ピクシブ百科事典

井坂深紅郎

いさかしんくろう

井坂深紅郎とは「仮面ライダーW」に登場する人物。
目次[非表示]

「人とメモリは惹かれ合う……」
「1つの能力では満足できない私は、多彩なパワーのウェザーに出会いました」

「だが、まだ足りない!」
「罪のない人生など、スパイスの効かない料理だよ」

演:檀臣幸

概要

風都で「井坂内科医院」を営む開業医。年齢42歳、1967年10月20日生まれ。
普段は人当たりのいい物腰柔らかな医師としてふるまっているが、その本性はガイアメモリの力を求め続け、自らの欲望のままに研究を重ねる腐れ外道にしてマッドサイエンティスト。
医者としての通常の診療時間終了後は、ドーパント専門の闇医者としても活動している。
園咲琉兵衛をして「少々危険な人物」、園咲冴子をして「ガイアメモリが生み出した突然変異のバケモノ」と言わしめるほどの人物。

上位メモリのシルバーメモリの一本であるウェザーメモリを使ってウェザー・ドーパントに変身する。生体コネクタは右耳の中にある。
普段は黒いスーツを着ていることが多いが変身すると白い怪人態になるのも特徴といえる。(普段は白いスーツを着ていて変身すると黒いライダーになる鳴海荘吉の逆と言える)
かつて照井竜の家族を殺害した張本人にして怨敵。

人物

ガイアメモリの力を得るために様々な研究を重ね続け、様々なガイアメモリを試し続けた結果、体中がこれまで己に使用するために刻んできた無数のガイアメモリの生体コネクタにまみれている
そのようにガイアメモリを取り込み続けた結果体質が変容しており、カロリー消費が激しく非常に腹が減りやすくなっている。
園咲家での食事シーンでは、数十皿単位の食事を平らげている描写が何度か見られた。

更にドーパントの身体を診察して手を加えたり、メモリやドライバーの改造を独自にこなすこともできる。なんと劣化品ではあるもののゴールドメモリ(と同等のメモリ)の一つであるケツァルコアトルスメモリの複製までこなしている。
作中ではメモリとの適合率が異常なほど高い「過剰適合者」を利用してその人物を死に至らしめることで、最大限に力が引き出されたメモリを新たに自分の力として取り込むということも行ってきた。
こういったこともあって珍しいガイアメモリを研究することが趣味となっており、性癖はいわゆる人間の美女の肢体よりもドーパントの肉体に興奮を覚える変態
基本的には他人のことは利用する相手か実験材料としてしか認識しておらず、自らが力を得る為なら平然と他人を実験台にしたり、その結果として様々な副作用で苦しめたり最終的に死なせたり、またメモリの力を試す為に連続殺人を行なったりするなどまさに腐れ外道である。

感情(恐怖・怒りなど)によってメモリの力が増大化することを理解しているほか、普通は使用者の精神や時に肉体をも蝕むため嫌われているガイアメモリの「毒素」というものを、積極的に取り込むことによってドーパントの力を上げられるものだと考えており、本来は危険な「直挿し」を信条としている。
そのためガイアドライバーダブルドライバーなどの毒素を取り除くドライバー、仮面ライダーの使用する毒素を取り除き純正化されたメモリについてもドーパントの力を下げている物として否定的。
作中では園咲若菜のガイアドライバーを直挿しと同じように改造し、結果的に若菜はメモリとの高い適合率を得ている他、園咲冴子はナスカ・ドーパントLv3へと到達している。
井坂の仮説通り、メモリの毒素とは人間がメモリの力に耐えきれずに心身を壊してしまう為に毒素と呼ばれるのであり、メモリとの適合率が高ければ毒素ではなくなるということかもしれない。

これほどガイアメモリに取りつかれたように研究を行いその力を取り込もうとするのは、彼の過去のある出来事が起因している。

来歴

過去

かつては「何故自分はこの世界に生まれてきたのか」、そんな生命の真理を解き明かしたいという想いから医者になった。しかし生命についての研究を続けても答えを見つけることはできず、自暴自棄となって酒に溺れるような日々を送っていた。
しかし10年前のそんなある夜、井坂は園咲琉兵衛がテラー・ドーパントの力を揮う現場を目撃する。テラー・ドーパントの「恐怖」の力を見た井坂は感動していた
その時から井坂は生きる意味をガイアメモリの力を得ることに見いだし、いつかテラーメモリを自分のものにすることを誓って、ガイアメモリの研究に没頭していった。

