ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「自慢の婿の誕生です、お義父さん」

演:君沢ユウキ

概要

旧姓は須藤(すどう)。
敵組織ミュージアム及びそのフロント企業であるディガル・コーポレーションの幹部。
ガイアメモリの密売セールスマンとして史上最高の成績を挙げたことで、ディガルの社長である園咲冴子に見出され、その婿となった。
第2話で衝撃的な初登場を果たし、以降ファンの間では「尻彦さん」と親しまれている。
戦闘においてはガイアメモリの力でナスカ・ドーパントに変身し戦う。

彼の特徴として、ガイアメモリのことを人々を蝕むものではなく「人類の進化や発展に貢献するもの」と考えていた所にある。
そのため、ガイアメモリの実験の邪魔をするWを「街のゴミ」呼ばわりしたり、メモリの購入者や彼らが起こした犯罪も「実験台として必要な犠牲」「欲にまみれた者の自業自得・自滅」だと考えており、彼らのことを内心では見下してもいるなど、ある種の潔癖ともいえる精神の人物である。
その一方で彼なりの矜持や超えてはいけない一線は存在し、大人に売ることはあっても表向き禁止されている青少年への販売・譲渡は一切行わず、それを発見した際には、将来性があり、かつ分別のつかない子供を実験台にすることに対して強く憤っている。
見方を変えて考えれば『 風都での ガイアメモリ密売』という、モラルも社会正義もあったものではない犯罪商売の業界の中で、『青少年に売らない』という一種の『縛りプレイ』を貫き通した上で『史上最高の営業成績を叩き出した』という辺り(商品の浄不浄という大前提はさておき)、セールスマンとしての手腕は非常に優れていたことが伺える。

彼が所属するミュージアムは人身の安全に対してさほど興味を持たず、正しい使用者が使えば人々に貢献できるという彼の考えを、精錬されたガイアメモリを用いる仮面ライダーが証明しているのは皮肉という他ない。
なお、「ガイアメモリが人類の進化や発展に貢献する」という考え自体は実は園咲琉兵衛と同じ考え方である。

そんな独自の考えを持つ彼だが、同時に故郷風都への愛情は本物であり、ミュージアムに所属して上を目指していたのも最終的には風都を陰から支えて、さらに発展させるためである。

また、妻の冴子への愛情も本物で、彼女に冷たくあしらわれたり尻に敷かれながらも、冴子を支え、また彼女に認められるような男になろうと日々努力を重ねていた。

劇中での活躍

第2話にて初登場。
かつ終盤で全裸にベルトという衝撃的な姿で全国のお茶の間に強烈な印象を与える。
第4話にて冴子と結婚式を挙げ園咲家婿養子に。

以降はWを宿敵として付け狙ったり、妻に手痛いお仕置きをされシャワーシーンで2度目の裸体を晒すことになったり、妻への名誉挽回と意気込むが逆に失望されたりなどネタキャラの色が定着しつつあった。

しかし第14話では義妹である園咲若菜を陥れようとした輩を粛清したり、第15~16話では冴子から冷たくされても、密かに訓練を重ねナスカの高速移動を覚醒させ妻のピンチを救うなど、除々に成長を重ねていく。

早過ぎる最期

第17話では彼の風都に対する愛情が取り上げられ、風都のイメージキャラである「ふうとくん」は彼が幼い頃にコンクールで優勝し生まれたキャラクターであることが明かされた。
同じ風都を愛する者であり、Wの変身者の片割れである左翔太郎とはたまたま行きつけの散髪屋が同じ「バーバー風」だった事で素顔で鉢合わせすることとなった。
素顔を見るまでは互いに散髪中、かつ顔にタオルがかかった素性の知れぬ状態で風都への愛を語り合っており、敵同士ではありながら少しだけ気持ちを通じ合わせていた。

第18話にて園咲家、更にガイアメモリの謎に近づくも、彼もまた園咲家の野望の実験台に過ぎなかったことを明かされる。
更にナスカメモリの新たなる力に彼の体は蝕まれることになる。

最期はWと協力し、バードメモリの実験台にされていた少女を救い出す。そして、先の散髪屋の会話で翔太郎に約束していたふうとくんのキーホルダーを渡し、ミュージアムという組織の恐ろしさを伝えた後に別れを告げる。

