ピクシブ百科事典

刃野幹夫

じんのみきお

刃野幹夫とは、「仮面ライダーW」の登場人物の1人である。
目次[非表示]

「正義の味方気取りが、とうとう本性を現したって事だな。俺はな、前々からどうも胡散臭い奴だと思ってたんだ!」→「やっぱりあの、あなた、正義の味方だったんですね。いやね、私は初めからそう思っていたんですよ?嘘じゃないですよ?」

演:なだぎ武

概要

風都警察署の刑事で、階級は警部補(『仮面ライダーW_RETURNS』にて判明)。部下の真倉俊刑事と共にドーパント関連の事件を担当している。
常に携帯しているツボ押し器がトレードマーク。署ではよく昆布茶を飲んでくつろいでいる。照井竜が風都署に赴任してからは真倉共々「超常犯罪捜査課」に異動となり、照井の部下になった。
10年前は派出所勤務の巡査であり、左翔太郎とはその頃からの昔馴染みで、彼からは「刃さん」と呼ばれている。昔は不良の翔太郎を更生させるべくよく追いかけ回していた。また、TV本編の時点では不明であった翔太郎の境遇について知っている模様。
またこの当時から後に彼の師になる鳴海荘吉とも付き合いがあり、翔太郎が彼に弟子入りした時は「いい師匠を持ったな」と影で喜んでいた。
翔太郎に事件の情報を与える代わりに、事件解決の手柄は貰う(恐らくその事件の犯人の逮捕)という取引をしている。
なお「厄介事に巻き込まれる」「口が軽いから」という理由で、真倉同様に仮面ライダーの正体は知らされていない。

調子の良い性格でコメディ要素が強いが、彼によって更生した者もいるなど、意外な人格者。また、翔太郎曰く「騙され上手」で、他人のを簡単に信用してしまうが、最終的には嘘を言った側がその嘘に騙される刃野に付き合わされてしまうらしく、その結果相手を更生させたり事態を思わぬ方向に好転させてしまうなど不思議な人間性の持ち主。

1番最初に風都に出現したドーパントであるスパイダー・ドーパントを目撃しているなど、ガイアメモリ犯罪との付き合いはかなり長い。

またその人柄と刑事としてのキャリアが長いせいか、風都署や警察の色んなところに顔が効くらしく、超常犯罪捜査課では真倉と共に他の部署との連絡や橋渡しも行なっている模様。

TV本編内ではすぐ気絶することが多く、実力の程は不明なままだったが、Vシネマ「仮面ライダーアクセル」にて、意外にも腕っ節が強いことが判明。「俺の必殺カンフー」と称するおそらく我流と思われる謎の格闘術にて、ドーパントに生み出された尖兵十人近くを相手取り、周囲の器物を利用した戦術(所謂「ジャッキーアクション」)で圧倒し、最終的に倒していた。

オマージュ元のモデルは、「探偵物語」にて成田三樹夫が演じた服部刑事。常にツボ押し器を携帯しているのは、肩凝りがひどく常に金槌で肩を叩く服部刑事のパロディである。

ネット版では彼にそっくりなミュージアムの刃野博士が登場しているが、関係は全くの不明。

その後…

TV本編終了後の続編シリーズとなるビッグコミックスピリッツで連載中の漫画「風都探偵」でも引き続き、照井の部下として、真倉を引き連れて超常犯罪捜査課で働いている。
翔太郎への情報リークおよび協力体制も健在である。
腕っぷしも相変わらずで、ドーパントではない普通のチンピラ程度なら一人で数人まとめて叩きのめしている。

関連タグ

仮面ライダーW 風都探偵
ドーパント 左翔太郎 照井竜 真倉俊 なんじゃこりゃあ:本作は松田優作出演作品のパロディが多いが、彼もこのセリフをパロディしている

関連記事

親記事

風都 ふうと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「刃野幹夫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15135

コメント