ピクシブ百科事典

園咲霧彦

そのざききりひこ

『仮面ライダーW』の登場人物。
目次[非表示]

「自慢の婿の誕生です、お義父さん」

概要

演:君沢ユウキ
旧姓・須藤霧彦(すどう きりひこ)
敵組織ミュージアム及びそのフロント企業であるディガル・コーポレーションの幹部
ガイアメモリの密売セールスマンとして史上最高の成績を挙げたことで、ディガルの社長である園咲冴子に見出され、その婿となった。
第2話で衝撃的な登場を果たし、以降ファンの間では「尻彦さん」と親しまれている。
戦闘においてはガイアメモリの力でナスカ・ドーパントに変身し戦う。

彼の特徴として、ガイアメモリのことを、人々を蝕むものではなく、やがては「人類の発展に貢献するもの」と考えていた所にある。
そのため、ガイアメモリの実験の邪魔をする仮面ライダーダブルを「街のゴミ」呼ばわりしたり、メモリのバイヤーが犯罪を犯したりすること自体も、欲にまみれた使用者の自業自得・自滅と考えている。
その一方で彼なりの矜持はあり、大人に売ることはあっても表向き禁止されている青少年への販売・譲渡は一切行わず、それを発見した際にはまだ分別のつかない子供を実験台にすることに対して強く憤っている。
彼が所属するミュージアムは人身の安全に対してさほど興味を持たず、逆にガイアメモリを精錬されたメモリと正しい使用者が使えば人々に貢献できるということを仮面ライダーは証明しているのは皮肉というほかない。

そんな独自の考えを持つ彼だが、故郷風都への愛情は本物である。

劇中での活躍

第2話にて初登場、全裸ベルトという衝撃的な姿で全国のお茶の間に姿を現す。
第4話にて冴子と結婚式を挙げ園咲家婿養子に。

以降はWを宿敵として付け狙ったり、妻に手痛いお仕置きをされシャワーシーンで2度目の裸体を晒すことになったり、妻への名誉挽回と意気込むが逆に失望されたりなどネタキャラの色が定着しつつあった。

しかし第14話では義妹である園咲若菜を陥れようとした輩を粛清したり、第15~16話では冴子から冷たくされても、密かに訓練を重ねナスカの新たなる力を覚醒させ妻のピンチに助けに来るなど、除々に成長を重ねていく。

早過ぎる最期

第17話では彼の風都に対する愛情が取り上げられ、風都のイメージキャラである「ふうとくん」は彼が幼い頃にコンクールで優勝し生まれたキャラクターであることが明かされた。
同じ風都を愛する者であり、Wの変身者の片割れである左翔太郎とはたまたま行きつけの散髪屋が同じ「バーバー風」だった事で素顔で鉢合わせすることとなったが、互いに散髪中の、顔にタオルがかかった正体のわからない状態で風都への愛を語り合い、敵同士ではありながら少しだけ気持ちを通じ合わせる事となった。

第18話にて園咲家、更にガイアメモリの謎に近づくも、彼もまた園咲家の野望の実験台に過ぎなかったことを明かされる。
更にナスカメモリの新たなる力に彼の体は蝕まれることになる。

最期はWと協力し、バードメモリの実験台にされていた少女を救い出す。そして散髪屋で翔太郎に約束していたふうとくんキーホルダーを渡し、ミュージアムという組織の恐ろしさを伝えた後に別れを告げる。

そして妻の冴子に、共に園咲の家を出ることを持ちかけるが、父・琉兵衛に園咲を背負う存在として認められることに固執していた当時の冴子にとってその選択肢は論外であり、遂に見捨てられ、冴子が変身したタブー・ドーパントによって致命傷を負わされる。
最後に「風都… やっぱり、いい風が吹くなぁ…」と、愛する街の風だけに看取られながら息絶えた。
彼の遺体は砂のように崩壊し、街の風と共に流れていった。

愛用のナスカメモリは、皮肉にも、彼を見限ってその手で殺めた妻の手に渡る。
そして、同じく彼がいつも仕立てのよいスーツとともに身に着けていた、もうひとつの愛用品たるスカーフは…。

彼の死は表向きには事故死として扱われ、翔太郎には「街を愛する者同士」として虚無感を与えることとなった。
その早過ぎる死は視聴者にもショックを与え、数多くのファンが悲しんだ。
pixivにおいても彼の死を追悼する絵が数多く投稿されている。→園咲霧彦追悼式

風都はやっぱり良い風が吹くなあ…



関連タグ

仮面ライダーW ナスカ・ドーパント 尻彦 霧彦さん

関連人物

左翔太郎 園咲冴子 ふうとくん

pixivに投稿された作品 pixivで「園咲霧彦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 422331

コメント