定から、視聴者からはマスカレイドメモリ使うくらいならもう少しお金出してこっち使うという意見もある。
(ただし上述した通り現在確認された変身者の中で充分に能力を使いこなしたと言える者は伊刈のみであるため、変身するまでは容易でも使いこなすには相当の適合率や戦闘技術を求められる可能性もある)

最終回

EXEの構成員が変身したが、仮面ライダージョーカーのライダーキックで駆除された。

MOVIE大戦アルティメイタム

アンダーワールドでピクシス・ゾディアーツと共に暴れ回っていたが、やがて現実世界に具現化し、一足先に具現化していたライオンクラゲヤミー合流してコヨミを襲撃する。しかし駆けつけた仮面ライダーメテオにボコボコに殴られまくった挙句マーズブレイカーで焼き尽くされて爆死した。

小説「Zを継ぐ者

ホテルの従業員が自分の勤めるホテルで変身しているのだが、本当にそのモチーフでいいのだろうか。

漫画「風都探偵

第8話にて宝石強盗が変身。飛行能力も披露し、ますますゴキブリらしさが増したが、ハードタービュラーに搭乗したヒートメタルとの空中戦に敗れ、ルナメタルによって素体の泥棒は救出された。
再登場組の中では能力を使いこなしていた方である。


外見

ゴキブリをモチーフとした怪人。造形が物凄くリアル。「朝からこんな怪人出して良いのか」と思った視聴者も多数いただろう。
その予感の通り、最初にデザイン画を見た監督の田﨑竜太氏は「これ日曜の朝に見たらチャンネル変えられちゃうんじゃないの?」と発言したらしい。
また、デザイン画からスーツを起こした際、配慮なのかデザイン画よりも羽の枚数が減らしてあったそうだが、プロデューサーの塚田英明氏が「(画の通りに羽を)増やすように」と指示。
そのこだわりっぷりに田﨑氏は放送的に大丈夫かどうか不安視したらしいが、人間を襲う際に羽がカサカサ鳴る演出を指示したのは、どうやら田﨑監督自身のようである。
動植物をモチーフとしたドーパントは基本的にモチーフに沿ったリアルな造形をしているが、リアルにすればするほど怪人とは違った意味で恐ろしくなるドーパントである。
ちなみに、作中では特に容姿に対する酷評はない。

余談

初登場したTV本編の第7、8話では鳴海探偵事務所の依頼人・稲本弾吾役で森崎ウィンがゲスト出演している。のちに『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』ではOP&EDを担当している。
この弾吾というキャラクターはライダーと共にダンスで戦っただけでなく、必殺技を使ったライダーの歴史の中でも稀有な立ち位置にあるゲストキャラである。
他にも、星野千鶴を演じた藤井玲奈は後に『獣電戦隊キョウリュウジャー』で勝山りんを演じており、教師役で出演した渡洋史は『宇宙刑事シャリバン』や『時空戦士スピルバン』で有名。

人間態を演じた片桐仁氏は当時ラーメンズの一員としてネットユーザーやお笑い好きなどに広く知られていた人物であり、ラーメンズの「テレビにほとんど出演しない」というスタンスもあって出演情報が発表された際には一部で大きな話題となった(現在の片桐氏はドラマやCMなどで頻繁に目にするが、当時は単体の露出もそれほど多くはなかった)。
氏はEテレにて2022年3月31日に終了した朝の看板子供番組『シャキーン!』で自身の顔をモチーフとしたジュモクさんの声を演じていることもあって、他局とはいえ同じ朝の番組で非常に残忍な殺人犯を演じるというギャップに驚いた人もいたかもしれない。
ちなみに、人間態からドーパントへ変身する際の奇妙なポーズは片桐氏のアドリブである。
片桐氏は多摩美卒のアーティストとしての顔を持っており、劇中の同人漫画家設定にもマッチしているが、あくまでも片桐氏は粘土細工などの造形の方がメインである。

関連タグ

仮面ライダーW ドーパント ゴキブリ
バッタヤミーキグナス・ゾディアーツジャッジ・ロイミュード:同じような事をやっていた怪人
ゴキブリ男ゴキブリスパイクゴキブリジンダークローチアルビローチ:ゴキブリをモチーフにしたライダー怪人。
ダイブ中の人繋がりで、10年後のニチアサ作品に登場した敵キャラ繋がり。ただし、こちらは映画に登場したキャラである。

関連記事

親記事

ドーパント どーぱんと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「コックローチ・ドーパント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14253

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました