ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
日本の脚本家、小説家、ゲームクリエイター。

人物

1972年生、東京都出身。

ファンからの愛称はぶっちー、虚淵など。

父母は俳優の和田周瀬畑奈津子、祖父は小説家の大坪砂男、曽祖父は官営八幡製鉄所>新日鉄住金長官を務めた和田維四郎。


和光大学を卒業するとニトロプラスに入社し、初期からシナリオ執筆や監修などでニトロプラスの屋台骨を支えており、現在は同社の取締役も務めている。

2008年の『ブラスレイター』にて初のアニメ作品のシリーズ構成と脚本に携わり、その後2011年に手がけた『魔法少女まどか☆マギカ』では魔法少女という題材でありながらその衝撃的な展開の数々で大きな話題を呼び、一躍人気脚本家としての地位を確立するに至る。

2013年には『仮面ライダー鎧武』にて初の実写作品の脚本執筆を行い、これを完走している。

また、2016年には台湾の「布袋劇」と呼ばれる伝統人形劇に興味を持ったとして、自身も日本向けの布袋劇作品『東離劍遊紀』の原案および脚本を行い、そして同国の人形劇団にその劇を演じてもらっている。

さらに同年にはアニメ映画として制作されることになったゴジラシリーズ最新作の『GODZILLA』の脚本も担当していることが明らかになった。


『まどか☆マギカ』以降は脚本家としてアニメ作品を手がけることが多いが、人気ゆえの多忙さから作品への参加は脚本監修やストーリー原案程度に留める場合も多い。

エロゲ業界に愛着は持っているが、仮面ライダーに関わって以降はふたたびエロゲーに関わってもちびっ子のために別名義使用の可能性をほのめかしている


親交のある作家たちの証言によると筆の速さは凄まじいものがあるらしく、一時期は仕事を三つも四つも同時に抱えてようやく常人並のスピードになったという。


作風

シナリオライターとしての虚淵玄を語る上で切り捨てられないのが「陰鬱なストーリー展開」であり、特に各人が最善を尽くした結果ドツボにはまるような展開や「肉体の死と引き換えの魂の安息」などを多く手がけている。

その陰鬱な展開が多いせいで、「ニトロプラスの純愛はあてにならない」といわれる(沙耶の唄など)。だいたいこいつのせい

一時期は自身の作風の傾向に悩み、筆を折るか否かの瀬戸際に立たされることもあった(本人いわく「本当はハッピーエンドにしたいのに、物語を突き詰めるとバッドエンドになってしまう」とのこと)が、『Fate/staynight』の前日談である『Fate/Zero』を執筆したことで立ち直っている(『staynight』で大団円が約束されているから遠慮なくバッドエンドが描けるという理由で、開き直ったともいう)。

また、上述のとおり陰惨な展開を多く書いていたためか「虚淵脚本は鬱展開ばかり」という評価が独り歩きしている向きもあるものの、彼の描く陰鬱な展開はラストシーンの「なんでもない日常の素晴らしさ」を引き立たせるために描いていることが多く、『翠星のガルガンティア』や『楽園追放』ではライトな作風も披露しており、また『仮面ライダー鎧武』では勧善懲悪要素を押し出すなど、決して一芸に偏ったライターであるというわけではない。

この評価もあってか『楽園追放』の試写会では「ようやくこの台詞が言えます、『俺だって人が幸せになる作品書くんだよ!』」とコメントしたこともあった。


なお、陰鬱なストーリー展開において重要な要素である「登場人物の死」に関しては、レギュラーキャラクターであっても容赦なく殺すことができることでも知られているが、これは24歳に発症した感染症の療養期間が「社会的に殺されたも同然」であったことから、自分の死に対して想像力をふくらませることができるようになった結果であると語っている。キャラクターを考える上で最初に考えるのが「その人物の人生の結論=死ぬ場面」であることがどうしても多いらしく、物語で輝かせようとすると必然的に死ぬことが多いのだとか。