その琉兵衛への対抗心やテラーの力を見ても恐怖どころか感動するような精神異常っぷりからシュラウドに琉兵衛を倒せる可能性のある人物として目をつけられ、彼女からウェザーメモリをもらう。
しかしメモリの力に取りつかれた彼は暴走し、ガイアメモリの力の実験のために人々を無差別に殺害する凶悪な殺人鬼に変貌していった。
凍結死、感電死、溺死など風都で原因不明の連続不審死事件を周期的に起こしており、本編の前年の八月には照井竜の父でガイアメモリに迫っていた警察官の照井雄治を家族ごと殺害している。
雄治に目をつけたのは彼がガイアメモリを追っていたことがきっかけだったものの、彼を家族ごと殺したこと自体は井坂は「(ガイアメモリの力の実験ができるなら)誰でもよかった」と述懐している。

その後

表向きは街医者として活動しながら、裏ではガイアメモリの研究を進めていった。ミュージアムとも外部の協力者として深く関わるようになっており、園咲冴子から好意を抱かれるようになる。

しかしインビジブルメモリの力を得るためにそのメモリの過剰適合者であるリリィ白銀を利用しようとし、そのことがきっかけで照井に正体が露見し警察に追われる身となってしまう。更に園崎若菜のドライバーを改造したことを園咲琉兵衛に問い詰められるが、逆に自分の度量を見せて琉兵衛に認められ、彼の計らいで園咲家に身を隠して警察から逃れていた。

結末

琉兵衛を打倒し、テラーメモリの力を自分のものとするという目的を果たすため冴子に接近。最終的に二人は通じ合い、琉兵衛に反旗を翻しミュージアムを去る。

この際にケツァルコアトルスメモリの過剰適合者だった野鳥園の飼育員の少女である島本凪に接触して彼女をあらゆる手段で精神的に追い詰めることでメモリの力を増幅し(この過程で彼女の父親を凪の目の前で殺害している)、最終的にはリリィ白銀の時と同じく彼女の命を奪って最大限に力が高まったケツァルコアトルスの力を手に入れるつもりだった。
そして手に入れた力を使って琉兵衛を倒し、テラーの力を手に入れるべく、いよいよミュージアムに対して冴子と共に反旗を翻す。

一方で最初は単に利用するつもりで接近していたはずの冴子に対し、いつの間にか本当に愛情が芽生えていたことに気付きもしたが、最終的には照井との一騎打ちの末に復讐ではなく、純粋に凪を守る為に力を手に入れて戦ったアクセルトライアルに撃破され、メモリブレイクされる。

そして上述の大量のメモリを過剰使用したツケが回り、メモリブレイク後はその反動で、肉体が無数の生体コネクタに蝕まれるようにして塵となり崩壊。仮面ライダー達の運命を仕組んだ女の存在を言い残して死亡した。

彼の最期にはあのハーフボイルドの翔太郎ですら、「悪魔には相応わしい最期か…」と同情を見せなかったほどである。

風都探偵でも翔太郎達から改めて風都史上、最も危険な殺人鬼と評されている。照井曰く、いつも口元には笑みを浮かべていたが目は生気のないガラス玉のような男だったとのこと。

俺を強くしたのは



関連イラスト

体を診て差し上げましょうか?
【W】私ほど園咲に(ry


一文字違い

いさか先生



関連タグ

仮面ライダーW ウェザー・ドーパント 照井竜
檀臣幸
吐き気を催す邪悪 腹ペコ マッドサイエンティスト 殺人鬼
伊坂…名字が1文字違い。また、赤いサブライダー変身者にとっての大切な存在を手にかけ、最後はそのライダーにとどめを刺されるという共通点もある。

関連記事

親記事

ウェザー・ドーパント うぇざーどーぱんと

pixivに投稿された作品 pixivで「井坂深紅郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 250729

コメント