ピクシブ百科事典

アームズ・ドーパント

あーむずどーぱんと

アームズ・ドーパントとは、仮面ライダーW第15-16話に登場したドーパントである。
目次[非表示]

「さあ、俺の名前を当ててみな?」

概要

風都の怪盗「ツインローズ」の1人・倉田剣児がアームズメモリを右頬に挿して変身したドーパント。バイクを駆り自らを「仮面ライダー」と名乗りながらあちこちで強盗や押し込みを働くことで、その罪を仮面ライダーダブルに被せていた。

この当時はまだ仮面ライダーの名前が広がり始めたばかりの頃で、その具体的な外見や容姿などはまだあまり風都の住民には知られていなかった事から「鉄仮面をつけてバイクに乗っている」という見た目から当初は仮面ライダーだとして通じてしまっていた。

右手に持つ盾にもなる巨大な剣と、機関銃などの様々な武器に変化する左手が武器で、接近戦にも遠距離戦にも対応できる。また、特殊な液体金属を発射して、ダブルドライバーのソウルサイドを固めてダブルへの変身を阻害した事も。

ガイアメモリを手に入れる前は予告状を送り一滴の血も流す事無く仕事を遂行するのがモットーだったが、メモリの毒素による精神汚染が原因で現在は目的のためなら卑劣な手段も辞さない外道な性格になり下がってしまっている。
さらに実はミュージアムの園咲冴子とも裏で通じており、仮面ライダーを名乗って暴れていたのも本物の仮面ライダーを誘い出し、その変身者の片割れであるフィリップを組織に連れ戻すのが目的だった。

廃工場に翔太郎亜樹子を人質に取り、針山で串刺しにしようと目論んだが、救援に現れたファングメモリに翔太郎を救出された上、フィリップが変身したファングジョーカーに配下のマスカレイド・ドーパントを一掃されてしまう。苦しまぎれに暴走状態のファングジョーカー相手に亜樹子を盾にしようとするが、ギリギリのところで翔太郎が意識の世界で埋もれてしまっていたフィリップを助け出して、ファングの力を抑えてフィリップをサポートする側に回ったことで暴走を制御。復活したWの猛攻を受けて最期は『ファングストライザー』でメモリブレイクされた。


また、『MOVIE大戦アルティメイタム』ではアンダーワールドの怪人として登場したが、この面構えに加え、ゴテゴテした装甲車で何もない荒野を仮面ライダー相手に暴れ回る様は完全にアレであった。最後は仮面ライダーアクセル羽交い絞めにされた所をヒートトリガーに滅多打ちにされ、ガードベント同然の扱いを受けて爆死した。

風都探偵にも登場。照井竜が追っていた、ガイアメモリ流通組織「ORIGIN」の末端の一人が仲間を逃がすために変身したが、歴戦の戦士である仮面ライダーアクセルに敵うはずもなく、ほぼ一方的に完封されて上空に投げられ、最後はアクセルグランツァーでメモリブレイクされ逮捕された。

外見

赤い頭部が透明な風防で覆われているのが特徴的。
やった事や台詞も含むが、ある漫画のキャラクターに似ているのかもしれない・・・?

余談

2000年代の最後に登場したライダー怪人にして、2010年代の最初に撃破されたライダー怪人でもある。

声と人間態を演じた西興一朗氏は爆竜戦隊アバレンジャー伯亜凌駕/アバレッド役でも知られており、アバレンジャーに登場する巨大ロボ・アバレンオーも両腕を様々な武器に付け替えて戦うといった共通点がある。


関連タグ

仮面ライダーW ドーパント 仮面ライダー 怪盗

関連記事

親記事

ドーパント どーぱんと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アームズ・ドーパント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11279

コメント