こうした特徴から、英語圏では虚淵作品のキャラが無惨に死ぬことについて「butchered(虐殺される)」に掛けて作られた新語「urobutchered(虚淵される)」が通用するようになっている。

また、この際の経緯から機械の身体に憧れを抱いており、その考えを発展させてSF作品などでは「既存の肉体を捨てた新しい身体」や「人類の進化」をテーマとすることが多く、加えて「管理社会の肯定と否定」を物語の根幹に置くことでも知られている。


加えて、アダルトゲームのシナリオライターであるにもかかわらず、恋愛や性的描写よりも濃密な重火器戦やカーチェイスなどを重視した展開を好むことで知られており、アダルトゲーム業界におけるニトロプラスの異色さを際立てることに一役買っている。


一方で、ノベルゲーム出身ゆえか登場人物の台詞回しが難解かつ冗長(よく言えば『詩的』か)といわれることも多く、『ブラスレイター』では当初、自身がすべて脚本を担当するつもりが板野一郎監督の意向(後述)によりメインライターを別人に任せることになったという逸話があり、また、『仮面ライダー鎧武』では実写作品ゆえかその傾向がより鼻につくと視聴者から指摘されたことも多かった。


交友関係

同じくニトロプラスに在籍する鋼屋ジンは虚淵のスカウトによって現在の地位におり、『鎧武』ではサブライターという形で虚淵を支えた。


ブラックラグーン』の作者広江礼威とは、同作の小説版執筆後に開かれた会談でており、「野郎は貧弱」「女性の方が男なんかより強い」などの意見を交わし、意気投合している。

トライガン』とその作者である内藤泰弘には非常に感銘を受けており、映画化の際パンフレットにはTYPE-MOON奈須きのこ武内崇の二名とともに、暑苦しい応援コメント(武内氏は絵)を残している。


小説家の伊藤計劃とも、後述するボードゲームアナログゲーム)で交友があった。


趣味・趣向

映画愛好家として知られ、特にマカロニウェスタンやB級アクション映画を好む傾向が強い。

また、ダークな世界観やディストピア要素を含んだ作品を好むことでも知られ、映画『リベリオン』の鑑賞後はその作風が虚淵の好みを備えていたことから「このままでは俺の次回作は『リベリオン』のコピーになってしまう(本人談)」という危機感を抱き、それを回避するために二次創作ゲームの制作を行うに至っているエピソードがある。


ボードゲームも趣味のひとつとしており、『バルバロッサ』(プレイヤーは粘土で「ある物」をこさえ、ほかのプレイヤーに当てさせる。正解がなかった場合、チェスの要領で自軍の駒を進めることができるというドイツ製ゲーム)で謎の物体を作ったところ、誰も正解者が出ず、ほかのプレイヤーから総ツッコミを受けたという伝説を持つ。


虚淵と仮面ライダー

虚淵自身、仮面ライダー鎧武の脚本を担当する以前からのライダーファンとしても知られ、『仮面ライダーBLACK』から本格的に興味を抱き、現在に至ると語る。

それゆえにバイクを用いるヒーローダークヒーロー)が活躍する『吸血殲鬼ヴェドゴニア』や『ブラスレイター』、本来であれば正義の味方となる存在がバトルロイヤルを展開する『Fate/Zero』や『魔法少女まどか☆マギカ』などにその影響が強く見受けられる(ブラスレイターは監督である板野一郎の意向が強く働いた結果バイクを題材としており、『Fate/Zero』は原作の『Fate/staynight』からバトルロイヤルとして作られている。なお、『まどか☆マギカ』の登場人物・佐倉杏子は虚淵自身が浅倉威を意識していると語っている)。

『鎧武』への参加は同作の担当プロデューサーである武部直美が、共通の知人である杉田智和に仲介を頼んだことによって実現したものであり、武部は同作によって「特撮に新しい風を吹き込みたい」と考えており、『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』を見て「彼はアニメの世界でそれを実行している」と思い、その姿勢を受けオファーをしたという。

