2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ウォズギンガファイナリー

うぉずぎんがふぁいなりー

特撮番組『仮面ライダージオウ』に登場するライダー、仮面ライダーウォズの形態の呼称の一つである、仮面ライダーウォズギンガのフォームの一つ。
目次[非表示]

\ギンガ!/
アクション!

投影!ファイナリータイム!
ギンギンギラギラギャラクシー!宇宙の彼方のファンタジー!
ウォズギンガファイナリー!ファイナリー!

ウォズ「祝え!宇宙最強、ギンガファイナリー!……緊急時につき、短縮版である」

概要

EP36で登場した、仮面ライダーウォズビヨンドライバーギンガミライドウォッチを装填して変身した強化形態。仮面ライダーウォズの最強フォームに当たる。
正式表記についてだが、「仮面ライダーウォズギンガファイナリー」だったり「仮面ライダーウォズギンガ ファイナリー」だったり「仮面ライダーウォズ ギンガファイナリー」だったりと非常に安定しない。

仮面ライダーギンガ with ウォズギンガファイナリー


その名の通り仮面ライダーギンガの力を持つ。

白ウォズ退場後に登場したため、初の黒ウォズ専用形態である。
そのためか、別ライダーの力を使う形態ながらフューチャーリングではない。
また、変身時のエフェクトは他の形態と異なり、太陽系をイメージしたものとなっている。

戦闘能力も格段に上昇しており、あの強力だったギンガの能力を使用している為か劇中では最終回を迎える間もあまり苦戦シーンは無く、戦歴も中々優秀である。

容姿

仮面ライダーウォズギンガ ファイナリー
センシティブな作品


姿は仮面ライダーギンガを模しており、背中にはマント「ギンガセイル」が装着されている。インジケーションアイの表示は「ギンガ」。
胸部にはエクスパンションパンドライナーとインストールショルダーが融合した「クロスアーマライナー」が装備され、ギンガの能力を再現している。頭部のクレストは「ギンガドライバー」のギンガスコープを模した物になっている。

スペック

身長202.8cm
体重107.2kg
パンチ力45.3t
キック力104.9t
ジャンプ力119.0m(ひと跳び)
走力0.8s/100m


能力

仮面ライダーギンガの能力を使用することができ、疑似惑星弾「エナジープラネット」を初めとした超能力や重力操作を駆使して闘う。

エネルギー精製装置「パワーピュアフィ」を備えているため、太陽光から「ピュアパワー」を取り出して全身へ供給することで、アナザーライダーを撃破することができる。

両肩に装備された重力子制御装置「グラビコンソーサー」の内部に封入されている超マイクロブラックホールにより重力子を制御し自身や他者などの任意の物体にかかる重力を自在に変化させる。
『小説仮面ライダージオウ』においてこの能力で浮遊し超高速移動能力を持つ敵と互角の速度で争い、最終的に自身の加速に使っていた重力を相手に仕掛け超重力で叩き落とした。(正確にはこの時タイヨウフォームだった)

時間や空間といった概念の根源とされる宇宙の力を有している事から、元々が宇宙から持ち込まれた力であるクロックアップにも対抗でき、さらには重加速を自力で無効化する事も可能としている。

なお、宇宙空間で活動出来、仮面ライダーギンガの能力を使える事から単体でも宇宙に向かう事は可能だが、速度は別の宇宙の力に及ばないのか、それとも加速に時間がかかるのか宇宙空間へ行く際には連れて行って貰っていた。

SDジオウその8+キバ補完


また、他のアーマータイムフューチャーリングと異なり、この形態の下に複数の派生形態を持ち、状況に応じて使い分けることが可能。この形態の特徴としては派生形態の能力をバランス良く兼ね備えたフォームである。

作中では素手での戦闘が殆どだったが、ガンバライジングではジカンデスピアのヤリモードも使用する。

仮面ライダーウォズギンガ タイヨウフォーム


太陽の力を操り高熱を放つことができる出力重視型の形態。

仮面ライダーウォズギンガ ワクセイフォーム


多種多様のエナジープラネットの動きを同時に操ることができる、技巧重視型の形態。

必殺技

必殺技発動時の音声は「ファイナリービヨンドザタイム!」。

  • 超ギンガエクスプロージョン

ギャラクシー!



ファイナリービヨンドザタイム!
超ギンガエクスプロージョン!!

「超銀河エクスプロージョン」とも記載される。
ギンガセイルで敵を異空間に引き込み、ピュアパワーを溜めこんだライダーキックを叩き込んでアナザーライダーを粉砕する。演出的にはこの作品に登場するライダー達の必殺技に近い。また、敵が大量に出現していた場合は隕石を大量に降り注がせる技として使用したこともある。
また、重力を操って敵の動きを封じるバージョンも存在し、ゲイツリバイブ剛烈の「のこ切斬」へと繋いでいる。
ガンバライジングでは膝蹴りで上空に吹き飛ばし、ドロップキックで宇宙まで飛ばす。
ゲイツ、マジェスティ」においてはツクヨミの必殺技・タイムジャックから引き継ぐ形で発動し、周りを囲む無数のカッシーン軍団を流星群の勢いで降り注がせた隕石で秒殺した。

ちなみにこの技、劇中では並大抵のライダーや敵怪人がこれを受けて変身解除や撃破、それに及ばずとも大ダメージを必ず与えているほどの凄まじい火力を誇っており、ギンガファイナリーの戦績安定の一柱となっているのが想像に難くない(上記のようにこんなのを数十発頭上から食らってカッシーンたちが瞬殺されたのも無理はない)。

ギンガミライドウォッチ

ウォズ ギンガファイナリー


燃える太陽、無数の惑星!
遥かな宇宙は俺の庭!仮面ライダーギンガ!

仮面ライダーギンガの撃破後、その力を宿したミライドウォッチ
スウォルツが手にしようとしていたが、その目論見を見抜いていたウォズが奪取した。

余談


  • サブライダーとはいえ最強フォームなのだが、初登場となるアナザーキバ戦は終盤に向けての伏線張りと前編の回収を同時に行った結果尺が全く足りず、初戦闘がかなり駆け足で終わった上に音声も口上も短縮、という実にあっさりしたデビュー戦となった。

  • ライダーやライドウォッチのデザインのモチーフになっているのは、腕時計の機構の一種「プラネタリウム」が元ネタだと思われる。ウォズギンガファイナリーが天体をモチーフにしている為、天体の運行を追尾するギミック機構を意識したのだろう。特にヴァン クリーフ&アーペル社の「コンピレーション・ポエティック・ミッドナイト・プラネタリウム」は、腕時計のプラネタリウムと言わんばかりなデザインをしている。

  • 玩具CMでは何故か白ウォズが変身している。

関連項目

仮面ライダーウォズ 仮面ライダーギンガ
強化フォーム 最強フォーム
チートライダー

ゼロノス アルタイルフォームメテオストームガンバライジングのトリニティスラッシュキャンペーンでチームを組んだライダー。共通点は「天体」。

平成ライダー
グリスブリザード/グリスパーフェクトキングダムウォズギンガファイナリー

令和ライダー
ジャスティスサーバル


ヘカーティア・ラピスラズリ東方Projectのキャラクター。天体を入れ替えて形態を変える戦法を使う。

関連記事

親記事

仮面ライダーウォズ かめんらいだーうぉず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ウォズギンガファイナリー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ウォズギンガファイナリー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 152973

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました