ピクシブ百科事典

カッシーン

かっしーん

『仮面ライダージオウ』に登場するオーマジオウの兵士。
目次[非表示]

「我はオーマジオウ様の忠実なしもべ、カッシーン。我が魔王の命によりゲイツ、ツクヨミを抹殺する」

CV:津田健次郎

データ

身長:195.2cm
体重:640.4kg
特色/力:クローアームからの破壊光線/槍術

概要

仮面ライダージオウ』第15話「バック・トゥ・2068」から登場する、2068年の時代からやって来たオーマジオウ兵士。鎧兜のような姿をしており、頭部にはオーマジオウの配下だと証明するかのように小さく「カメン」と描かれている。色合いはオーマジオウに酷似した金と黒。
完全自律型AIを搭載し、与えられた命令を忠実にこなす。戦闘においては専用武器の三又槍による槍術を中心とした格闘戦を得意としており、背部ユニットより展開したクローアームからは破壊光線を放つ事が可能。仮面ライダーゲイツを圧倒する等、戦い方はシンプルながらその実力は高い。また、タイムマジーンを使わずとも単身で時空を移動できる。

オーマジオウの命令を受け、後のオーマジオウとなる常磐ソウゴを守るべく、レジスタンスの明光院ゲイツツクヨミを抹殺しようと2人に襲い掛かる。
あくまで2068年のオーマジオウの命令で動いているため、2018年におけるソウゴの制止を受けても「これは全てあなたの為」と言って攻撃を止めようとしない。

第16話で再びゲイツを襲いトドメを刺そうとしたが、未来から戻って来たソウゴとツクヨミに阻止される。そしてソウゴがゲイツにジクウドライバーを破壊するよう頼んできた際は慌ててそれを防ごうとしたが、ゲイツが繰り出したウィザードギワギワシュートの一発目で腕を凍らされて失敗、そのまま次に放たれた二発目がソウゴのジクウドライバーを破壊。それによってオーマジオウが世界を支配する未来が消滅した為、カッシーンもその場に倒れ機能を停止した。

その後、ソウゴを始末する為に動き出したスウォルツによって機能を弄られ、以降はタイムジャッカーの手先としてソウゴを襲撃。変身できないソウゴを助けようとしたゲイツと対決し、そこに参戦したディケイドウィザードと共にゲイツ変身解除に至るまで圧倒した後、続けてツクヨミにも襲い掛かる。
しかしゲイツの説得を受け、彼のジクウドライバーを借りたソウゴがジオウに変身し、更にジオウ・ディケイドアーマーゴーストフォームの召喚したパーカーゴーストが、ウールから予備のジクウドライバーを奪取した事でゲイツも再び参戦。ウールとオーラが操縦するタイムマジーンも交えた乱戦になる中(ディケイドは「分が悪い」と判断し途中で撤退した)、自身はジオウ・ディケイドアーマーエグゼイドフォームRと戦うも、最後は必殺技「平成ライダーズアルティメットタイムブレーク」を受けて爆散した。

カッシーン自身は忠実な配下であったが、タイムジャッカーによってその使命すら曲げられ、あまつさえ主君に討ち取られるという悲惨な最期を迎えた。

余談

名前の由来はそのまま「家臣」から来ている。仮面ライダーシリーズの怪人の名称にしては珍しく、スーパー戦隊シリーズの怪人を思わせる様なモチーフの名前を捩った名称である。

モチーフは時計に因んで鳩時計と思われ、顔は鳩の顔、肩は翼を模しているように見える。

カッシーンを演じる津田健次郎氏は過去に仮面ライダー電王オクトイマジンを、仮面ライダー鎧武レデュエを演じており、仮面ライダーシリーズに声優として出演するのはこれが3回目となる。(東映特撮全体で言うならば動物戦隊ジュウオウジャーにてキルメンチ役でも登場しており、これで4回目。)
ちなみに偶然なのか狙ってキャスティングしたのかは不明だが、津田氏が出演した仮面ライダー作品はいずれも時間の要素が物語に大きく絡んでいる(電王はジオウと同じタイムスリップ系のストーリーであり、鎧武は劇中で過去の時間軸にタイムスリップしている人物がいる)。

関連項目

仮面ライダージオウ オーマジオウ アンドロイド/ロボット

関連記事

親記事

オーマジオウ おーまじおう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カッシーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31905

コメント