ちなみに、『仮面ライダーフォーゼ』放送以前に虚淵が脚本に携わるという噂が流れたが、それが2年後に実現することになるという奇妙なエピソードも存在している。


執筆作品

ゲーム

漫画原作

アニメ

小説

特撮

人形劇

同人

作詞


関連イラスト


関連項目

ニトロプラス

ハートフルボッコ 血だまりスケッチ

中央東口 - 元・ニトロ所属のイラストレーター。ニトロ作品でタッグを組む事が多かった。

鋼屋ジン - 同じくニトロ所属のシナリオライター。虚淵氏の招きによりニトロプラス入社。『仮面ライダー鎧武』にて脚本を虚淵とともに執筆。

板野一郎 - アニメ業界へと引きずり込んだ恩師。この人がいなければ『まどか☆マギカ』は生まれていなかった可能性がある。なお、氏いわく当時の虚淵脚本は「ゲーム的」とのこと。

小林靖子 - ムック本にて『ブラスレイター』の脚本執筆時に「男はともかく、女(ヒロイン)が立ってないよ」と板野一郎ともども指摘されたことがある。何の因果か、2014年のスーパーヒーロータイムにてふたたび共作(靖子が『鎧武』の脚本を書くわけではない)。

黒田洋介 - アニメ『Phantom~Requiem for the Phantom~』製作において脚本を書く手法を教わったとのこと。特に3話での急展開など。

ガンダムシリーズ - のちのち書いてみたいという。それなんてZV

- エロゲ、ひいては物書きに関わるきっかけになった作品。

SF - 大好物。

魔法少女特殊戦あすか - 第1巻の帯に推薦文を寄せている。


外部リンク

人物

1972年生、東京都出身。

ファンからの愛称はぶっちー、虚淵など。

父母は俳優の和田周瀬畑奈津子、祖父は小説家の大坪砂男、曽祖父は官営八幡製鉄所>新日鉄住金長官を務めた和田維四郎。


和光大学を卒業するとニトロプラスに入社し、初期からシナリオ執筆や監修などでニトロプラスの屋台骨を支えており、現在は同社の取締役も務めている。

2008年の『ブラスレイター』にて初のアニメ作品のシリーズ構成と脚本に携わり、その後2011年に手がけた『魔法少女まどか☆マギカ』では魔法少女という題材でありながらその衝撃的な展開の数々で大きな話題を呼び、一躍人気脚本家としての地位を確立するに至る。

2013年には『仮面ライダー鎧武』にて初の実写作品の脚本執筆を行い、これを完走している。

また、2016年には台湾の「布袋劇」と呼ばれる伝統人形劇に興味を持ったとして、自身も日本向けの布袋劇作品『東離劍遊紀』の原案および脚本を行い、そして同国の人形劇団にその劇を演じてもらっている。

さらに同年にはアニメ映画として制作されることになったゴジラシリーズ最新作の『GODZILLA』の脚本も担当していることが明らかになった。


『まどか☆マギカ』以降は脚本家としてアニメ作品を手がけることが多いが、人気ゆえの多忙さから作品への参加は脚本監修やストーリー原案程度に留める場合も多い。

エロゲ業界に愛着は持っているが、仮面ライダーに関わって以降はふたたびエロゲーに関わってもちびっ子のために別名義使用の可能性をほのめかしている


親交のある作家たちの証言によると筆の速さは凄まじいものがあるらしく、一時期は仕事を三つも四つも同時に抱えてようやく常人並のスピードになったという。


作風

シナリオライターとしての虚淵玄を語る上で切り捨てられないのが「陰鬱なストーリー展開」であり、特に各人が最善を尽くした結果ドツボにはまるような展開や「肉体の死と引き換えの魂の安息」などを多く手がけている。

