ピクシブ百科事典

仮面ライダーキバ

かめんらいだーきば

仮面ライダーキバとは、2008年から放送された、『平成仮面ライダーシリーズ』第9作目である。全48話。
目次[非表示]

ウェイクアップ! 運命(さだめ)の鎖を解き放て!!

概要

2008年1月27日から2009年1月18日までテレビ朝日系列で放映された平成ライダーシリーズ第9作目にして石ノ森章太郎生誕70周年記念作品
作品モチーフは「吸血鬼」で、随所に西洋(ゴシック)ホラー的な要素・演出が取り入られている(ただ対象年齢の子供達には流石に馴染みにくいと判断されているのか、仮面ライダー関連の特集番組ではコウモリがモチーフと紹介される事が多い)。

脚本は『仮面ライダーアギト』、『仮面ライダー555』、後半の『仮面ライダー響鬼』のメインライターを担当した井上敏樹

紅渡を主人公にした現在(2008年)と、そのである紅音也を主人公にした過去(1986年)のストーリーが独立して存在し、それぞれが並行して描かれている。
過去と現在の展開がオーバーラップしたり、現代で「結果」だけ提示された事象の経緯が過去で解説されたりと、一見関係のない親子二人の物語が密接に絡み合っている。
過去が現在に、そして、現在と過去が交じり合いながら影響を与えながらストーリーは展開していく。
また、これまでの仮面ライダーシリーズでは余り触れられることが無かったロマンス要素を重点に取り入れているのも本作の特徴。その為、ファンからは昼ドライダーと呼ばれることも。

物語

西暦2008年バイオリン工房を営む青年・紅渡は、亡き父が残したブラッディローズの艶を再現しようと街のあちこちでニスの材料を集めていた。
すると突然、ブラッディローズが音色を奏でた。これはファンガイアが人々を襲い始めたという知らせ。
渡は相棒・キバットバットⅢ世と共に仮面ライダーキバとして悪のファンガイアに立ち向かう。

そして22年前の西暦1986年、渡の父である紅音也もファンガイアから人々を守るために戦っていた…。

総合的な評価

はっきり言って、長きに渡り井上脚本ファン以外からの評価は非常に低いものであった。

上述した複雑なストーリー構成は若干の分かりにくさに加えて、「過去編のキャラが主導になっているのに掘り下げの少ない現在編のキャラが話を締める」とも見れるような作りになってしまっている。その他にも展開が遅いわりにあっさりと話が片付くエピソード、引っ張った割には説明不足で終わったり伏線が回収されないままとなったシーン、それ単体で見ると若干グロテスクな変身シーン、1986年っぽくない1986年など舞台背景・登場人物含めた死に設定…といった様々な混乱が見て取れ、児童にもマニアにもいまいちウケない結果となった。
戦闘シーンに関しても、独特なポージングや音楽の演出による魅力的なアクションが撮れているのだが、話が進むに連れて予算の都合上の演出の簡略化や、ライダー達の各形態、武装の扱いの格差がかなり露骨かつ不自然なものになってしまっている。
加えて、前年で多大な人気を得て本編終了後も展開が続いていき玩具も売れていた『仮面ライダー電王』、後年の平成ライダー10周年記念作『仮面ライダーディケイド』に挟まれたことによる印象の薄さ(加えて『電王』にあやかった設定、『ディケイド』におけるキバ編の人気が高かったこと)や、それらによる「『キバ』は不評」というイメージ・ある種の先入観も評価を厳しくする要因になっていたと思われる(一応両作品から入った新規ファンには直近の作品ということで概ね好評だったようだが)。
また、同時期の戦隊である『炎神戦隊ゴーオンジャー』は明るめの作風でわかりやすい勧善懲悪ものとして描かれているため、メインターゲットである児童層に受けやすく、そちらの方に人気が集中してしまったことも大きいと思われる。
制作サイドでもなかなかの難産であったようで、テコ入れの一部なのか、当初はハードかつシリアスなストーリーが描かれたものの中盤からはコミカルな要素も多く取り入れられたり、タイムスリップ編を導入したり、時間移動演出が無くなって終盤からは過去編にしぼった回と現在編にしぼった回が分けて作られるようになっていった。そしてその結末はかなり王道的なヒーローものに仕上がっている。
こうした事情ゆえか、夏の劇場版魔界城の王』は本編の空気を損なわない範囲で娯楽色を強めた内容になっており、駆け足気味ながらも説明不足にならないような工夫が随所に見られる。放送終了後に発表された小説版では登場人物とその描写、本編におけるテーマをネガティブではあるがコンパクトかつ充実したものにまとめている。両作品ともに本編の反省とも取れる。