そして妻の冴子に、共に園咲の家を出ることを持ちかけるが父・琉兵衛を超え、彼に自身を園咲を背負う存在として認めさせることに固執していた当時の冴子にとってその選択肢は論外であり、遂に見捨てられ、冴子が変身したタブー・ドーパントによって致命傷を負わされる。
見限られる可能性を悟っていたのか、彼は満身創痍ながらも穏やかな表情を浮かべ、愛する街の風だけに看取られながら息絶える。

「風都… やっぱり、いい風が吹くなぁ…」

メモリに蝕まれた影響か、彼の体は砂のように崩れ街の風と共に流れていった。
愛用のナスカメモリは、皮肉にも、彼を見限ってその手で殺めた妻の手に渡る。
そして、同じく彼がいつも仕立てのよいスーツとともに身に着けていた、もうひとつの愛用品たるスカーフは…。

彼の死は表向きには事故死として扱われ、翔太郎には「街を愛する者同士」として虚無感を与えることとなった。
その早過ぎる死は視聴者にもショックを与え、数多くのファンが悲しんだ。
pixivにおいても彼の死を追悼する絵が数多く投稿されている。→園咲霧彦追悼式

風都はやっぱり良い風が吹くなあ…



余談

彼の早い退場は当初から決まっており、「組織の恐ろしさを見せるためには新入りが犠牲になるのが定番」という三条陸氏(本作のメインライター)の考えによる。視聴者間の人気を受けて延命する可能性もあったが、「人気があるからこそきっちり死なせる」という結論に至ったとのこと(『風都探偵』第5巻巻末インタビューより)。

演者の君沢氏は、オールアップ後も翔太郎役の桐山漣氏を撮影場に送っていたことがあるという逸話がある。
退場から4ヶ月程経って並びに霧彦の新撮シーンが登場したのも、その縁からと言われている。
また、君沢氏は仮面ライダー電王の1話で良太郎を脅す不良の1人も演じている。(クレジットは中野雄一名義)。

彼の退場した回の最後には風都を嫌う者が現れており、対照的になっている。

本編外での活躍

AtoZで爆笑26連発』では、頭に天使の輪をつけて「霧彦の部屋」というコーナーを担当。
園咲家の面々や自身の関係者を呼び出してトークする……という内容なのだが、

  • クレイドールエクストリームへの進化を「太った」と茶化して義妹ビンタされる
  • 嫁と井坂のキスシーン(本編未公開)を見せつけられ、さらには思い出してうっとりする嫁にショックを受けて本編同様風になる
  • その井坂と対面し敵対心をむき出しにするも、討論の末加頭順の存在を知らされ結託。しかし加頭について教えられる最中に鉄アレイを右足に落とされ骨折
  • ↑の怪我で車椅子に乗って登場。聞く耳を持たないミックをからかって投げ飛ばすも、変身した彼に仕返しとしてボコボコにされる
  • さらに左腕にギプスを装着。加頭の物を落とす癖を笑った結果、紅茶をかけられる→アタッシュケース内のガイアメモリをぶちまけられる→アタッシュケースを落とされる(それも骨折した方の足に)→指パッチンで金タライが召喚され頭部に直撃して気絶(余談だが、加頭の笑顔やスキップが見られるレアなシーン)
  • とうとう頭にネット包帯を巻いた状態に。息子同然のふうとくんの活動を「アイドル気取りか」と咎め、地道に活動するよう説教。風都に風を吹かせるべく、頭の風車を回すよう強要した結果暴風で画面外に吹き飛ばされた
…とまあ、(大抵自身の態度が元で)なんらかのダメージを負わされて怪我でボロボロになっている。

ファイナルステージでは、ナスカ・ドーパントを嫁に使われマスカレイド・ドーパントに回されてしまう(ナスカを取られたのは、タブー・ドーパントが足の構造上アクションできないためという事情もあるのだが)。
「最強のマスカレイド」を名乗るもマスカレイドがマスカレイドなのでアッサリやられてしまった。

公式でもすっかりネタキャラ扱いされている。

関連タグ

仮面ライダーW ナスカ・ドーパント 尻彦 霧彦さん 美形悪役

関連人物

左翔太郎 園咲冴子 ふうとくん


ザンキ仮面ライダー斬鬼檀黎斗神仮面ライダーゲンム…ライダー作品劇中で全裸の後ろ姿(尻)を見せる事となった人物繋がり。

関連記事

親記事

園咲家 そのざきけ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「園咲霧彦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 488854

コメント