その陰鬱な展開が多いせいで、「ニトロプラスの純愛はあてにならない」といわれる(沙耶の唄など)。だいたいこいつのせい

一時期は自身の作風の傾向に悩み、筆を折るか否かの瀬戸際に立たされることもあった(本人いわく「本当はハッピーエンドにしたいのに、物語を突き詰めるとバッドエンドになってしまう」とのこと)が、『Fate/staynight』の前日談である『Fate/Zero』を執筆したことで立ち直っている(『staynight』で大団円が約束されているから遠慮なくバッドエンドが描けるという理由で、開き直ったともいう)。

また、上述のとおり陰惨な展開を多く書いていたためか「虚淵脚本は鬱展開ばかり」という評価が独り歩きしている向きもあるものの、彼の描く陰鬱な展開はラストシーンの「なんでもない日常の素晴らしさ」を引き立たせるために描いていることが多く、『翠星のガルガンティア』や『楽園追放』ではライトな作風も披露しており、また『仮面ライダー鎧武』では勧善懲悪要素を押し出すなど、決して一芸に偏ったライターであるというわけではない。

この評価もあってか『楽園追放』の試写会では「ようやくこの台詞が言えます、『俺だって人が幸せになる作品書くんだよ!』」とコメントしたこともあった。


なお、陰鬱なストーリー展開において重要な要素である「登場人物の死」に関しては、レギュラーキャラクターであっても容赦なく殺すことができることでも知られているが、これは24歳に発症した感染症の療養期間が「社会的に殺されたも同然」であったことから、自分の死に対して想像力をふくらませることができるようになった結果であると語っている。キャラクターを考える上で最初に考えるのが「その人物の人生の結論=死ぬ場面」であることがどうしても多いらしく、物語で輝かせようとすると必然的に死ぬことが多いのだとか。

こうした特徴から、英語圏では虚淵作品のキャラが無惨に死ぬことについて「butchered(虐殺される)」に掛けて作られた新語「urobutchered(虚淵される)」が通用するようになっている。

また、この際の経緯から機械の身体に憧れを抱いており、その考えを発展させてSF作品などでは「既存の肉体を捨てた新しい身体」や「人類の進化」をテーマとすることが多く、加えて「管理社会の肯定と否定」を物語の根幹に置くことでも知られている。


加えて、アダルトゲームのシナリオライターであるにもかかわらず、恋愛や性的描写よりも濃密な重火器戦やカーチェイスなどを重視した展開を好むことで知られており、アダルトゲーム業界におけるニトロプラスの異色さを際立てることに一役買っている。


一方で、ノベルゲーム出身ゆえか登場人物の台詞回しが難解かつ冗長(よく言えば『詩的』か)といわれることも多く、『ブラスレイター』では当初、自身がすべて脚本を担当するつもりが板野一郎監督の意向(後述)によりメインライターを別人に任せることになったという逸話があり、また、『仮面ライダー鎧武』では実写作品ゆえかその傾向がより鼻につくと視聴者から指摘されたことも多かった。


交友関係

同じくニトロプラスに在籍する鋼屋ジンは虚淵のスカウトによって現在の地位におり、『鎧武』ではサブライターという形で虚淵を支えた。


ブラックラグーン』の作者広江礼威とは、同作の小説版執筆後に開かれた会談でており、「野郎は貧弱」「女性の方が男なんかより強い」などの意見を交わし、意気投合している。

トライガン』とその作者である内藤泰弘には非常に感銘を受けており、映画化の際パンフレットにはTYPE-MOON奈須きのこ武内崇の二名とともに、暑苦しい応援コメント(武内氏は絵)を残している。