しかし2018年頃から状況が変わり始める。
誕生から10周年のタイミングで平成ライダー20作目の記念作にして最終作『仮面ライダージオウ』が発表されたことにより、動画配信などによる視聴媒体が増え出した。そこに本作をリアルタイムで視聴していた年代層が大人になったという点や、井上氏が現状最後にメインライターを務めたライダー作品であり、『アギト』、『555』と比べるとライトで見易いという近年のファン層にとっての新鮮さから、「思い出の作品だった」「毎週見るより一気見の方が面白い」という評判とともに知名度が上がっていっている。
Youtube公式での1週間あたり2話配信によって話の内容が理解しやすくなったことや、『仮面ライダードライブ』でシリーズで初めて主人公とメインヒロインの恋愛が本編で描かれていたこと、平成二期ではライダーの人数だけでなく派生形態と強化形態、そしてアイテムが爆発的に増加しており、多少の活躍の片寄りは仕方がなくなっていたことも受け入れられやすい土壌作りになったと言えるだろう。
『ジオウ』のキバ編が歴代トップクラスの内容の濃さだったこと、さらに10周年記念も兼ねたS.H.Figuartsでの平成ライダー20作品記念の第3弾として、平成ライダー基本フォームの大トリとしてキバフォームのフィギュアが新造販売され、圧倒的なクオリティで話題を呼んだことも追い風となり、再評価が進んでいっている。

これらを懐古による評価と見る向きもあるが、上記にもあるように当時から井上のテイストをこれまでの平成ライダーとはまた違った形で味わえるストーリーを評価する声はある。王道のカッコよさとは違う芸術的なデザインのライダーと怪人や、どこか哀愁漂うファンタジーな世界観、ビターな余韻の残る演出、こだわり抜かれた音楽展開、迷いながらも信念のために戦う登場人物達による根強いファンも多い。

また、本作の2号ライダーにあたる仮面ライダーイクサ=名護啓介は、序盤で「有能だが本質は傲慢な偽善者」として描かれた後に、周囲の人々の触れ合いや、ライダーとしての挫折、人間としての挫折双方を味わったことで、表面的な性格はそのままに「頼れるコメディリーフ」へと徐々に変わっていったことで、井上キャラらしい灰汁の強さを持ちながらもネタキャラ兼正統派ヒーローとして幅広い人気を得ることが出来た。そしてこの変遷はかつて特に悪評が目立っていた中期に集中している。本作の構成・演出をただの迷走と切り捨てることも出来ないだろう(そしてそんな彼にちなんだグッズの一挙生産企画「イクサ祭り」が発表。本当に令和になってから本作の勢いが凄まじい)。

ファンの方はもちろん、「リアルタイムで見ていたけどあれはちょっと……」という方も、これを機に再度視聴してみてはいかがだろうか?当時とは違う魅力が見つかるかもしれない。

主な登場人物

現代編


過去編


共通


アームズモンスター


呼称表

が\に名護静香健吾次狼音也ゆり太牙深央真夜
名護さん恵さん静香ちゃん健吾さんガルル、次狼さん父さん?太牙君→兄さん深央さん母さん嶋さんマスター
名護渡君私/俺静香ちゃん健吾君/健吾??????嶋さんマスター
渡君名護君静香ちゃん健吾君??母さん?深央ちゃん?嶋さんマスター
静香名護さん恵さん?????深央さん???
健吾名護さん恵さん静香ちゃん????深央さん?嶋さんマスター
次狼????音也ゆり??クイーン嶋さんマスター
音也????次狼ゆり?深央ちゃん真夜嶋さんマスター
ゆり????次狼音也?深央ちゃん真夜嶋さんマスター
太牙渡君→渡イクサ????音也さん?僕/俺深央母さん嶋さん?
深央渡さん名護さん恵さん?健吾さん???太牙さん??マスター
真夜?????音也あなた太牙深央ちゃん??
渡君名護?健吾次狼音也ゆり太牙??マスター
渡君名護君恵ちゃん?健吾君次狼ちゃん音也君ゆりちゃん???嶋ちゃん

