ピクシブ百科事典

鳴海荘吉

なるみそうきち

特撮番組『仮面ライダーW』の登場人物。
目次[非表示]

―――さぁ、お前の罪を……数えろ

概要

演・吉川晃司

鳴海探偵事務所の先代所長で、主人公左翔太郎の探偵業の師匠であり、フィリップの恩人。翔太郎からは「おやっさん」と呼ばれている。
またヒロイン鳴海亜樹子父親でもある。

ミュージアムから逃走してきたシュラウドから渡されたロストドライバーとスカルメモリを使い、仮面ライダースカルに変身する。
もともと、長年の間、ガイアメモリを風都にばら撒き人々を泣かせてきたミュージアムの悪行を憎み、それらと戦ってきたこともあってか、探偵として「ガイアメモリに頼らない」事をポリシーとしており、シュラウドからドライバーとメモリを受け取り、覚悟を決めスカルに変身して戦い始めてからも、ドーパントが出てこない限り(少なくとも最下級であるマスカレイド級まで)は極力変身せず、生身とメモリガジェットのみで戦っていた。

仮面ライダーW本編開始時点の1年前のクリスマスに起きたビギンズナイト(本編1話のプロローグおよびMOVIE大戦2010のWパートにて描写)で死亡したが、彼の生き様は翔太郎とフィリップに少なからず影響を与えている。自らの死に際に翔太郎へ帽子や仮面ライダースカルの車両とロストドライバーを遺した。

また、MOVIE大戦2010のラストでは、ディエンド用カメンライドカードの力で、別の平行世界の存在であるソウキチが登場。
幾多の戦いを経験し、成長した翔太郎と出会い、「帽子がよく似合っている」と声をかけ、彼の世界へと帰還していった。

事務所開業当初

劇場版MOVIE大戦COREにて。
彼の娘の亜樹子が、照井竜との結婚前のマリッジブルー騒動の中でプテラノドンヤミーにさらわれた際、メモリーメモリの力で、大阪で暮らす幼いころの亜樹子と離れ、風都鳴海探偵事務所を開業し、巨悪事件と戦い続けていた頃の姿を垣間見ることとなる。

開業当初は、相棒の松井誠一郎(マツ)と二人で探偵をやっていた。
その捜査手法は、荘吉が事件現場や聞き込みなどの外歩きで情報を集めていくアウトドア捜査、マツが図書館などで過去の事件関連資料を総当りで調べ、荘吉の情報と統合して表にまとめていくインドア捜査という形であり、その様がまるで彼らの後継者・翔太郎とフィリップのようであったことは、亜樹子も認めるところであった。
また、風都はガイアメモリ蔓延の根源である園咲家のお膝元の街ゆえに、彼らがぶち当たる事件にはメモリやドーパントが絡んでくることが非常に多く、荘吉はマツの知らないところで園咲家を離反した荘吉の幼馴染・シュラウドとも協力体制を築いており、ドーパント相手でもそれなりに対応できるようにメモリガジェットなどの提供も受けていた。


余談

主人公・翔太郎がハードボイルドにあこがれる人物であるため、「その師となる人物はハードボイルドを体現できる人物でなければならない」という理由で吉川晃司に白羽の矢が立った。その名演はもはや語るまでもあるまい。

関連タグ

仮面ライダーW 仮面ライダースカル おやっさん ハードボイルド
MOVIE大戦2010ビギンズナイト) MOVIE大戦CORE
松井誠一郎 私立探偵 風都

さぁ、お前の罪を数えろ!

pixivに投稿された作品 pixivで「鳴海荘吉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 173649

コメント