小説家の伊藤計劃とも、後述するボードゲームアナログゲーム)で交友があった。


趣味・趣向

映画愛好家として知られ、特にマカロニウェスタンやB級アクション映画を好む傾向が強い。

また、ダークな世界観やディストピア要素を含んだ作品を好むことでも知られ、映画『リベリオン』の鑑賞後はその作風が虚淵の好みを備えていたことから「このままでは俺の次回作は『リベリオン』のコピーになってしまう(本人談)」という危機感を抱き、それを回避するために二次創作ゲームの制作を行うに至っているエピソードがある。


ボードゲームも趣味のひとつとしており、『バルバロッサ』(プレイヤーは粘土で「ある物」をこさえ、ほかのプレイヤーに当てさせる。正解がなかった場合、チェスの要領で自軍の駒を進めることができるというドイツ製ゲーム)で謎の物体を作ったところ、誰も正解者が出ず、ほかのプレイヤーから総ツッコミを受けたという伝説を持つ。


虚淵と仮面ライダー

虚淵自身、仮面ライダー鎧武の脚本を担当する以前からのライダーファンとしても知られ、『仮面ライダーBLACK』から本格的に興味を抱き、現在に至ると語る。

それゆえにバイクを用いるヒーローダークヒーロー)が活躍する『吸血殲鬼ヴェドゴニア』や『ブラスレイター』、本来であれば正義の味方となる存在がバトルロイヤルを展開する『Fate/Zero』や『魔法少女まどか☆マギカ』などにその影響が強く見受けられる(ブラスレイターは監督である板野一郎の意向が強く働いた結果バイクを題材としており、『Fate/Zero』は原作の『Fate/staynight』からバトルロイヤルとして作られている。なお、『まどか☆マギカ』の登場人物・佐倉杏子は虚淵自身が浅倉威を意識していると語っている)。

『鎧武』への参加は同作の担当プロデューサーである武部直美が、共通の知人である杉田智和に仲介を頼んだことによって実現したものであり、武部は同作によって「特撮に新しい風を吹き込みたい」と考えており、『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』を見て「彼はアニメの世界でそれを実行している」と思い、その姿勢を受けオファーをしたという。

ちなみに、『仮面ライダーフォーゼ』放送以前に虚淵が脚本に携わるという噂が流れたが、それが2年後に実現することになるという奇妙なエピソードも存在している。


執筆作品

ゲーム

アニメ

小説

特撮

人形劇

同人

作詞


関連イラスト


関連項目

ニトロプラス

ハートフルボッコ 血だまりスケッチ

中央東口 - 元・ニトロ所属のイラストレーター。ニトロ作品でタッグを組む事が多かった。

鋼屋ジン - 同じくニトロ所属のシナリオライター。虚淵氏の招きによりニトロプラス入社。『仮面ライダー鎧武』にて脚本を虚淵とともに執筆。

板野一郎 - アニメ業界へと引きずり込んだ恩師。この人がいなければ『まどか☆マギカ』は生まれていなかった可能性がある。なお、氏いわく当時の虚淵脚本は「ゲーム的」とのこと。

小林靖子 - ムック本にて『ブラスレイター』の脚本執筆時に「男はともかく、女(ヒロイン)が立ってないよ」と板野一郎ともども指摘されたことがある。何の因果か、2014年のスーパーヒーロータイムにてふたたび共作(靖子が『鎧武』の脚本を書くわけではない)。

黒田洋介 - アニメ『Phantom~Requiem for the Phantom~』製作において脚本を書く手法を教わったとのこと。特に3話での急展開など。

ガンダムシリーズ - のちのち書いてみたいという。それなんてZV

- エロゲ、ひいては物書きに関わるきっかけになった作品。

SF - 大好物。

魔法少女特殊戦あすか - 第1巻の帯に推薦文を寄せている。


コメント

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • サンファン雑談

    サンファン雑談① 1期 3巻のオーディオコメンタリーが良かった件

     Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 1のDVD/BDのオーディオコメンタリーの内容メモです。当然ながら、腐要素は一切ありません(笑)。  ここでは、3巻(7話・8話・9話)のオーディオコメンタリーを取り上げます。殺無生CVの檜山さんが良い質問をいろいろされていたのと、殺無生の最期である9話のシーンについて、虚淵さんが熱く語っています。  出演は、脚本・総監督 虚淵玄さん、蔑天亥CV 関智一さん、殺無生CV 檜山修之さんです。なお、コメントを文字起こしすると、内容が煩雑になるので、要約しています。所々に( )で、私の心の声が入ってます。 (表紙のイメージ:白い羽が凜雪鴉、傘は殤不患のイメージです)
  • サンファン雑談