主題歌・挿入歌

音楽」をテーマとしているというだけあって、テーマソングの数は歴代屈指である。ただし、あまりにも多過ぎて未使用になった曲が多い。よく見ると主人公よりイクサや音也関連の曲が多かったりする点や、なんと敵幹部のテーマソングも全員分存在すると言う手の込みよう。
この項目では、バージョン違いは歌詞が大きく変わっているものを除き取り上げないものとする。

作詞:藤林聖子/作曲:鳴瀬シュウヘイ/編曲:鳴瀬シュウヘイ・Tourbillon/歌:Tourbillon
最終話ではEDとしても使用。

  • Destiny's_Play』(第8話〜第10話・第12話・第17話・第18話・第22話)
作詞:藤林聖子/作曲:NKMD/編曲:鳴瀬シュウヘイ/歌:TETRA-FANG
キバフォームテーマソング。イケメンズが歌唱したバージョンも使用された。

  • Individual-System』(第15・第16話・第20話・第21話)
作詞:藤林聖子/作曲・編曲:鳴瀬シュウヘイ/歌:TETRA-FANG
仮面ライダーイクサテーマソング。

  • Innocent_Trap』(第19話)
作詞:藤林聖子/作曲・編曲:鳴瀬シュウヘイ/歌:TETRA-FANG
バッシャーフォームテーマソング。

  • Shout_in_the_moonlight』(第23話)
作詞:藤林聖子/作曲・編曲:Ryo/歌:TETRA-FANG
ガルルフォームテーマソング。

  • Silent_Shout』(未使用楽曲)
作詞:藤林聖子/作曲・編曲:Ryo/歌:TETRA-FANG
ドッガフォームテーマソング。基本4フォームのテーマソングの内の一つなのだが、なんと一度も流されなかった。バッシャーフォームの曲でさえ1回は流れたのに!

  • Supernova』(第24〜第27話・第29話・第31話〜第33話・第37話〜第39話・第41話・第44話・最終話)
作詞:藤林聖子/作曲:NAOKI_MAEDA/編曲:鳴瀬シュウヘイ/歌:TETRA-FANG
エンペラーフォームテーマソング。歴代でも最も最強フォームの登場が早かった作品の為か、歴代最強フォームテーマソングの中で最も長期間使用された。

元ネタは、1986年に井上敏樹の特撮ヒーロー脚本デビュー作となった『超新星フラッシュマン』(超新星=Supernova)と思われる。

  • Supernova~Love Edit.~』(未使用楽曲)
作詞:藤林聖子/作曲:前田祥次/歌:武田航平
原曲は上記の「supernova」。音也の「恋愛」に対する美学が歌われている。

  • Fight_For_Justice』(第28話・第30話・第40話・第44話)
作詞:藤林聖子/作曲・編曲:鳴瀬シュウヘイ/歌:加藤慶祐
「Individual-System」のアレンジ曲にしてライジングイクサテーマ曲…なのだが、地名度は原曲よりも高い上に、サブライダー本人が歌っている為なのか、ゲーム作品でもこちらが使われる事が多い。

  • Roots_of_the_King』(第34話〜第36話)
作詞:藤林聖子/作曲・編曲:鳴瀬シュウヘイ/歌:TETRA-FANG
仮面ライダーサガテーマソング。

  • Exterminate_Time』(未使用楽曲)
作詞:藤林聖子/作曲・編曲:鳴瀬シュウヘイ/歌:TETRA-FANG
仮面ライダーダークキバテーマソング。

  • Feel_the_same』(未使用楽曲)
作詞:藤林聖子/作曲:鳴瀬シュウヘイ/歌:高橋優柳沢なな
麻生親子テーマ曲。

  • Keep_alive』(未使用楽曲)
作詞:藤林聖子/作曲:鳴瀬シュウヘイ/歌:松田賢二
次狼/ガルルテーマソング。アームズモンスターでテーマソングが用意されているのは彼だけである。

