ピクシブ百科事典

スクリーム・ドーパント

すくりーむどーぱんと

仮面ライダーWの続編、『風都探偵』に登場する謎の敵対勢力、“裏風都”の住人の1人が変身した上級ドーパントらしき怪人。
目次[非表示]

概要

裏風都”を拠点として活動する謎の勢力の一員であり、万灯雪侍の同志である何者かが、“スクリームのガイアメモリ”と新型ガイアドライバーを使い変身する上級ドーパントと思わしき怪人。

絶叫をモチーフとした怪人だけあり、口の中に目玉があり、人の皮を被っているようにも見える女性のような上半身を持ち、見るものに生理的に嫌悪感を抱かせるような悍ましい姿をしている。

実体を持たない影の様に流体的な動きで移動できるほか、その名の通り凄まじい叫び声を超高周波に変換・放出して対象をズタズタに引き裂いてしまう能力も持つ。

万灯が「殺し方は惨すぎる」と言っている事から、相当にえげつない能力、或いは変身者の性格が言い表せない程に残忍という事だけは確かなようだ。
そして事実、自身の能力でズタズタに引き裂いた被害者をバックにスマホ自撮りした写真を集める(しかもインスタ映えを狙っている節がある)という悍ましい趣味を持っている。

特に強い相手をズタズタにする事に快感を得ているようで、「閉ざされたk」事件以降、交戦して殺せなかったアクセル(照井)のことを気に入り、自分の獲物として執着し始めた模様。

余談

コミックの巻末付録によれば、ガイアドライバーはデザイン段階で寺田氏に了承を得て付けたとされている事から、元々ドライバーを装着させる予定は無かったようだ。
また、デザイン段階では男性に近い容姿をしていたがネームの段階で女性的な感じになったとのこと。

関連項目

万灯雪侍/オーロラ・ドーパント
ブラキオサウルス・ドーパント
裏風都
風都探偵

コメント