    サンファン雑談④ 2期のオーディオコメンタリーのメモ

    Thunderbolt Fantasy 東離劍遊記 2期のオーディオコメンタリーで、印象に残った場面を書き起こし、要約してみました。 1巻(2話):虚淵玄さん・鳥海浩輔さん 2巻(6話):虚淵玄さん・諏訪部順一さん 3巻(8話):虚淵玄さん・西川貴教さん 4巻(13話):虚淵玄さん・石田彰さん 声優の皆さん(西川さん含む)が、それぞれの立場から話をされています。虚淵さんは、話のキャッチボールがすごく上手く、相手に合わせて話を深めていっている感じです。 (表紙のイメージ:羽は凜雪鴉、傘は殤不患、琵琶は浪巫謡、です)
    14,535文字pixiv小説作品
  • 春分のヒビウタ...

    荒木哲郎監督×虚淵玄脚本最新作のアニメ映画「バブル」の主人公ヒビキとヒロインウタの妄想二次創作です。この二人も予告で人工呼吸キスしたりでいい感じですし、ホント配信&公開されるのが待ち遠しくてたまりません。 虚淵玄先生脚本なので、作品の内容次第ではマミさんを救い隊の様な感じの二次創作が流行る可能性もあるでしょうか...? 4月30日追伸 思っていた以上に本編との齟齬が大きな内容でしたね...orz それはそうとして映画は最高でしたし、ヒビウタももうそれはそれは尊くて...😭今後二次創作を邁進していこうと思います!
  • さよならウロブチ先生【1】

    まどマギキャラとFate/Zeroキャラ、さらにゲストとして『沙耶の唄』の沙耶をお呼びしてみんなで焼き肉屋でグダグダの打ち上げ会を行います。ながれ氏のイラストのマミ槍がたいへんかわいらしかったので思わず書いてしまいました。後悔は特にありません!!/ この後も各キャラ同士の絡みを書いていきたいですが、杏子ちゃんの相方が決まらない…… 誰がいいですかね……
  • ヒュムノス語訳or作詞

    METHOD_DEUS=MACHINA=DEMONBANE/.

    機神咆吼ッ!デモンベイン!のヒュムノス語訳詞です。良いタイミングであげぱんがもたらされたため何か書こうと思ったら途中のフレーズがぱっと浮かんだので聴きまくりながら書きました。欲を言えばもっと暑苦しくしたいです。
  • まどか☆マギカ

    魔法少女まどか☆マギカ縁典~執着地点~

    第三弾。まどかマギカネタバレ注意。 第九話まで見た人推奨。 魔法少女と魔女の関係性が明確になった折に思いついた話になります。 マミッたお菓子の魔女シャルロッテの妄想話。 ※特に何も考えずに作ったのでいろいろ設定ミスしちゃってる可能性あり。つーか、今回は完全に別キャラになってしまった…
  • まどか☆マギカ

    魔法少女まどか☆マギカ外典~血造園~

    まどかマギカネタバレ注意。 第九話まで見た人推奨。 魔法少女と魔女の関係性が明確になった折に思いついた話になります。 なんと、主要人物はほとんど出てきません!!! 最初に出てきた『薔薇園の魔女』の妄想話。 ※特に何も考えずに作ったのでいろいろ設定ミスしちゃってる可能性あり
  • 魔法少女ほむら☆マギカ