  • Don’t_lose_yourself』(未使用楽器)
作詞:藤林聖子/作曲:鳴瀬シュウヘイ/歌:加藤慶祐
名護啓介テーマソング。「Individual-System」のアレンジ曲。
ちなみに加藤氏はサブライダーでも珍しく、自分が演じたライダーの楽曲を2曲以上歌うと言う快挙を成し遂げている(本曲、「Fight_For_Justice」、「イクササイズ」で3曲)。

  • This_love_never_ends』(未使用楽曲)
作詞:藤林聖子/作曲:前田祥次/歌:武田航平
紅音也テーマソングその2。

  • Inherited-System』(未使用楽曲)
作詞:藤林聖子/作曲:前田祥次/歌:素晴らしき青空の会
素晴らしき青空の会テーマソング。

  • Lightning_to_Heaven』(未使用楽曲)
作詞:藤林聖子/作曲:綾野光紘/歌:TETRA-FANG
ルーク/ライオンファンガイアテーマソング。

  • Eternity_Blood』(未使用楽曲)
作詞:鳴瀬シュウヘイ/作曲:鳴瀬シュウヘイ/歌:TETRA-FANG
ビショップ/スワローテイルファンガイアテーマソング。

  • Rainy_Rose』(未使用楽曲)
作詞:藤林聖子/作曲:前田祥次/歌:TETRA-FANG
真夜/パールシェルファンガイアテーマソング。

  • Ixa-cise』(ハイパーバトルビデオ)
歌:加藤慶祐
言わずと知れた仮面ライダーイクサテーマソングその3。詳細は該当記事を参照。

  • キバって!にちようび』(未使用楽曲)
歌:杉田智和

  • キバって!おふろ』(未使用楽曲)
歌:杉田智和

  • キバって!げつようび』(未使用楽曲)
歌:杉田智和

余談

  • 放送当時はファミリーレストラン「ジョイフル」とタイアップしており、『仮面ライダーW』までコラボが続けられた(ちなみにジョイフルは同期のプリキュアである『YES!プリキュア5GOGO!』ともタイアップしていたりする)。


  • 実は劇中に登場する仮面ライダーはダークキバを除き全て漢字一文字で表せる名前が選ばれている。
    • キバ→牙、イクサ→戦、サガ→性、レイ→冷、アーク→悪、と言ったようになっている。

関連動画




関連タグ

特撮 仮面ライダー 平成ライダー 平成一期
キバ 吸血鬼 バンパイア バイオリン
ファンガイア
魔界城の王
753 193 名護さんは最高です! 妖怪ボタンむしり

ケータイ捜査官7レスキューフォース炎神戦隊ゴーオンジャー:本作とほぼ同時期に放映された特撮作品。

仮面ライダー555:同じく井上敏樹がメインライターを務めたライダー作品、主人公重大な秘密があり、後半でそれが明らかになる」「主役ライダーの色彩が酷似している」「2号ライダー変身者は歪んだ正義を掲げる人物にして井上キャラの代名詞的存在である」「3号ライダーは初期に造られた為、装備が少ない」「芳賀優里亜女氏がレギュラー出演している」「怪人で構成された企業が登場する」「ラスボス怪人の王である」「人間と怪人の共存がテーマ」「前作が小林靖子作品である」「次回作がカードを使用するライダー作品など共通点が多い。

天装戦隊ゴセイジャー:同じく記念作品の1つ前の作品で、記念作品のヒーローと敵対した者繋がり。ただし、こちらはキバとは違い「仲間を助ける」という理由があり最終的に和解している。ちなみに、その1つ前の作品小林靖子作品という点が共通している。また、前後作の人気もあり、放送当時は過小評価されていたが、後年になって再評価されている点も共通している。

ニチアサ同期
30分前炎神戦隊ゴーオンジャー
30分後Yes!プリキュア5GoGo!

仮面ライダー電王仮面ライダーキバ仮面ライダーディケイド

関連記事

親記事

平成一期 へいせいいっき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「仮面ライダーキバ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「仮面ライダーキバ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6279249

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました