ピクシブ百科事典

武部直美

たけべなおみ

武部直美とは、日本のテレビドラマプロデューサー。
目次[非表示]

人物

1967年生。
学生時代は部活脚本を書き、脚本家志望だった時期もあった。
既婚者で一児の。入社直後は商品化権営業部から一般のサスペンスドラマなどを担当。
産休復帰後に特撮に異動、『超光戦士シャンゼリオン』のサブプロデューサーから特撮デビュー。平成ライダーシリーズには、『仮面ライダーアギト』から参加。
サブ時代は主に白倉伸一郎がメインを担当した作品につき、事実上の彼の弟子格となっている。
仮面ライダーキバ』でメインプロデューサーに昇格。
加えて、クウガ響鬼フォーゼウィザードドライブを除いた全ての平成ライダーシリーズにプロデューサーとして参加している(メインプロデューサーとしての参加は下記の作品)。
近年では白倉や同じく特撮のベテランプロデューサーであった日笠淳が役員となってTV番組製作を離れ、世代の近い塚田英明もニチアサから離れた仕事が多くなったため、宇都宮孝明大森敬仁と3人でスーパーヒーロータイムローテーション担当している。

良くも悪くも師の白倉の影響が強い面があり、作品内容については実験的な面も多く、賛否両論を呼ぶことが多い。
当初は小林靖子井上敏樹といったベテランライターと組んでいたが、4作目の『仮面ライダー鎧武』では新しい風を入れることを重視し実写未経験の虚淵玄ニトロプラス系ライターを起用。
また、渡部秀佐野岳など、アクションにも長けた俳優の発掘眼が評価されている。

自らが産休を取っていたときの環境や経験からヒントを得る形で、成人視聴者を対象とした役者のトークショーなども企画し、「イケメンライダー」ブームの仕掛人の一人でもある。
予算管理には比較的定評があり、ラスト近くに派手なバトルシーンを配置できるだけの予算をしっかり残している。
彼女の関わった作品は後述の通り、あまり子供向けには見えない作風が目立つ。
それが「大人の観賞に耐える」と中学生以上の視聴者の支持を受ける場合がある一方、「特撮はあくまで子供のためのものでなくてはならない」とする層から反発を受けることも多い。

作風

上述のように、子供向けには思えない暗い要素(不倫三角関係不良同士の争いなど)を取りこんだシリアスなストーリーを展開する。
ストーリー展開には、師匠筋の白倉の影響が見られるといわれている。
また、男性が出てくる場面が多い。『仮面ライダー剣』、『仮面ライダーキバ』や『仮面ライダー鎧武』でも、該当シーンがいくつか見られる(例:入浴貴虎シャワーシーンなど)。

そして、こういった所謂大人向けの要素がメイン視聴者の子供たちに受けづらいのか、残念ながら『仮面ライダーキバ』、『特命戦隊ゴーバスターズ』、『仮面ライダー鎧武』においては、それぞれシリーズ最低視聴率を更新してしまった(ただし前二者に関しては、2014年現在後作が最低視聴率を更新している)。
彼女のメインP担当作品で、双方とも好調だったのは『OOO』のみである・・・と言われていたが、手裏剣戦隊ニンニンジャーはそこそこ子供向けも良い模様。また、「キバが好きだった」と語る(当時子供だった)視聴者も存在している。

キバでのシーン取捨選択

『キバ』ではストーリーにおける重要なシーンがTV放送時にはカットされていたことがDVD発売時に発覚。無論、様々な事情があってカットせざるを得なかったのだろうが、ファンからは「このシーンをなぜ入れなかった」との声が多い。
劇場版キバで、本作の脚本を担当した井上敏樹も、「ここは削らないように」と注釈を記した部分が劇場公開版ではことごとくカットされていたとコメントしている。
(※それらのシーンに関しては、現在ディレクターズカット版としてDVDで鑑賞可能)
反面、唐突なギャグシーンや上記のサービスシーンなどストーリーとは無関係なシーンが多い。


主なメインプロデュース作品

仮面ライダーキバ
仮面ライダーオーズ
特命戦隊ゴーバスターズ
仮面ライダー鎧武
手裏剣戦隊ニンニンジャー

また、上記のとおり、クウガ・響鬼・ダブル・フォーゼ・ウィザード以外の平成ライダーシリーズにもサブプロデューサーとして関わっている。

pixivに投稿された作品 pixivで「武部直美」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2353

コメント