    魔法少女ほむら☆マギカ~第8話 あたしって、ほんとバカ

     いくつもの戦いがあった。多くの仲間が傷ついた。幾万の罪なき人々が命を散らした。それでも、なお、守るべき正義とは、貫くべき大義とはなんだろうか。そもそも、そんなものはあるのだろうか。  それでも、暁美ほむらは戦う、自分の信じるもののために。  テレビ局内に突入したほむらは、ハチべえとついに対峙していた。
    18,124文字pixiv小説作品
  • Fate/Zeroシリーズ

    結界戦線~Fate零~後編

    Fate/Zero×空の境界の妄想前日譚SS後編です。 (※このSSにはFATE/ZEROならびに空の境界のネタバレが複数仕込まれておりますので、ぜひぜひオリジナルの方をお読みくださいませ) 近日中にHPに複数の挿絵付でもアップする予定ですのでそちらもぜひご覧ください
    23,140文字pixiv小説作品
  • サンファン雑談

    サンファン雑談② 1期 12・13話のオーディオコメンタリーが面白い件

     Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 1のDVD/BDのオーディオコメンタリーの内容メモです。当然ながら、腐要素は一切ありません(笑)。  ここでは、4巻の12話・13話のオーディオコメンタリーを取り上げます。理由は、ノリが良くて面白かったのと(笑)、2作目に続く内容なので。  出演は、脚本・総監督 虚淵玄さん、凜雪鴉CV 鳥海浩輔さん、殤不患CV 諏訪部順一さんです。なお、コメントを文字起こしすると、内容が煩雑になるので、要約しています。  後に、玄鬼宗幹部の必殺技について追記しました。 (表紙のイメージ:白い羽が凜雪鴉、傘は殤不患のイメージです)
  • 今日もどこかで

    アニメ本編でまどかが魔女を消す概念となった直後のほむらのお話です。アニメではさらっと流してしまった部分ですが、まどかを喪った直後にほむらが何を思いどう立ち直っていったかを想像して書きました。 ・・・と言っても2011年11月末の魔まマオンリーでコピー誌刊行したものですが。 何故今頃になってピクシブへUPしたかというと・・・まどか新編にいくらか当る要素があるんじゃないかなと予想して、どれくらい当るかを賭けてみたくなりました。自分ではお気に入りのに短編です。よろしくお楽しみください。
  • まどか☆マギカ

    魔法少女まどか☆マギカ枠典~盲しいた夢~

    調子に乗って第二弾。まどかマギカネタバレ注意。 第九話まで見た人推奨。 魔法少女と魔女の関係性が明確になった折に思いついた話になります。 なんと、主要人物はほとんど出てきません!!! 姿も出て来なかった『暗闇の魔女』の妄想話。 ※特に何も考えずに作ったのでいろいろ設定ミスしちゃってる可能性あり。つーか、魔女が魔女を産むって設定忘れてたわー。俺が一番忘れてたわー
  • Fate/Zeroシリーズ

    結界戦線~Fate/Zero前日譚~プレビュー版

    Fate/Zero×空の境界の妄想前日譚SSです。 (※このSSにはFATE/ZEROならびに空の境界のネタバレが複数仕込まれておりますので、ぜひオリジナルの方をお読みくださいませ) ちなみに、内容は、切嗣VS荒耶で、ございます。 プレビュー版なので途中まで載ってます。 カーニバルファンタズムのようなホンワカハッピーお笑いお気楽SSではありませんので、ご容赦ください。 なお、こちらは今度の2011年の12月31日のコミックマーケットに参加するサークル辻斬亭のFate/Zero本にプレビュー版から完結部分まで含めて、挿絵も載った完全版という形でに掲載予定です。 では、よろしくお願いします

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    餅田むぅ

    読む
  2. 2

    河尻みつる

    読む
  3. 3

    アニキネコ

    読む

pixivision

カテゴリー